HOUYHNHNM

サブメニュー

冬ギフト。贈りたいもの。欲しいもの。

冬ギフト。贈りたいもの。欲しいもの。

街にイルミネーションが灯る12月。今年もギフトシーズンがやってきた。相手の趣味とかライフスタイルとか職業とか…、プレゼントを選ぶ基準ってたくさんあるけど、贈る相手が好きなひとだったら、絶対外したくない。愛らしい顔しかみたくない。『フイナム』では、そんな贈りものにおすすめのファッションアイテムをピックアップ。今年1年がんばった自分へのご褒美にもぴったり。自身も贈る機会が多いという、スタイリストの小林新さんのコメントを交えながら紹介する。

  • Photo_Jun Okada(BE NATURAL)
  • Direction & Styling_Arata Kobayashi(UM)
  • Hair&Make-up_Rumi Hirose
  • Model_Shohei Kamba, Karin
  • Edit_Ryo Muramatsu
  • *価格はすべて税抜き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

01 / 012

01
Whitehouse Cox
“Key Case”

小林さんも愛用している〈ホワイトハウスコックス〉のキーケース。「歴史が長く、信頼できる大好きなブランドのひとつ。若いときはキーケースを持ってなかったけど、年齢を重ねるにつれて鍵の本数も増えてくるから、こういったものを持っておくと便利」。写真は「HOLIDAY LINE」のもので、表には細かな格子状の型押しを施したリージェントブライドルレザーを使用。¥17,000(グリフィンインターナショナル Tel.03-5754-3561)

02 / 012

02
DEREK ROSE
“Nightgown”

小林さんが実際に使って気に入ったという〈デレクローズ〉のガウン。「肌寒いときや風呂上りに気軽に羽織れるし、シャツ地だから洗濯も簡単。バスローブだと難しいところがあるけど、このガウンは洒落ていておすすめ」。1926年に創業したイギリスのナイトウェアブランドの一着は、トラッドなボールドストライプが印象的で、前身頃の左右にパッチポケットが施されている。¥35,300(ヴァルカナイズ・ロンドン Tel.03-5464-5255)

〈サンスペル〉ジーンズ ¥21,000(サンスペル 表参道 Tel.03-3406-7377)、Tシャツ スタイリスト私物

03 / 012

03
TRUEFITT & HILL
“Nail Care Kit”

1805年にオープンした世界最古の理髪店〈トゥルフィット&ヒル〉のネイルケアキット。「4、5年前にもらった、このブランドのカミソリやシェービングブラシを今でも使っています。このキットは自分ではなかなか買いづらいけど、プレゼントされると嬉しいし、とくに30歳以上の男性に喜ばれると思う」。持ち運びにも便利な甘皮はさみ、爪切り、爪やすり、ピンセット、ポケットナイフの5点セット。¥24,000(ヴァルカナイズ・ロンドン Tel.03-5464-5255)

04 / 012

04
COYOTE NEGRO
“Ring & Bracelet”

「インスタをチェックしているときにパッと目に飛び込んできた」と小林さんが語るのは、ニューヨークの新進ジュエリーブランド〈コヨーテ ネグロ〉のブレスレットとリング。「ブレスレットは男でもつけられると思う。デザインに女性デザイナーならではの柔らかさがあって良い」。日本では東京・渋谷のコンセプトショップ「ライラ トウキョウ」で販売されている。リング:¥33,000、ブレスレット:¥61,000 (ライラ トウキョウ Tel.03-6427-6325)

05 / 012

05
Paraboot
“Tyrolean Shoes”

「男女でプレゼントし合うとき、まったく同じ靴を履くっていうのは抵抗があるけど、二人で同じのブランドの同じテイストのものを履くっていうのは素敵だと思う。二人だけが分かるお揃いっていう点でも、〈パラブーツ〉はプレゼントにおすすめ」。写真は同ブランドの定番「ミカエル」。左のウィメンズモデルはラビットファーを、右のメンズモデルはポニーの毛を贅沢に使った冬に履きたいトラディショナルな一足だ。左:¥65,000、右:¥67,000(パラブーツ 青山店 Tel.03-5766-6688)

06 / 012

06
Sunspel
“Jeans”

イギリスの老舗ブランド〈サンスペル〉から日本初展開となるジーンズが登場。「削ぎ落とされたデザインが美しい」と小林さんが話す1本は、他ブランドによく用いられるピスネームがなく、黒のレザーパッチをあしらったアノニマスな雰囲気。「新しいスタンダードになりそう」という通り、国産のリジッドデニムを用いた、ストレートのシルエットを描く。サイズはXSからXLまでの5サイズ。性別問わず楽しむことができる。¥21,000(サンスペル 表参道 Tel.03-3406-7377)

Tシャツ スタイリスト私物

07 / 012

07
LAULHÈRE
“Beret”

今シーズン、流行の兆しをみせるベレー帽。〈ロレール〉は1840年にフランスのバスク地方でベレー帽を作り続ける老舗のメーカーだ。「作りがしっかりしていて、カラーバリエーションやサイズも豊富。女性にも男性にも、いま流行りのものをプレゼントしたいなら、ちょうど良いと思う」。この先もずっと愛用できる逸品でありながら、手の出しやすい価格が嬉しい。¥6,000(クオリネスト Tel.03-6451-1458)

〈ジョンストンズ〉ニット ¥58,000(リーミルズ エージェンシー Tel.03-3473-7007)

08 / 012

08
HAMILTON
“Wristwatch”

「知識がないとアンティークウォッチを買うのは難しいけど、この〈ハミルトン〉の時計は自社のアーカイブをベースにしたクラシックなデザインでありながら、プライス的にも手を出しやすいところが良い」。写真のモデル「イントラマティック」は、同ブランドの1960年代のベストセラーウォッチから着想を得ている。38ミリのケースを使った、大人っぽい黒の文字盤が存在感を放つ。¥91,000(ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン Tel.03-6254-7371)

〈フィグベル〉シャツ ¥27,500(PROD Tel.03-6427-8345)、〈サンスペル〉ジーンズ ¥21,000(サンスペル 表参道 Tel.03-3406-7377)

09 / 012

09
MOSCOT & EYEVAN 7285
“Glasses”

実際にメガネを愛用している小林さんがおすすめするのは「男だったら、レンズに薄い色が入ったもの。スタイルを大人っぽく演出できるし、少しミステリアスな雰囲気を出せる。女性の場合、あえて伊達メガネを選んで、彼氏や旦那とシェアして使ってもいいかも。意外と男女で気軽にプレゼントしあえるものだと思う」。上:〈モスコット〉¥33,000(モスコット トウキョウ Tel.03-6434-1070)、下:〈アイヴァン 7285〉¥39,000(ブリンク Tel.03-5775-7525)

010 / 012

10
J&M DAVIDSON
“Leather Belt”

定番のひとつとして、ファッション感度の高い人たちから愛される〈J&M デヴィッドソン〉のベルト。「今回は、プレゼントに最適な上品に見える細いタイプを2本選びました。上のメッシュベルトは、サイズが関係ないから、カップルや夫婦でシェアして使える。下のベルトは、普通ブラックを選びがちなんだけど、ブラウンは古着のジーンズに合わせると可愛い」。上:¥39,000、下:¥25,000(J&M デヴィッドソン 青山店 Tel.03-6427-1810)

011 / 012

11
COACH
“Rexy Puzzle”

〈コーチ〉のホリデーコレクションからウイットに富んだアイテムを紹介。これは19個のパーツを使って、アイコニックなブランドキャラクター「コーチ・ビースト」のレキシーが組み立てられるレザーのパズル。「相手を驚かせたいときにおすすめ。例えば、新築祝いなどにみんなでカンパして贈ったらきっと喜ばれるんじゃないかな」。この他に、別のキャラクターもある。¥70,000(コーチ・カスタマーサービス・ジャパン Tel.0120-556-936)

012 / 012

12
Johnstons
“Cashmere Stole”

「これをもらって嫌だと思う女性はいない」と小林さんが話す〈ジョンストンズ〉のリバーシブル仕様の大判ストール。カシミアをダブルフェイスで使っているため、滑らかな肌触りで温かく、ストレスを感じない。「室内でも使えるし、ちょっと出かけるときに羽織ることもできる。車に乗っているときとか、旅行にもおすすめ」。サイズは縦180×横70センチ。スコットランド製。¥85,000(リーミルズ エージェンシー Tel.03-3473-7007)

〈ジョンストンズ〉ニット ¥58,000(リーミルズ エージェンシー Tel.03-3473-7007)、〈サンスペル〉ジーンズ ¥21,000(サンスペル 表参道 Tel.03-3406-7377)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Page Top