HOUYHNHNM

FEATURE|HOW TO CHOOSE SNEAKERS 〜Another Side〜 杉野遥亮が履くアディダス オリジナルス。 -後編-

杉野遥亮が履くアディダス オリジナルス。 -後編-

HOW TO CHOOSE SNEAKERS 〜Another Side〜

杉野遥亮が履くアディダス オリジナルス。 -後編-

限定モデルがひしめく近年のスニーカー界隈。ショップには人が殺到し、発売と同時に即完売が当たり前。しかし、それではトレンドに振り回されているようなもの。だったら、知られざる限定モデルを掘り起こすほうが、実は賢い選択なのではないでしょうか。そして、その答えは意外な場所にありました。全国各地で見かける、あの「ABCマート」こそが限定モデルの穴場だったのです。“賢い消費”をテーマに掲げた最新号の『フイナム・アンプラグド』では、若手俳優として頭角を現し始めている杉野遥亮さんをモデルに〈アディダス オリジナルス〉の「ABCマート」限定モデルをフィーチャー。こちらでは、アザーカットとともに杉野さんへのインタビューを前後編で掲載します。後編は、“賢い消費”や演じることについて。

  • Photo_Go Tanabe
  • Styling_Shun Katagai
  • Hair & Make_Ryo Matsuda
  • Text_Satoru Kanai
  • Edit_Hiroshi Yamamoto
  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE

杉野遥亮
1995年千葉県生まれ。モデル、俳優。映画『キセキ-あの日のソビト–』でGReeeeNのメンバーSOH役で俳優デビュー。映画『兄に愛されすぎて困ってます』(6月30日)、『覆面系ノイズ』(11月25日)の公開を控える。モデルとしてはもちろん、俳優としても注目を集めている。

adidas Originals Stan Smith Comfort ¥11,100+TAX(アディダスグループお客様窓口 0570-033-033)

〈ユニバーサル プロダクツ〉のコート ¥42,000+TAX (1LDK 03-3780-1645)、 〈ビューティ & ユース〉のシャツ ¥11,000+TAX (ビューティ & ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 03-5428-1893)、〈アン デコレイテッド マン〉のパンツ ¥28,000+TAX (アンデコレイテッド マン 03-3794-4037)

人とは違うアイテムを探し求める。

-モデルを務めていただいた最新号の「フイナム・アンプラグド」は、“賢い消費”がテーマです。杉野さんが考える賢いスニーカーの買い方とはなんだと思いますか。

杉野:デザインはもちろん、フィット感やクッション性、値段まで加味して選ぶこと。あとは、お店に足繁く通って、実際に手に取るのが大事なのかなと思います。ぼくは、そういう買い方ができないんです。「これがいい!」って思ったら、誰かに取られる前に買っちゃう。人とかぶるのが嫌なので、古着が好きっていうのも同じなのかもしれません。

-撮影で履いて頂いた〈アディダス オリジナルス〉のシューズは、どちらも「ABCマート」限定。知られざる限定モデルという意味でも狙い目です。

杉野:ぼくも「ABCマート」には行きますけど、限定モデルの存在は知りませんでした。掘り出し物感があっていいですよね。撮影で履いた「スタン・スミス」も白でしたけど、ちょっと前に引っ越した部屋も、白・グレー・黒で統一しているんです。賢い買い物には、そうした自分に合うカラーリングを知っておくことも重要だと思います。

杉野遥亮が考える「かっこいい人」。

-以前にある監督から「芯からカッコイイ人間になれ」と言われたそうですが、杉野さんが考える「かっこいい人」はどんなイメージでしょう。

杉野:立っているだけで魅力的な人、ですね。立ち姿や振る舞い、ビジュアルだけじゃないもの。ぼくにはまだ備わってないなと、日々、感じています。

-事務所の先輩である松坂桃李さんに憧れてオーディションを受けたというエピソードが有名です。また、同じ事務所には菅田将暉さんもいらっしゃる。そうした先輩方からも影響は受けますか?

杉野:菅田さんの奇抜さや考え方、それらをファッションで表現できる感性には憧れます。「そういう組み合わせ方をするのか」って、いつも思っています。ただ、自分ができるかっていうとそうじゃないので、完成されたものをみている感じ。ほぼファン目線です(笑)。

松坂さんは、とにかく“なりたい人”なんです! 初めてお会いしたのが、まさに今日この撮影したスタジオで。そのときは手汗が止まらないし、しゃべることもできない。自分がなにを見ているかも理解できない状態でした。でも、『キセキ-あの日のソビト–』という映画でご一緒させていただいたら、思っていた以上に親しみやすくて。あれだけのスターなのに、この親しみやすさは何だろうなって。

-その答えは出ましたか?

杉野:まだ、探し中です。ぼく自身、まだまだ知らなきゃいけないこと、学ぶべきことだらけですから。この先ずっと仕事を続けても、初心を忘れないようにしたいなって思っています。叶えたい目標もあるし、それをクリアするために、まずやるべきことをやる。その積み重ねの結果、役者として長く生き続けることが最終的な目標です。その先に、松坂さんが持つスター性と親しみやすさの答えも見つけたいですね。

アディダスグループお客様窓口

電話:0570-033-033(土日祝を除く、9:30〜18:00)
※商品のお買い求めはABCマートへ
03-3476-5448
www.abc-mart.net/shop/
  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE
Page Top