HOUYHNHNM

FEATURE|ナノ・ユニバースで知る、今夏のシャツの襟のこと。

nanouniverse_Brand_1200_675

ナノ・ユニバースで知る、今夏のシャツの襟のこと。

襟は、シャツの顔だ。数ミリ違うだけでも表情が変わり、その差はダイレクトに着こなしの印象を左右する。そんな首元事情に、新たな流れが生まれている。近年、洒落者たちの話題からは遠ざかっていたオープンカラーシャツがそれだ。そんなネクストトレンドの兆しに「ナノ・ユニバース(nano・universe)」はいち早く目をつけて、そのラインナップを充実させている。バイヤーの渡部陽介さんがスタイリストの小林新さんを迎えて繰り広げる、この夏着たいシャツ談義。

  • Photo_Tohru Yuasa
  • Text_Rui Konno
  • Edit_Ryo Muramatsu

  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE

nanouniverse_DSF4030

これからまた、開襟の出番は増えてくる。

今回は開襟シャツというテーマでお二人にお話ししていただこうと思っていますが、小林さんは昔からよく着られていましたよね?

小林新(以下小林)結構多いかも知れません。ただ、一番着てたのはすごく若い頃なんですよ。世の中がイメージするところの男っぽい感じというか、不良っぽい着方でしたね。その時は。古着のワークシャツで、開襟っぽく着られる台襟のないものを選んだり。

でも、20代後半から30代前半にかけては少し年齢的に中途半端に感じて、着づらかったんですよ。白い開襟シャツとかに憧れはあったんだけど、人間性が追いついてなかったんでしょうね(笑)。

だけど30代も後半になってきて、少し色気のあるものがやっとしっくり来るようになって。開襟シャツも、ともすれば色っぽいアイテムだと思うんです。極端な話、おじいちゃんとか、そういう人たちが着てるとすごく格好良く見えるアイテム。

僕はもちろんまだそこの域には行ってないけど、着ても大丈夫かな、と思えるくらいの年齢にはなってきた気がします。また人気が再燃しているのもあって、今また着たいなと思っています。今年はアロハとか花柄にトライしても良いかなって。

nanouniverse_DSF4015

小林 新(スタイリスト)

渡部さんは初めて開襟シャツを着られた時のことは覚えていますか?

渡部陽介(以下渡部)多分17〜18歳くらいのときですね。ボウリングシャツが欲しくて、古着で探して買ったのを覚えてます。それから僕も若干ワルっぽい匂いが好きになったりもして、柄物や刺繍の入ったものも着たりしてました。自分がスカが好きだったこともあって。

スーツの下にアロハを着たりもしてましたね。そのあともウエスタンが好きだったり、ジャケットでも50sの開襟に近いデザインを着たりとか、いろいろ節操なく手を出してますね、振り返ってみると(笑)。

ショップを見ていて、いつもの春夏より開襟シャツが多いような気がしていたんですが、実際に増えているんですか?

渡部圧倒的に増えてますね。シャツだと、去年まではどちらかというとバンドカラーとかノーカラーとか、そういうものの方が人気でしたし。だけど開襟シャツがまた盛り上がりはじめていて、僕自身は職業柄ミーハーだから(笑)、そうなってくるとやっぱり着たくなってしまって個人的にも何着か購入しました。

僕は今年34歳になるんですけど、若い世代のトレンドも見てるし、先輩たちのルーツも一部は見ています。その両方を踏まえながら、今っぽく崩せたらいいのかなと思っています。5年くらい前に買った開襟シャツをまた引っ張り出して着たりもしてますよ。

nanouniverse_DSF4074

渡部陽介(ナノ・ユニバース バイヤー)

先ほど言われたように、今までは開襟シャツというと男っぽいデザインが多かった気がしますけど、今日お二人に着ていただいたラインナップを見ても今年はバリエーションがかなり豊富ですね。

渡部そうだと思います。他に昔と違うところでいうと、サイジングも昔はジャストサイズで着るのが当たり前でしたけど、今はオーバーサイズもアリになってるのがおもしろいですよね。今日、僕が着てきたシャツもワンサイズ上を選んでいます。素材もレーヨンの落ち感があるものから涼しげなリネンまで、選択肢は本当に多いと思います。

コレクションブランドからも多くリリースされていて、実際に僕が開襟シャツを久々に着はじめるきっかけになった一枚も〈コム デ ギャルソン〉のものでした。だから、今はそういうモードなスタイルにもハマるなっていうイメージです。

nanouniverse_DSF4067
nanouniverse_DSF4057

小林さんはスタイリングで開襟シャツを使う頻度は変わりましたか?

小林正直、少し前まではほとんど出番がなかったですよね。そもそもリースに行ってもあまり種類もなかったし。でも、今のこの流れで急激に増えてるし、これからスタイリングでの出番は増えてくるでしょうね。

色んなショップで力を入れ始めてるし、リースに行ってボウリングシャツなんかがあると、「おっ、懐かしいね」とかって話してますしね(笑)。でもそう考えると意外と再燃するのは早かったかも知れない。

渡部多分7〜8年くらい前ですよね。胸にチェーンステッチが入ったものとか背中に大きな刺繍が入ってる開襟シャツが一気に流行ったのって。

小林そうですね。でも今回は流行り方がその頃とは違う感じがしますね。ラギッドっていうよりは上品さの強いものの方が主流になりつつある気がします。

nanouniverse_DSF4107

元はと言えば開襟シャツは上品なアイテムですもんね。

小林そうなんですよ。セットアップの中に来たりしてもいいものだし、逆に真っ白のリネンの長袖の開襟シャツなんかは海外だと冠婚葬祭で着たりもしますしね。そういえば、映画「ラ・ラ・ランド」でも着てましたよ。ライアン・ゴズリングが。

渡部(笑)

着てましたね。っていうか映画観られてたんですね(笑)。

小林移動中の飛行機の中で観ました。でも真面目な話、世界的にもそういう流れがある気がします。去年は〈サンローラン〉でも開襟シャツが出てましたし。それもやっぱり武骨っていうよりは上品なシャツの流れですよね。

渡部うちでも今回、〈ギットマン ブラザーズ〉とか、クラシックなシャツを作っているブランドに別注して何型か作っているんです。それもベースはボタンダウンとかのトラッドなもので、生地はそのままで、襟の形やシルエットをこちらで指定させてもらって、オープンカラーで作りました。カジュアルなデザインでも、やっぱりシャツメーカーならではのきれいさがあるんですよね。

nanouniverse_DSF4029
nanouniverse_DSF4080

今、開襟シャツを着る上で意識するのはどんなことですか?

小林うーん、シワじゃないかな? 今年着るんだったら、糊が効いてるくらい、ピシッと着てもいいんじゃないかと思ってます。古着のクシャッとしたヤツなんかも好きなんですけど、特に今年買い足すとしたら、やっぱりきれいなものがいいですね。素材もレーヨンとかリネンとかになるのかな。

小林さんはリネン、お好きなんですね。

小林なんていうか、夏に半袖のシャツを着て暑かったら意味ないと思うんですよね(笑)。だから、流行りではあるけどちゃんと実用性重視です。海外行く時なんかはリネンの長袖シャツを必ず持って行きますしね。

渡部そうなんですね。

小林海外で少しいいレストランに行こうとした時、ビシッとすると暑いじゃないですか(笑)。だけど、開襟のリネンシャツがあれば、それで十分なんですよ。乾きが早いから、洗って部屋に干しておけば次の日にはもう乾いてますし。それをきれいにプレスかけて着ることが多いです。だから、やっぱりライアン・ゴズリングですよね。着こなしのお手本は。

渡部「ラ・ラ・ランド」、めちゃくちゃハマってるじゃないですか(笑)。

小林格好良かったんですって。どんな着こなしだったかは覚えてないんですけど(笑)。

nanouniverse_DSF4116

小林 新(写真右)
スタイリスト。1978年生まれ、神奈川県出身。2006年に独立後、メンズファション誌や広告ビジュアルなどで活躍し、俳優やアーティストなどのスタイリングも数多く手がけている。「ナノ・ユニバース」では現在店頭で配布されているタブロイド版のスタイリングも担当した。現在アシスタントを募集中。詳しくはユナイテッドラウンジまで。

渡部陽介(写真左)
ナノ・ユニバース」バイヤー。1983年生まれ、北海道出身。10代からコレクションブランドや古着など、幅広いファッションに触れて育ち、服飾の専門学校を卒業後は某モード系セレクトショップのスタッフを経験。その後「ナノ・ユニバース」に入社し、2012年からはバイヤーを務めている。ファッションの情報量とトレンドへの嗅覚に定評あり。

nanouniverse_DSF3890
nanouniverse_DSF3908

オリーブのシャツはシアサッカーなんですが、袖を通した瞬間、軽さにまず驚きました。さらっとしていて着たときに気持ちいいですね。合わせた白いパンツも、今までは少しキザかなと思っていたんですが、開襟シャツと一緒で、年齢とともにアリかなと思えるようになってきたアイテムです」〈ギットマン ヴィンテージ〉¥18,800+TAX

nanouniverse_DSF3984
nanouniverse_DSF3986

あえての長袖です。真夏に袖をまくって着るのが格好いいかなと思ってます。リゾートをイメージして、ストライプの効いた〈ウミット ベナン〉のイージーパンツを合わせました。足元はスニーカーなんですけど、シャツと同じ白でクリーンにまとめました。ハットはやっぱりパナマがいいですね」〈ナノ・ユニバース〉¥7,900+TAX

nanouniverse_DSF3935
nanouniverse_DSF3938

穿き込んだヴィンテージの〈リーバイス®〉の501®XXに合わせたのは、それと同系色の青のチェックシャツです。コットンレーヨンのやわらかい質感もポイントです。少し大きめのサイズを選んでいて、昔だったら袖はロールアップしてたところですけど、今はこのくらいの長さが気分ですね」〈ナノ・ユニバース〉¥7,600+TAX

nanouniverse_DSF3913
nanouniverse_DSF3925

これは〈ダブルレインボー〉というまだスタートして2年目くらいの若いオーストラリアのブランドなんですけど、すごくセンスがよくて注目しています。スリムなブラックデニムが自分の定番で、それと相性が良い柄や色味も個人的に惹かれます。シャツの裾は今っぽさを意識してインしてみました」〈ダブルレインボー〉¥20,000+TAX

nanouniverse_DSF3962
nanouniverse_DSF3973

これは今回一番のお気に入りのキューバシャツです。生地はタイプライタークロスだそうですが、本当に肌触りがよくて快適なんですよ。薄手のカーゴパンツとも相性が良いですね。夏に海外に行ったら、このシャツにプレスをかけて、ボトムだけ短パンに変えてステーキハウスに行きたいです(笑)」〈ナノ・ユニバース〉¥7,900+TAX

nanouniverse_DSF3944
nanouniverse_DSF3951

コットンレーヨンのクラシカルなボウリングシャツです。スタイリストの馬場圭介さんと〈ベドウィン アンド ザ ハートブレイカーズ〉の渡辺真史さんに50sをイメージして作っていただいたもの。そんな背景があるので、スタイリングもそれを意識して、クラシックな不良っぽさのあるものにしてみました」〈GB SKINS × BEDWIN&THE HEARTBREAKERS〉¥23,000+TAX

nanouniverse_DSF4123

B.D.シャツなどでは定番のデニムシャツも開襟&ボックスシルエットになると印象はガラリと変わる。程よい色残りやアタリの弱さなど、さながら古着のような質感も、今っぽいレトロさを漂わせている。〈ナノ・ユニバース〉¥7,900+TAX

nanouniverse_DSF4121

身頃が広めで、やや肩の落ちたモダンなバランスを、やわらかで落ち感のある生地が引き立てた一枚。爽やかなブルーのチェック柄は、淡めのトーンで配しているので主張しすぎないのがハイセンス。〈ナノ・ユニバース〉¥7,600+TAX

nanouniverse_DSF4125

定番のレーヨン素材を使ったベーシックなデザインだが、ソリッドカラーでブラックという、ありそうでなかったデザインが大人向け。スラックスからショーツまで、様々なボトムスにマッチしてくれる。〈ナノ・ユニバース〉¥7,600+TAX

ナノ・ユニバース カスタマーサービス
電話:0800-800-9921
*記事内で紹介した開襟シャツはオンラインストアでも販売中

  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE

Page Top