HOUYHNHNM

FEATURE|雪国の男と女が履くウィンターブーツ

雪国の男と女が履くウィンターブーツ

WINTER BOOTS of SOREL

雪国の男と女が履くウィンターブーツ

カナダのシューズブランド〈ソレル〉を代表する「カリブー」。厳しい環境にも適応する強固な作りとインナーブーツに内蔵されたアルミフィルムによる高い耐寒性が、極寒の地でも足を守ってくれる。なによりも特筆すべきは、マイナス40度まで耐えるというブランド随一のスペック。そこで厳しい環境のなかでも、常にファッションをたのしむ札幌のショップ3店のスタッフに「カリブー」を履いてもらい、着こなしのポイントやウィンターブーツの魅力を語ってもらった。

  • Photo_Takuma Kunieda
  • Text_Satoru Kanai
  • Edit_Shinri Kobayashi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

thread.

佐々木さんご夫妻が経営するこのショップは、札幌を代表するアーケード通りである札幌狸小路商店街内に位置し、〈ヴァイナル アーカイブ〉や〈オーラリー〉といった今の時代を象徴するブランドが集まる。衣類はもちろん、レザーウォレットやキャップなど大人の日常着にふさわしいシックながらもカジュアルなアイテムが人気だ。

MAN 〈VAINL ARCHIVE〉JACKET、PARKA、〈salvy;〉PANTS、〈Racal〉CAP
WOMAN 〈AURALEE〉JACKET、PANTS〈ATELIER BETON〉

佐々木智大さん/thread.

佐々木登紀子さん/thread.

「公園や雪かきなどオールマイティに使えそうです」

ー登紀子さんは、〈ソレル〉ユーザーなんですね。

登紀子:子供がいるので、一緒に遊ぶときに滑らなくて暖かいブーツが欲しくて買いました。履き出したのは、去年からです。

智大:ぼくも雪かき用のウィンターブーツは持っています。冬は、玄関の前に50cmくらい積もるんですよ。朝起きて一通り支度したら、ブーツを履いて雪かきをする、というのが冬の日課ですね。子どもと公園で遊ぶときも、スニーカーでは無理ですからね。

ー道民にとっては、ファッションというよりは、実用的なアイテムである、と。智大さんは、履き心地はどうですか。

智大:雪道でも滑らないし、思ったよりも軽くて履き心地もいいですね。デザインも普段のコーディネートに合わせやすいし、公園や雪かきなどオールマイティに使えそうです。

ー今日のコーディネートのポイントを教えてください。

智大:普段もパンツを被せて履くことが多いので、インするよりワイドパンツのボリュームを出したほうがいいのかな。あとは、デザインとしてファーが効いていますね。これがないとハードな印象になりすぎるのかも。

登紀子:女性はスカートも履くので、これくらいの高さがあると合わせやすいですね。やっぱり、暖かくて滑らないというのが一番です。

thread.
住所:札幌市中央区南3条西7丁目6-3 狸小路7丁目内
電話:011-209-0009

ARCH HERITAGE

〈フィルソン〉や〈アナトミカ〉をはじめ、ワークウェアやアメカジ、ミリタリーを中心にした国内外のガーメンツ類を取り揃えたショップ。老舗ブランドの逸品や質実剛健なアイテムを求めて、北海道はもとより道外からも多くの客が訪れる名店として、ファッション好事家の間で知られている。

MAN 〈FILSON〉COAT、〈Bartlett Yarns〉SWEATER、〈LEVI’S VINTAGE CLOTHING〉JEANS、〈LEUCHTFEUER〉KNIT CAP、〈CHURCHILL GLOVES〉GLOVES
WOMAN 〈ANATOMICA〉 COAT、BERET、〈GALLEGO DESPORTES〉 PANTS、〈NORTH SEA CLOTHING〉 SCARF

川上圭大さん/ARCH HERITAGE 店長

「足元が冷えると耐えられないですからね」

ー〈ソレル〉のブーツの魅力って何だと思いますか。

川上:軽くて、暖かいところだと思います。見た目には重そうなんですが、履き心地がすごくいいです。最近イカ釣りに行ったとき、一緒にいった人が履いてました。そのとき、ぼくはモカシンを履いていたのですが、めちゃめちゃ寒くて……。あと、動きやすいというのもポイントだと思いますね。

ー冬のアウトドアを楽しむ人にとって、「カリブー」は最強ですよね。

川上:足元が冷えると耐えられないですからね。一緒にイカ釣りに行った方はアウトドアに詳しいので、そういう人が実際に履いてると説得力が出ますよね。

ー普段、雪かきのときは何を履かれますか?

川上:雪かきのときは長靴を履いちゃいます。あと通勤のときに長靴を履いて、お店で履き替えることが多いです。

ー今日のコーディネートのポイントを教えてください。

川上:アメリカン・アウトドアがテーマです。今日は細身のジーンズをインして履いていますが、グレー系のフラノパンツも相性がよさそうです。細いパンツを合わせるなら、コートはロング丈でブーツのボリューム出すのがおすすめ。あとは、マウンテンパーカもいいと思います。

ー北海道だからこその売れ筋ってあるんですか? 街を歩いていると、意外とダウンジャケットを着ているひとが少ない印象でした。

川上:ダウンジャケットを着てしまうと重ね着が楽しめないので、うちのお店でもそこまで提案していないですね。ですので、セーターやインナーダウンがよく動きます。

ー言われてみると、東京のほうが厚着の人が多いかもしれないですね。

川上:北海道も雪が積もる前が一番寒く感じるので、積もってしまうと案外暖かいですからね。

徳永 麻美さん/ARCH HERITAGE WOMENS 店長

〈ANATOMICA〉 SWEATER ¥29,000+TAX

「コーディネートの幅が広がりますね」

ー〈ソレル〉のブーツに合わせるならば、どんなスタイルがオススメですか?

徳永:パンツをインするイメージでしたけど、意外にワイドパンツでもいいんだなというのが、新しい発見です。

ー〈ソレル〉のブーツ以外だとどんな足元が多いですか?

徳永:扱っているアイテムがベーシックでカジュアルなウェアが多いので、足元はマニッシュな革靴をあわせることが多いんです。でもワイドパンツにブーツを合わせて、上は女性らしいものというスタイルもいいですね。

—やはり、どこかで女性らしさは残しておくのがいいんですね。

徳永:ハードなブーツにトレンチコートをギュッと締めたり、シェイプの入っているPコートを合わせたりしても良さそうです。

―履き心地はいかがですか。

徳永:軽くて、すごく履きやすいですね。北海道に住んでいると軽さが重要なので。〈ソレル〉は街でも見ますね。暖かいし、雪が積もった時期だとこのくらい高さがないと入ってしまいますから。雪道で滑らないというのも選ぶ基準になります。

ARCH HERITAGE
住所:北海道札幌市中央区南4条東1丁目9-3米村屋ビル1F、2F
電話:011-281-5560

Maw / THE LOUNGE by Brift H

〈N.ハリウッド〉や〈テアトラ〉など、東京でも人気の高いブランドが数多くラインナップされ、ドメスティックブランドからスポーツブランドまで幅広く取り扱うコンテンポラリーなショップ。ブラックやホワイト、ネイビー、カーキなどのカラーリングアイテムを中心に、ベーシックかつモダンなスタイリングを求めて、20〜30代を中心とした客が足繁く通う。

MAN 〈sacai〉COAT、SWEATER、〈COMOLI〉PANTS、〈French ARMY Vintage〉SCARF
WOMAN 〈sacai〉COAT、ONE PIECE

服部 巧さん / Maw・THE LOUNGE by Brift H / 靴磨き職人

「滑りにくいのでガシガシ歩ける」

—今日、〈ソレル〉のブーツの履き心地は?

服部:すごくいいですね。むちゃくちゃ暖かいですし、滑りにくいのでガシガシ歩ける。うちのスタッフが大雪のときに履いているのを見ていたので、あらためてほしくなりました。

―やはり、普段のブーツだと滑りますか?

服部:滑りますね。そーっと歩かないといけなくて。これはソールのラバーも柔らかくてグリップ力があるので、機能的ですごくいいです。

―おすすめのコーディネートを教えて下さい。

服部:ボリュームのあるパンツをインするとダボッとしてしまうので、ロングコートで隠すとバランスがいいとおもいます。ワイドパンツなら、出してもいいですね。

—ちなみに、ウィンタースポーツはやりますか?

服部:全部経験しています。スピードスケート、スキー、スノーボード、ソリ滑りまで(笑)。

―どれも、終わったあとの足元が、ものすごい冷たくなりますよね。

服部:そうですね。スキーでもスケートでも、終わったあとは指先の感覚がなくなります。なので、暖かいところにいってひたすら揉むしかない。そういうときにも、これくらい暖かいブーツはよさそうですね。

岡田桃佳さん/Maw/ショップスタッフ

「スノーブーツ、欲しくなりました」

ー〈ソレル〉のブーツはいかがですか。

岡田:暖かくて歩きやすいし、滑らなさそうでいいですね。

ー国内でも、北海道が一番活躍しそうなブーツですよね。

岡田:お客さまや友だちには〈ソレル〉を履いている人もいます。みんな、カジュアルなスタイルに合わせている印象です。

―コーディネートのポイントを教えて下さい。

岡田:モードなウィンタースタイルですね(笑)。普段からモードなコーディネートが多いのですが、今日はブーツでカジュアルさをプラスしました。

―ちなみに、ウィンタースポーツはやりますか?

北海道は、東側はスケートで西側はスキーを授業でやるんです。わたしはウィンタースポーツ、全然やらないんですけどね(笑)。

マウ(MaW) / (ラウンジ バイ ブリフトアッシュ) THE LOUNGE by Brift H
住所:札幌市中央区南2条西5丁目31TERRACE2-5 1F
電話:011-271-0505

左:メンズ「カリブー」¥20,000+TAX、右:ウィメンズ「カリブー」¥20,000+TAX

コロンビアスポーツウェアジャパン
電話:0120-193-821
www.sorel.jp
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Page Top