HOUYHNHNM

FEATURE|-’47 – New Standard of Baseball Cap ベースボールキャップの新しいスタンダード、キーマンたちがフォーティセブンを選んだ理由。Vol.2 尾花大輔

hynm47_vol2_Brand_1200_675

-’47 – New Standard of Baseball Cap

ベースボールキャップの新しいスタンダード、キーマンたちがフォーティセブンを選んだ理由。Vol.2 尾花大輔

アメリカのボストンで発祥したMLB(メジャーリーグ・ベースボール)の公認ライセンスブランドである〈フォーティセブン(’47)〉。1947年創業で、現在も各MLBの球場内にショップを設けるほど野球と深いかかわりを持つ老舗が2015年、満を持して、日本に初上陸しました。第2回はN.Y.コレクションでランウェイを飾るなど、まさしく日本を代表するブランドとなった〈N.ハリウッド(N. HOOLYWOOD)〉のデザイナー、尾花大輔さんが登場。尾花さんとTEAM’47の関係性や、〈フォーティセブン〉と〈N.ハリウッド〉とのコラボアイテムについてお話を伺ってきました。

  • Photo_Toyoaki Masuda
  • Text_Yasuyuki Ushijima(NO-TECH)
  • Edit_Yosuke Ishii

  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE

TEAM ’47

0411__M_18770

チーム’47
日本における〈フォーティセブン(’47)〉の仕掛け人。デザイナー、スタイリスト、PRという日本のファッション業界を熟知したそれぞれの立ち位置から、〈フォーティセブン〉の魅力を伝え、日本に向けてその認知度を拡大のために尽力する、ブランド拡散の請負人。
中室太輔 / muroffice ディレクター(写真左)
国内外の様々なブランドのプランニングやPRを手掛ける。今回は〈フォーティセブン〉の日本での認知度拡大のために、ローンチイベントの企画などを考えるなど、チームのムードメーカー的存在。今回はN.Y.ヤンキースのキャップを中心にコーディネイト。
荒木大輔 / スタイリスト(写真中央)
一貫してストリートカルチャーへのオマージュとも言うべき、無駄を削ぎ落としたシンプルなスタイリングに定評がある、いわずと知れた敏腕スタイリスト。アメリカンカルチャーへの造詣も深く、自身もサーフィンをたしなむアクティブ派。プライベートでは草野球チーム「益田実業」を主宰する。
平野淳(DKJ) / BALABUSHKA REMNANTS デザイナー(写真右)
自身のブランドのほか、〈ファーイースト ワンダラーズ〉 はもちろん今回の主役である〈フォーティセブン〉のディレクションも手がける。また業界人も多数所属するランニングチーム「AFE」も主宰するなどマルチな才能の持ち主。業界内での顔も広く、コラボ案件でも先陣をきることが多い。

SPECIAL GUEST

0411__M_18718

尾花大輔
バックボーンである古着店での経験を生かし、自身が詳しい古着の世界に、新たなコンセプトをくわえたブランド〈N.ハリウッド(N. HOOLYWOOD)〉のコレクションを2002年に発表。シーズンごとにリリースされるコレクションライン、独自のデザインによる肌着を取り扱ったアンダーウェアライン、コンセプトにとらわれないファッションをフォーマルに落とし込んだコンパイルラインで構成している。また、近年ではコレクションをN.Y.ファッションウィークのランウェイで発表。マウンテンハードウェア、コンバースといった人気ブランドとのコラボレーションも定期的に行っている。

フォーティセブンとN.ハリウッドの意外なコラボ。タイミングが合わなければコラボは実現していなかった!?

0411__M_18659

―尾花さんはあまりキャップをかぶっているイメージがないのですが、実際にかぶったりするんですか?

尾花:意外とかぶりますよ(笑) 初めてキャップを買ったのは、確か高校1年ぐらいだったと思います。渋谷の「バックドロップ」で、フィラデルフィア・フィリーズのキャップでした。その時はエンジ色の〈アイゾッド ラコステ〉のポロシャツに、エンジ色のフィリーズのキャップを合わせていたのですが、いま思い返すとなんか恥ずかしい話ですね(笑)

―最近はどんなキャップをかぶっているんですか?

尾花:年齢とともに選ぶ趣向が変わってきています。昔はメッシュキャップとかも多かったし、ブリムを後ろかぶりしていましたけど。最近は〈フォーティセブン〉と一緒に取り組みをさせてもらっていることもあり、色々な型に興味がでてきましたね。自分は現在、短髪なので気分としては「CLEAN UP」のような浅いかぶりのキャツプが気になります。

―そもそも〈フォーティセブン〉というブランドはご存知でしたか?

尾花:もちろん知っていましたよ。アメリカに行けばスタジアム周辺でかぶっている人をよく見かけますし。古着屋上がりとしては、その前身である〈ツインズエンタープライズ〉も馴染みがあります。

0411__M_18616

―先シーズン好評を得た第一弾のコラボはどういった経緯で始まったんですか?

尾花:DKJくんから「尾花さん、どうですか?」と声をかけられて、〈フォーティセブン〉ってコラボができるんだと思ったのが最初です。ちょうどそのときに「ミキタイプ(MIKITYPE)」というカリグラフィーをやっているタイポグラフィストと一緒にコレクションを展開していたのですが、ジャストアイデアでベースボールキャップに“NEW YORK”と描かせたら面白いなと思って。フロントのロゴもボディと同色の黒にして、バックに“YANKEES”と書いてもらったんです。タイミング的にもスポットアイテムを考えていたので調度よかったですね。

―DKJさんはどういった意図があって、尾花さんにお願いしたのでしょうか。

DKJ:尾花さんがあまりキャップのイメージがなかったので、逆にどういうキャップを作るんだろうと興味が湧き、お話をさせてもらいました。特にこの二人(荒木・中室)には相談せずに、お話をしちゃいましたね(笑)。

0411__M_18589

中室:僕が気づいたときには、もう取り組みが始まっていましたね(笑)

尾花:裏でこの3人で話し合ったわけじゃないんだね。

荒木:完全にDKJの先走りです。

中室:最近は、「チーム’47」の役割分担がはっきりしてきましたね。DKJさんが企画で、僕がプロモーションをかけて、荒木さんがビジュアルを作るみたいな感じです。でも“ホウレンソウ”的なところがなくて、こういったコラボがいきなり始まっていたり…ということも多々ありますよ(笑)。

0411__M_18612

―お二人は第一弾のコラボキャップを見てどうでしたか?

荒木:このベーシックなデザインがこう変わるか!という感じでしたね。インラインにはないデザインなので。

中室:たしかに、グラフィックを入れるのは斬新ですよね。

0411_47_vol2_1

’47 × N. HOOLYWOOD 第一弾コラボレーションキャップ *参考商品

尾花:「ミキタイプ(MIKITYPE)」と一緒にコレクションを作っていて、カリグラフィーとかタイポグラフィーとか色々な要素があったからこそ出来上がったキャップです。プリントを後ろに入れるの大丈夫かな…と思ってたんですけど正解でしたね。本当に、このタイミングだからこそ出来たというアイテムですね。

―逆に言うと、「ミキタイプ(MIKITYPE)」とのコレクションがなければコラボはかなったかもしれない、ということですか?

尾花:そうですね。このタイミングじゃなければコラボはやっていなかったですね。基本、タイミングが合わなければ断ってしまうので。

DKJ:本当にタイミングが良かったんですね。

尾花:ちょうど第一弾の話を頂いたのが1年半前でしたけど、見ているとこの1年で〈フォーティセブン〉を取り巻く状況もだいぶ変化しましたよね? マーケットとかも変わった気がするし。

中室:神宮球場でローンチイベントを行ったのが1年くらい前です。この時期を機にお陰さまで状況はかなり好転してきました。

DKJ:尾花さんにお話を持って行ったのは、正式ローンチのだいぶ前だったんですよね。〈フォーティセブン〉を日本で本格展開する際に、一番に尾花さんにOKをいただいたので、すごくうれしかったのを覚えています。

N.ハリウッドとのコラボ第二弾の全貌に迫ります!

0411__M_18562
0411__M_18549

―〈N.ハリウッド〉とのコラボ第二弾を企画中と聞きましたが、いま手元にあるのが、そのターゲットサンプルでしょうか?

尾花:(サンプルをみながら)サンプルをつくるときに〈フォーティセブン〉では、キャップのスペック(仕様)を表の目立つ場所に縫い付けて管理しているんですね。そのキャップがどういう型で、どういう素材を使っているのか、仕様全てを明記しているんですよ。それを見たとき、すごくいいなと思ったんです。見た目ももちろんですが、軍モノ好きとしては、こういったディテールにやられます。しかも管理をする上でも分かりやすく合理的にできてるという。僕の好きなアメリカが、この中に入っている気がしたんです。それで、このサンプルキャップのデザインをコラボで作れるかどうか、本国アメリカに確認している状況です。あとは、みんながかぶるということを前提に、後ろをマジックテープに、ブリムをスクエアタイプにしようかと考えています。

荒木:面白い発想ですよね。本来、公に出てこないサンプルに目をつけたところが、実に尾花さんらしいですよね。

DKJ:基本的に〈フォーティセブン〉は別注もあまりやっていなくて、選りすぐりのブランドとしかコラボしない方針なんです。そのなかでも〈N.ハリウッド〉のコラボアイテムはほかに見ないデザインなので刺激的です。このサンプルキャップのデザインをあしらったコラボ第二弾が実現したら面白いですよ。

次のページでは尾花さんとキャップの関係をさらに深堀。フォーティセブンのお勧めアイテムも紹介します。
Page Top