HOUYHNHNM

FEATURE|スキーヤーの理想郷。ロッテアライリゾートが、春に訪れても最高な理由。

スキーヤーの理想郷。ロッテアライリゾートが、春に訪れても最高な理由。

LOTTE ARAI RESORT

スキーヤーの理想郷。ロッテアライリゾートが、春に訪れても最高な理由。

韓国最大の高級ホテルグループ、ロッテホテルが2017年12月に新潟県妙高市で開業した「ロッテアライリゾート」は、早くも多くのスキーヤーやスノーボーダーたちを惹きつけて止まない複合スノーリゾートとして人気を博しています。その理由は最高の雪質を楽しめることももちろんですが、ゲレンデ以外にも多くの魅力があるからなんだそう。そこで現地を訪れ、さっそく体験してみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京からわずか2時間! 豪雪地帯に広がる最高のスノーリゾート。

ロッテアライリゾートがある大毛無山は豪雪地帯として名高い場所。軽くて固まらないパウダースノーは往年のスキーヤーたちも魅了してきました。東京から新幹線で2時間、新潟空港からも車で2時間とアクセスもよく、ギアやウエアを完備したレンタル施設もあるため、手ぶらで行けてしまうのも魅力です。ゴージャスなリゾートに軽い気持ちでフラッと訪れることができるんですよ。

こちらがロッテアライリゾートの全観。客室257室のホテルが4棟あり、リフト4基とゴンドラ1基が設置されたゲレンデはなんと11コースもあります。その他、オフピステ10エリアに温泉、水泳プール、宴会場で構成され、総面積は330万平方メートル!

新幹線の上越妙高駅からはシャトルバスが運行しています。今回はこちらのバスでリゾートまで運んでもらいました。体験するのは、フイナム副編集長の山本博史(写真左)と、ライターの高柳淳(写真右)。

エントランスの先に広がるラウンジには暖炉が設置され、ゆったりとくつろげるソファも用意。来るまでの疲れを瞬時に癒してくれるメローな時が流れています。

初日はあいにくの雨。でも、ゲレンデ以外に楽しめる施設がいっぱい!

それではさっそくゲレンデへ! と期待に胸を膨らませていましたが、初日はあいにくの雨でゲレンデは楽しめず……。それでもがっかりすることはありません。なぜなら、ロッテアライリゾートには雪山以外にも楽しめるレジャー施設が充実しているんです。

まずやって来たのは、ボルダリングにスクウェアトランポリン、ファンウォールが1つのスペースに集結した「プレイグラウンド」。

写真右側が高さ4.5メートルのウォールを擁するボルダリングのスペース。ルート数75、ホールドの数710個と日本最大級の規模を誇っています。初級者から上級者まで楽しめるのが魅力。

写真左側はプロジェクションマッピングとクライミングを融合させたワンダーウォールというスペース。なんと常設は国内初です! プロジェクションマッピングを使ったゲーム性の高いクライミングを楽しむことができます。

「国内初」というワードに反応してしまった2人は、さっそくワンダーウォールに挑戦してみました! 専用のシューズとチョークは貸してもらえます。

敵から陣地を守る点取りゲームや下から上がってくる花火を撃ち落とすシューティングゲーム、2人で対戦する陣取り合戦とプロジェクションマッピングで映し出されるゲームは全部で3種類。

一人でも友だちや家族とでも楽しめる内容。新感覚のクライミングに2人も熱中していました。毎日11時と15時からはイベントも開催されています。

こちらはスクウェアトランポリン。上手くバランスが取れれば、かなりの高さまでジャンプすることができ、非常に気持ちイイ体験ができます。

バスケットゴールやボールも用意されているので、色んな楽しみ方もできるのも嬉しいですね。ただし年齢制限があり、4歳から利用可能。子連れの方はご注意ください。

続いてやって来たのは「ライブラリーカフェ」。代官山 蔦屋書店によりセレクトされた約1300冊にも及ぶ膨大な良書と触れ合えるスペースです。ボリュームは洋書と和書が半分ずつ。ファッションやカルチャー、建築や伝統といったジャンルを扱うデザイン書が豊富です。「何も考えずに読むことができる本」というのが選書のコンセプトなんだそう。

厳選した豆から抽出されるコーヒーや選りすぐりのクラフトビールも注文できます。アウトドアのアクティビティーに疲れた時にはぴったりの時間の過ごし方ですね。

その他、プールやフィットネスを利用することも可能です。思い切り泳いだ後は、プールサイドに用意されたリクライニングチェアでひと休み。水着のまま併設されたカフェテリアに行くことだってできるんですよ。

ソニーの創業家が愛したプレジデンシャルスイート。

また、今回は滅多に入ることができないプレジデンシャルスイートを見学することもできました。広々としたベッドルーム、ダイニング、キッチン、プライベートジャグジーが備わったVIP専用のスイートです。こんなに広いホテルにわずか2部屋しか用意されていないんですよ。

なんでも以前のオーナーはあのソニーの創業家である盛田家で、一般の方はおろかそこで働くスタッフさえもなかなか入れなかったスペースだったそう。そんな歴史に想いを馳せるとますますVIP気分に浸れますね。

これは極楽! 夜のお楽しみ、温泉とディナーにも大満足。

リゾートでの夜の楽しみといえば、温泉とディナー。ロッテアライリゾートでは、この2つも抜かりなく満喫することができます。

地下1750mより湧き出る温泉が、アクティビティーで疲れた体を癒してくれます。弱アルカリ性で、肌の保湿に効くといわれるメタケイ酸を多く含んだ湯は美容や健康に最適。夜には満天の星空を満喫できる露天風呂も用意されています。

夕食は豪華なバイキング。和洋中華とさまざまなジャンルの料理が食べ放題です。その種類は100品目以上! デザートも豊富なので女性やお子さんも大満足。

それでは待望のスノーアクティビティーを満喫してみましょう!

翌日は見事な快晴! 念願のスノーアクティビティーを満喫しました。

ロッテアライリゾートのゲレンデは、ロッテホテルが大規模改装を行う以前から往年のスキーヤーであれば誰もが憧れるパウダースノーを楽しめる場所として有名だったといいます。そんな話を聞くといやがおうでも期待で胸が高まりますね。

こちらは頂上からの眺め。山下にホテルリゾートを眺めることができます。タイミングが良ければ、海を望むこともできるそう。

157万平方メートルと広大なゲレンデには、全長5.2キロ、高低差951メートル、11のコースが用意され、ビギナーから上級者まで楽しむことができます。

スキーやスノーボードのギアはもちろん、アクセサリーやウェア一式まで「サロモンステーション」でレンタルすることができます。この気軽さもロッテアライリゾートの魅力のひとつです。自分に合ったサイズであるのはもちろん、カラーやデザインにもこだわってレンタルすることができます。

また、スキーやスノーボードは経験やテクニック以前にマテリアルの安全性がとても重要だと考えるサロモンステーションの運営方針から、日本スキー産業振興協会の推奨する『S-B-B認定整備技術者』が国際規格ISO11088の組み立て・調整基準に即したマテリアルを提供してくれるのも嬉しい点。スタンダードモデルの以外にハイエンドモデルも用意しています。

それでは、いざゲレンデへ! まずはゴンドラに乗り、標高1000メートルの高さに位置する「膳棚ステーション」を目指します。ここには展望台やレストラン、VIPラウンジが完備され、ゲレンデ移動の拠点となるステーションです。ここからさらにリフトへ乗り継ぎ、頂上付近を目指します。

こちらが標高1429メートルの大毛無山で1280メートルの高さを誇るゲレンデの頂上。ここから3コースの中級者コースに枝分かれしています。その3コースを横断するように広がるのが、圧縮されていない自然のパウダースノーを楽しめる雪崩管理コース。

名前の通り、雪崩が起きやすいため雪の状況や天候によってクローズされることもありますが、状態が良ければ最高のパウダースノーを満喫できます。上級者たちはこのパウダースノーを目当てにこのゲレンデに足繁く通っているんです!

その滑り心地は「最高」の一言! 他のスノーリゾートではベチャベチャな雪質になりがちな季節であっても、ここロッテアライリゾートではまだまだシーズン真っ盛りのスノーアクティビティーを楽しむことができます。

お世辞にも上手とは言えない2人でしたが、ロングランできる初級者コースもしっかり完備しているので上機嫌で楽しんでいました。

お昼は「膳棚ステーション」にあるフードコートでラーメンとカレーライスに舌鼓。雪室で熟成された特別な豚肉が使われているだけあり、ゲレンデで食べるいつもの昼食とは一線を画すお味でした。

午後は、アジア最長を誇るジップラインに挑戦!

ジップラインとは、木から木へと張られたワイヤーロープをハーネス付きのプーリー(滑車)で駆け巡るアドベンチャーアクティビティです。

ロッテアライリゾートでは、全長が約1,501m、高低差約240mとアジア最大級の規模を誇るジップラインが用意され、標高約950m地点から3分程で710m地点までいっきに下り降りるツアーを楽しめます。

こちらのジップラインは、直径19ミリメートルで重量は約2.4トンにも及ぶ特殊ワイヤーを使用。NASAスペースシャトル発射台からの緊急脱出装置に採用された安全性の高いシステムだといいます。やや緊張した面持ちの2人でしたが、これには一安心。それでは発射スタート!




何と言ってもその醍醐味は、360度に広がる絶景をフルに体感できること! 雨天・濃霧・晴天など天候によって、その楽しみ方も変わっていきます。

ツアー前半ではスリルあふれるスピード感を、ツアー後半では目の前に広がる北信越の山々と眼下に広がる高田平野を楽しむことができます!

ツアー終了後は、最長滑走距離192メートル、最大傾斜17度、6人同時滑走と国内最大級のチュービング(ゴム製のソリで滑走するアクティビティー)を楽しみました。クルクルと回転しながらけっこうなスピードで降っていきます。

こちらのゲレンデ、5月末までやっているんです!

どうでしたでしょうか、今回のレポート。こんな豪華なリゾートを手軽に楽しむことができとあれば、是非行ってみたいと思った人も多いのではないでしょうか?

なんと、ここロッテアライリゾートではこうしたレジャーを5月27日まで楽しむことができてしまうんです! いつもとは違う非日常な時間を楽しみたいという人は、自分へのご褒美に、大切な人へのプレゼントに使ってみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Page Top