HOUYHNHNM

FEATURE|PUMA FOR SAC’S BAR すれちがう点と点。かさなる線。

puma_sacs_bar1

消えない思い、縮まない距離。PUMA for SAC’S BAR

表情豊かな生地、使い勝手のよいデザイン、手を出しやすい価格帯が魅力の〈プーマ フォー サックスバー(PUMA for SAC’S BAR)〉。日常使いに過不足のない機能をもち、バックパックからボディバック、ショルダーバックなどさまざまなラインナップを取りそろえています。今回、ある地方都市を舞台にした、男女のファッションストーリーをシュートしました。ノスタルジックな電車、退廃的な思いを知った文庫本、初めての二人乗り自転車、名前をつけられない思い…。バッグを背負った二人が描く、繊細な世界をお楽しみください。

  • Photo_Riki Yamada
  • Styling_Junichi Nishimata
  • Hair&Make-up_Yosuke Akizuki(Traffic)
  • Model_Taisei Yoshioka,Mei
  • Edit_Shinri Kobayashi

  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE
2_0414_DSC0202
3_0414_DSC0088
4_0414_DSC0285
5_0414_DSC0395
6_0414_DSC0382
09_0414_DSC0226

ソリッドキャット2 バックパック ¥10,000+TAX

表情豊かな霜降りのポリエステル素材は独自開発によるもの。シンプルかつ使い勝手のよいデザインは街などの日常使いにうってつけ。ショルダーパッドやエアメッシュ素材を採用し、背負い心地にも配慮しています。

10_0414_DSC1566
13_0414_DSC1584
15_0414_DSC1629
18_0414_DSC1653
16_0414_DSC1668
17_0414_DSC1663
19_0414_DSC1618
21_0414_DSC1280

アルティメットキャット2 ショルダーバッグ ¥5,500+TAX

上部のキャンバスコーティング、底部のポリエステルコーディングという素材ちがいがデザインアクセントに。文庫本を入れるのにぴったりなバッグは、コンパクトながらも内部にポケットが3つしつらえられ、細かく仕分けることができます。クッション性を求めて背面にはエアメッシュ素材を使用しています。

22_0414_DSC0575
23_0414_DSC0584
24_0414_DSC0531
26_0414_DSC0588
27_0414_DSC1046
28_0414_DSC1315
29_0414_DSC1355
31_0414_DSC1367
32_0414_DSC1330
34_0414_DSC1529

プライムキャット2 クロスバッグ ¥6,800+TAX

ショルダーバッグとほぼおなじクロスボディバッグは、霜降りのデニム風生地なのでコーディネートに合わせやすい。外面はシンプルに、ショルダーバッグよりもやや大きめなのでちょっとした荷物量にも対応できます。

35_0414_DSC0717
36_0414_DSC3970
37_0414_DSC0909
38_0414_DSC0789
41_0414_DSC0665
42_0414_DSC0698
44_0414_DSC0905
46_0414_DSC3935
48_0414_DSC0778
49_0414_DSC0886
50_0414_DSC0816

プライムキャット バックパック ¥9,500+TAX

プライムキャットシリーズ特有のデニム風生地を使用しています。従来のシリーズに比べてマチが薄くなり、ボリューム感のおさえられたスクエアな形が現代的。ファスナーのジップにはリングがつけられ、開きやすくなっているなど使い勝手も考慮しています。

  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE

Page Top