HOUYHNHNM

FEATURE|チャムスと行く、小さな自然の楽しみかた。

チャムスと行く、小さな自然の楽しみかた。

チャムスと行く、小さな自然の楽しみかた。

事前に計画を立てて大自然のなかでがっつりと遊ぶのもいいけれど、準備なしでふと思い立って行く“プチ野遊び”くらいで十分、という気分のときもあります。街からすぐ行けるくらいの自然のなかで、友達と過ごすアウトドアタイム。そんな豊かな時間を、アウトドアテイストを持つ街着である、〈チャムス〉と一緒に出かけてみました。

  • Photo_Shota Kikuchi
  • Styling_Tomomichi Kondo
  • Model_Sumiya Omori、Yuichiro Wakamatsu、Shoko Hirai、Lilian Kanemaru
  • Edit_Shinri Kobayashi
  • ※価格はすべて税抜き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日常としてアウトドアを楽しむ。

左:ジャケット ¥9,800、Tシャツ ¥4,200、ボトムス ¥9,800、バック ¥20,000 / 左中:Tシャツ ¥5,500 ボトムス ¥8,800 キャップ ¥4,000 バッグ ¥16,800 / 右中:シャツ ¥9,900 Tシャツ ¥4,500 ボトムス ¥5,900、キャップ ¥3,900、バック ¥4,500 ポーチ ¥3,200 / 右:シャツ ¥7,900、Tシャツ ¥3,900、ボトムス ¥12,900、ハット ¥5,900、サングラス ¥16,000

大掛かりな準備も念入りな計画もしたくない、ただ気持ちいい時間を過ごしたい。そんな気分のときには、街からすぐ行ける自然を楽しむというのも有効な手でしょう。友達を誘い、チェアとデスク、コップ、遊び道具など持てる分だけの軽装備で、街からすぐの見晴らしのいい場所へ。ドリンクやフードは途中で買ったりと、手を抜けるところは手を抜いてしまうのもいい。

左:ブルーの柔らかなシャンブレーシャツとインナーの白シャツは、春夏にぴったりの定番の組み合わせ。今季のトレンドである、蛍光アイテム(キャップ)をアクセントに。 / 右:Tシャツ、パンツのアイテム一つひとつはベーシックなものをチョイス。シャツをタックインしたり、ポップなピンクのアウターで女性らしさを少しプラスして。

左:色やアイテムは、とことんベーシックなものをチョイス。ハットの素材感、サングラスとグラスコードに、ほのかなアウトドアスタイルを忍ばせて。 / 右:グリーンのパンツ、カットソーのパープルという色の組み合わせで、トレンドの“ナインティーズ”感が出ます。ベーシックカラーのアイテム(キャップ)をひとつ入れて、全体が馴染みませるのが、今の気分でしょう。

ハイチェア「Folding Chair Booby Foot High」¥16,000、ローチェア「Folding Chair Booby Foot」¥11,000、的当て「Can you Throw in?」¥4,500

頭まで支えてくれるハイチェアから、手軽なローチェアまでアウトドアにぴったりのチェアが揃います。小さなクーラーボックスがあれば、買ったドリンクを冷えたままにしておけます。

グローブ ¥11,800 カップ ¥900 シエラカップ ¥1,200 ランチョンマット ¥2,800

オレンジがブルーを徐々に浸食し、混ざり、やがては逆転する夕暮れ。普段の街暮らしではなかなか観られない、自然の美しき変化は、人間のDNAが宿す記憶を刺激してくるかのよう。ほどよく飲んで、食べて、遊んで…1日の終わりを見届けて。日常のしがらみを手軽にリセットしてくれる、“プチ野遊び”してみては?

CHUMS表参道店

電話:03-6418-4834
shop.chums.jp/shop

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Page Top