HOUYHNHNM

FEATUREー Tradition and Innovation From Okayama ー|岡山県児島のニュージェネレーション、ブランク コンセプト ウェアが面白い。

0220_VLANK_brand (1)

ー Tradition and Innovation From Okayama ー

岡山県児島のニュージェネレーション、ブランク コンセプト ウェアが面白い。

かつて、ファッション業界を席巻した岡山県・児島産のプロダクツ。点在する老舗ファクトリーが手がける、デニムをはじめとしたハイクオリティなアイテムは、多くの人に賞賛を持って受け入れられました。その結果、「デニムといえば児島」と言われるほどに、“メイド・イン・児島”はブランドとして成長。しかしながら、時代の流れとともにファッション趣向が変化し、かつての盛り上がりがひと段落してきたのも事実です。そんな中、児島の新世代を担うブランドとして突如現れたのが、〈ブランク コンセプト ウェア(VLANK CONCEPT WEAR) 〉。児島の確かな生産背景を生かしつつ、かつての児島ブランドとは一線を画すモダンな感覚を取り入れたデザインとユニークなアプローチで大きな注目を集めています。今回は、そんな〈ブランク コンセプト ウェア〉のものづくりの現場を直接取材。再び盛り上がりを見せそうな、いまの児島の姿をお伝えします。

  • Photo_Takeshi Kimura
  • Text_Tetsu Takasuka
  • Edit_Yosuke Ishii

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0220_S5A7276


瀬戸内ののどかな風景が広がる児島の片隅から、最先端のウェアを発信する〈ブランク コンセプト ウェア〉。まずは、デザイナーの安達氏と長畑氏のトークセッションから、ブランドの成り立ちやコンセプトを聞き出しました。


何か面白いことをやりたい__同じ志を持った同世代が自然と集まったのがブランク コンセプト ウェア

0220_S5A7266

—〈ブランク コンセプト ウェア(VLANK CONCEPT WEAR) 〉(以下、ブランク)は、どんなメンバーで成り立っているのでしょうか?

安達:ブランクは、児島をベースに活動する同世代の4人の作り手で成り立っています。でも、実はブランクをメインの仕事としているのは僕だけで、他のメンバーはそれぞれ別の本業があります。縫製工場に勤めていたり、Tシャツのプリントを手がけていたり。

長畑:僕の本業はレザー職人ですが、ブランクでは生産管理を担当しています。みんなそれぞれ本業をやりながら、チームとして動いている感じですね。

0220_S5A7193

安達:お互い昔から知り合いだったわけじゃなく、それぞれ全然違う道を歩んでいましたが、みんな何か面白いことをやりたいと思っていた。そんな気持ちを持っていて、しかもファッションに対して近い感覚を持った人間同士が、色んな繋がりを通して、たまたま児島で出会ったんです。

長畑:みんな各ジャンルのプロフェッショナルになっているし、児島が拠点だという強みもある。そんなメンバー全員の知識や経験、アイデア、コネクションを総動員して、ブランクを運営しています。

—ブランクを立ち上げた動機は何だったのでしょうか?

安達:とにかく服が大好きだったので、自分たちの理想を形にした服を作りたかったというのが根底にあります。それに加えて、児島のファクトリーが培ってきた技術を残していきたいという想いもありました。児島には服飾に関わるファクトリーがたくさんありますが、優れた技術を持っているわりに十分に潤っているとはいえない。児島の伝統的なものづくりを支えるためにも、自分たちがブランドを立ち上げて、ここで生産することで、少しでも力になれればと思ったんです。

長畑:児島といえばデニムのイメージが強いですが、それだけではないということを、ブランクを通して伝えていきたいと思っています。だからといって“児島ブランド”を全面に押し出すつもりもありません。“ブランクって面白いブランドだな、いいものを作っているな”って興味を持ってもらって、ルーツをたどってみると児島だったというくらいの立ち位置でいたいですね。

0220_S5A7232

—今後、ブランクは、どのようにものづくりを展開していく予定ですか?

長畑:メンバーみんなが別の活動をしていることからもわかるように、自由度の高さもブランクの魅力です。だから、今後もあまり縛りを作らずに、その都度、作りたいと思ったものを作っていきたい。ただ、何を作るにしても、“綺麗なもの”であることを意識しています。そのためにも、高い技術を持った児島の生産背景は不可欠なんです。

安達:僕はものづくりのスピード感を大事にしていきたいですね。やろうと言ったことを結局やらないで終わるのが嫌なんです。やるとなったら、次の日にはもう何らかの形にする。そうやって、どこよりもハイペースで成長していきたいと思っています。

0220_S5A7275

岡山児島に構える〈ブランク コンセプト ウェア〉のアトリエ。倉庫を改築し、モダンな空間に仕上げている

0220_S5A7300

アトリエの2階に併設したアポイント制のショップ。商品をレイアウトした卓球台が中央に鎮座する


〈ブランク コンセプト ウェア〉が拠点を構える岡山県児島には、高い技術を持ったファクトリーが数多く点在する。地の利を生かし、デザイナーと作り手が蜜なコミュニケーションを持つことで、より納得の行くプロダクションへと繋がっていくのだ。ここではブランクのものづくりを支える、信頼のおける児島の仲間たちを紹介しよう。


専業ファクトリーが作り出す美しいパンツ

0220_S5A7154

VLANKメンバー(株式会社クロスオーバー営業企画) 森田圭祐さん

「僕は、児島のパンツ専業の縫製工場に勤めながら、ブランクに参加しています。これまでのカジュアルな児島ブランドとは異なる新しい感覚に共感したんです。いまは、企画全般とパンツの生産を担当していますが、ブランクのものづくりに対するアプローチは他と大きく違います。僕も含めて生産の現場の人間の意見を積極的に取り入れようとするし、現場に直接足を運ぶ。その方が、意思疎通がスムーズだし、想いも伝わりやすい。それに、ブランドと工場が直接意見を交わすことで、こだわりながらも現実的なものづくりができる。そうしたブランドと工場との綿密な連携ができることもブランクの強みだと思います。昨シーズンは、僕がデニムパンツの企画を担当したのですが、やってみたかったことを全部やらせてもらいました。素材から縫製、シルエットまで、いままでの経験と知識を注ぎ込んだ最高の1本ができたと自負しています」

0220_S5A7149

名だたるブランドが信頼をおく老舗工場も認めたセンス

0220_S5A7125

細川被服 代表 細川充之さん

「私の工場では、アウターやブラウスといった上物の裁断、縫製、仕上げ、出荷を手がけています。ブランクのメンバーとはブランド立ち上げ前からの知り合いです。私自身、有名ブランドのアイテムを長らく手がけてきましたし、児島のシーンもずっと見続けてきましたが、ブランクはとても新鮮な存在です。児島によくあるファクトリーブランドと違って、ゼロからブランドを構築し、シーズンごとに勝負していこうという気概がある。また、児島を拠点にしつつも、しっかり全国に発信している。彼らの行動力には驚かされますね。服作りでいうと、ユニークな素材やパターンを使いながら、ちゃんと綺麗な形に仕上げるところに、他にはないオリジナリティを感じます。普段はブランドからの注文に忠実に答えるのが我々の仕事ですが、ブランクとは互いにアイデアを出し合いながら、最終的な形に落とし込んでいく。そんなやり方も私にとっては楽しく、刺激があります」

0220_S5A7114

次のページでは、ブランク コンセプト ウェアの一風変わった一面を紹介
Page Top