HOUYHNHNM

FEATURE|スノーボードにまつわるいくつかのコラム。 Vol.10 来冬、新システム〈Step On〉がスノーシーンを変える!

スノーボードにまつわるいくつかのコラム。 Vol.10 来冬、新システム〈Step On〉がスノーシーンを変える!

BURTON Presents DIGGIN’SNOWBOARD!

スノーボードにまつわるいくつかのコラム。 Vol.10 来冬、新システム〈Step On〉がスノーシーンを変える!

冬の定番スポーツとして人気を博す一方で、ファッションや音楽をミックスしたカルチャースポーツとして側面も併せ持つスノーボード。そんなスノーボードシーンを形成し、今なおリードする〈バートン〉をパートナーに迎え、現在進行形のスノーボードの魅力をいくつかのコラムでご紹介。

  • Photo_Takemi Yabuki(W)
  • Movie_Tomohiro Fujii
  • Edit&Text_Kai Tokuhara
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シーズン前から様々な視点でスノーボードの魅力を切り取ってきた〈バートン〉連載もついに最終回。今回は、ちょっと気が早いが来冬リリース予定となっているバインディング&ブーツの画期的な新システム、その名も「Step On」にいち早くフォーカス! 1月末、白馬五竜スキー場にて行われ、大盛況だったローンチイベントの様子をドキュメント写真&ライブ感あふれるムービーとともにお届けする。

「踏みつけて、乗るだけ」。画期的システム「Step On」とは!?

〈バートン〉が来冬、満を持して投入する「Step On」とは一体どんなものなのだろう。簡単に表現すると、ストラップを無くしたバインディングにそのまま踏みつけるだけでブーツをフィットさせることができるシステム。カチカチカチとストラップを締めていくあの行為が必要ないため、これまでにないくらいスピーディーかつスマートなボードの着脱が可能になるわけだ。

トゥの両サイドとヒールに安全なロックシステムがつき、素早いフィット調節が魅力のクロージャーシステム「Boa®」を搭載したブーツ。そしてリリースレバーによってワンタッチでブーツを外すことができる全マウンテンシステム対応のバインディング。長きに渡って開発とテストを繰り返し、ついに製品化が実現したこの2アイテムによる「Step On」は、まさに〈バートン〉が追い求めてきた「テクノロジーの進化」を集約させたシステムとなっている。

豪華面々が「Step On」のローンチイベントに参加!

なんとスノーボード界の生きるレジェンド、テリエ・ハーコンセンがこの日のために白馬に登場! 〈バートン〉チームライダーの代表格として、真っ先に「Step On」を装着し、華麗なライディングを披露してくれた。

ホワイトマウンテニアリングのデザイナーで〈バートン サーティーン〉のデザインも手がけている相澤陽介氏(写真上)、〈AK457〉のクリエイティブディレクターを務める藤原ヒロシ氏(写真中)、そしてM of M(man of moods)のディレクター福山正和氏(写真下)と、ファッション業界を代表するスノーボードフリーク3人も白馬まで駆けつけた。同じくこの場で発表されたばかりの来冬の新作ボードに「Step On」を装着し、デモライディングを大いに楽しんだ。

「Step On」が、ライディングをこう変える!

スノーボードカルチャーそのものを大きく進化させる可能性を秘めた「Step On」。その本当の魅力を知ってもらうために、今回はローンチイベントで撮影した映像も公開! リフトを降りたら即、滑り出せて、また乗るときにはサクッと脱げる。それでいてフィット感やホールド性といった安全面も完璧に追求されている。これがあればスノーボードライフがこれまで以上に充実することは間違いナシ。来冬が、今から待ち遠しい…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Page Top