HOUYHNHNM

FEATURE|adidas Runners of Tokyo アディダスのランニングコミュニティが東京にやってきた!

アディダスのランニングコミュニティが東京にやってきた!

adidas Runners of Tokyo

アディダスのランニングコミュニティが東京にやってきた!

ドイツのベルリンやイギリスのロンドンをはじめ、世界15都市で展開されている〈アディダス〉のランニングコミュニティ「adidas Runners」が2016年9月17日より「adidas Runners of Tokyo」として日本でもスタートしました。そこにはどのようなランナーが集まり、どのようなトレーニングメニューが用意されているのか? そして、参加するランナーにとってどのような魅力があるのか? このコミュニティの幕開けとなるローンチイベントに、フイナム ランニング クラブ♡のメンバーがお邪魔してきました!

  • Photo_Yoshiteru Aimono
  • Text_Issey Enomoto
  • Edit_Hiroshi Yamamoto
  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE

ローンチイベントの会場は、東京湾岸の巨大な倉庫。

 

東京のベイエリアの某所にある巨大な倉庫で行われた、「adidas Runners of Tokyo」のローンチイベント。フイナム ランニング クラブ♡の参加メンバーは会場に到着後、とりあえず「adidas Runners of Tokyo」のロゴをバックに、お揃いのTシャツを着て記念写真をパチリ。「adidas Runners of Tokyo」のロゴ、なかなかイケてます。

左から、フイナム ランニング クラブ♡部長の榎本(ライター)、部員のマユ(会社員)、部員のリサリサ(会社員)、副部長の山本(フイナム副編集長)。

 

それにしても、ランニングのイベントなのに、なんで倉庫が会場なんだろう? と不思議に思いつつ、中へと進むと、そこには……

 

薄暗い照明のなか、大勢のランナーが!

 

もちろん足元はみんな〈アディダス〉のランニングシューズ。

ちなみに、フイナム ランニング クラブ♡のメンバーは「ランニングのイベントがあるから来てね♡」と言われて来ただけで、詳しい内容については聞かされていません。ここでいったい何が行われるんだろう? まあ、ランニングのイベントであるからには、走るは走るんだろうけれど……。

 

ひとまずフイナム ランニング クラブ♡のメンバーもランナー集団の後ろにつき、イベントのスタートを待ちます。


メインイベントの審査員は、なんとあのオリンピック選手!

 

しばらくすると大音量のBGMにあわせて司会者が壇上にあがり、イベントの開会を宣言。今回のイベントの概要が発表されました。

 

司会者の説明によると、まずはみんなで「ワークアウト」と「ウォームアップラン」をした後、この倉庫内で「チーム対抗ランニングバトル」なるものが開催されるらしい。それも単にスピードを競うものではなく、ところどころで飛んだり跳ねたり、重いボールを上げたり下げたりする、障害物競走的なものとのこと。ふむふむ、5kmとか10kmとか走る持久系ではなく、瞬発力が求められる感じですかね。

そして、チーム対抗ランニングバトルの優勝チームにはアディダスの最新ランニングシューズがプレゼントされるほか、レース中にもっとも印象に残る活躍をしたランナーはボストンマラソン2017に無料で招待してくれるとのこと。なぬっ、ボストンマラソンだと!? フイナム ランニング クラブ♡のメンバーはそれを聞いて俄然テンションが高まります。ボストンマラソンといえば、世界中のランナーがいつかは出てみたいと憧れる大会のひとつ。優勝はともかく、「もっとも印象に残る活躍をしたランナー」に選ばれたい! そしてボストンマラソンに行きた〜い♡

「レース中にもっとも印象に残る活躍をしたランナー」を選ぶのはこの方。

 

日本女子マラソンのトップランナーであり、今年のリオデジャネイロオリンピックにも出場した福士加代子選手! チーム対抗ランニングバトルでは彼女に向けて頑張りをアピールしないといけませんね。


キ、キツい!! ベルリンからやってきた鬼コーチによる過酷なワークアウト。

 

というわけで、まずは最初のメニューである「ワークアウト」からスタート。壇上でレクチャーする「adidas Runners of Berlin」のランニングコーチとキャプテンの動きにあわせて、その場でモモ上げをしたり、スクワットをしたりと、サーキットトレーニング的なことをしたわけですが……

 

これが想像以上にキツイ! そして思いのほか時間が長い(笑)。ひと通りのメニューをこなし、これで終わりかと思いきや、「はい、次!」という掛け声とともにまた次のメニューが……。結局ワークアウトは20〜30分以上続いたでしょうか、普段のランニングでは使わない筋肉をガッツリ酷使させられ、メンバー一同早くもグッタリ。


ウォームアップとは思えないハイペース。ついていくのが精一杯!

 

ワークアウト終了後はいったん外に出て「ウォームアップラン」へ。ペーサーに先導されながら、周囲のロードを3kmほど走ることに。

 

「ウォームアップラン」とのことなので、まったりしたジョグペースかと思いきや、これまた思いのほかペースが速い! ウォームアップどころか、心肺を追い込まれるほどのハイペースで、ついていくだけで精一杯。「adidas Runners of Tokyo」のランニングに対する本気度を感じました。


「チーム対抗ランニングバトル」、いよいよスタート。結果やいかに!?

 

続いて、本日のメインイベントである「チーム対抗ランニングバトル」が幕を開けます。

 

「私をボストンマラソンに連れてって〜♡」。やる気満々のマユとリサリサ。「もっとも印象に残る活躍をしたランナー」に選ばれるかな?

そしていざ「チーム対抗ランニングバトル」がスタート!

 

先述したように、この「チーム対抗ランニングバトル」はいわゆる障害物競走のような内容で、ランナーは途中に用意された落下傘のようなものを背中に装着して走ったり……

 

水が入った重いボールを上げ下げしたり……

 

はしご状に敷かれたロープの上を、決められたステップを踏みながら越えていったり……

 

足にゴムバンドのようなものを巻いて反復横跳びをしたり……

 

といったように、ところどころに設けられたアトラクションをひとつひとつクリアしながら、タスキをつないでいきました。これがまたなかなかハードで、日頃のランニングでは使わない筋肉を酷使することに(翌日は激しい筋肉痛に見舞われました)。

結果としては残念ながら、優勝することはできず、また「もっとも印象に残る活躍をしたランナー」にも選ばれませんでしたが、普段のランニングやレースとは違った内容で、ゲーム感覚で楽しむことができました。

 

こちらは表彰式のひとコマ。優勝チームのみなさん、いい表情してますね。


Run for Beer! 大いに盛り上がったアフターパーティ。

 

「チーム対抗ランニングバトル」終了後は、そのままアフターパーティがスタート!

 

心地よい音楽と光に身を包まれながら、参加者みんなで乾杯。そこでは多くのランナーたちが積極的にコミュニケーションをとっている姿が見られました。初対面のランナー同士でも「ランニング」という共通言語があるから、瞬く間に打ち解けられるんですよね。

もちろん我々も、お約束のビ〜〜ル!!

 

やっぱこれこれ。運動した後の一杯は最高。五臓六腑に染み渡ります。

そうして大いなる盛り上がりとともに幕を閉じた「adidas Runners of Tokyo」のローンチイベント。〈アディダス〉のランニングに対する本気度がひしひしと伝わってくるとともに、グローバルで展開され、ついに日本に上陸した「adidas Runners」のランニングコミュニティとしてのポテンシャルを強く感じることができました。ランナーとしては今後の展開にも期待せざるを得ません。


ランでつながる。ランで広がる。新しいコミュニティがここから始まる。

 

なお、「adidas Runners of Tokyo」は、「アディダス ブランドコアストア 渋谷店」「adidas RUNBASE TOKYO」「SteP SPORTS 新宿店」を拠点に活動し、週3回のランニングセッションのほか、ランニングに対する意識の高いランナーに向けてレベルの高いプログラムを提供。また、ランニングコンテンツにとどまらず、食事に関するアドバイスや、フィットネスプログラムなども用意され、あらゆる角度からランナーをサポート。拠点は2017年以降、順次拡大していく予定だとか。

このコミュニティのメンバーになるのも、ランニングプログラムなどのイベントに参加するのも、なんと無料! そしてメンバーは日本国内のみならず、世界各地の「adidas Runners」のメンバーとイベントなどを通じて交流することもできます。

ランニングセッションのスケジュールや会員登録の方法など、詳しくは下記サイトに掲載されていますので、日頃から走っている人はもちろん、これからランニングを始めてみたいという初心者の人も、ぜひチェックしてみてください!

  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE
Page Top