HOUYHNHNM

FEATURE|ダナーと過ごす、夏のひととき。

hynm_danner_Brand_1200_675_

Active Summer With Danner

ダナーと過ごす、夏のひととき。

夏がやってきた。外遊びの季節の到来だ。自然に囲まれたキャンプ場でゆったりとした時間を過ごすのもいいし、DIYサイズの小さなフェスで音楽を楽しんだり、川で釣りやサップをするのもまた一興。クルマを2時間も走らせれば、アウトドアアクティビティーが楽しめるカントリーサイドが待っている。意外と、夏の楽しみはすぐそこにある。普段の格好のまま、気軽にアウトドアを楽しみたい。そんなときに履く靴は、もちろんダナーに決まっている。

  • Photo_Shinichi Miura
  • Styling_Rikiya Kawada(esQUISSE)
  • Text_Shunsuke Hirota
  • Edit_Yosuke Ishii

  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE

TOWN ⇄ WRAPTOP 3 LIGHT

danner_image_1_2
danner_image_2
danner_image_3
danner_image_4
danner_image_5

WRAPTOP 3 LIGHT TREE CAMO ¥7,000+TAX

自然のなかでいかに普段の生活と同じく快適に過ごせるかを目指す、ラフなアウトドアスタイルが最近のキャンプの主流。荷物は最低限に抑えて、夜はキャンプ場にあるバンガローに泊まって河原で焚き火を眺めながらビールを飲む。

そんな都会からちょっと離れて楽しむイージーなキャンプなら、大きなポケットが裾についた長袖のシャツにブッシュハットぐらいがちょうどよい。日焼けもしないし、虫も防げる。化学繊維と違って焚き火の火の粉で穴が空く心配も無用。お気に入りの四駆のボディと合わせてブルーをベースにすれば、川の流れにもよく似合うだろう。キャンプから帰るときにカフェに立ち寄っても「山から降りてきた人」って具合にならず、都会にもそのまま馴染めるコーディネイトだ。

そんなときの足元は〈ダナー〉の「WRAPTOP 3 LIGHT」のカモ柄をチョイス。包み込まれるようなコンフォートな履き心地は、鳥の声に耳を澄ます心地よいひとときに寄り添ってくれる。

コロナ〉のローバーチェア ¥30,000+TAX(バク 03-6300-5043)、〈スノーピーク〉のユーティリティーシャツ ¥26,000+TAX、チタンシングルマグ ¥2,030+TAX(スノーピーク 0120-010-660)、〈ソフネット × バーバリアン〉のボーダーTシャツ ¥12,000+TAX(ソフ 03-57725-2290)、〈ミーンズワイル〉のカーゴショーツ ¥28,000+TAX(ミーンズワイル info@meanswhile.net)、〈ザ・ノース・フェイス〉のベルハット ¥8,100+TAX(ザ・ノースフェイス・原宿店 03-5466-9278)

TOWN ⇄ FES with WRAPTOP 3 LIGHT

danner_fes_image_1
danner_fes_image_2
danner_fes_image_3_2
danner_fes_image_4
danner_fes_image_5

WRAPTOP 3 LIGHT TREE OLIVE ¥7,000+TAX

フェスに行ったら一日中立ちっぱなし&歩きっぱなし。大型野外フェスなら会場の一番端から反対側まで歩こうとしたら1時間はゆうに掛かってしまうほど。少し雨が降れば足元はドロドロで、アップダウンも大きい。もちろんスニーカーやサンダルでは心もとない。マウンテンブーツを履いている人も多いけれど、もっとカジュアルに楽しみたい。

より足元を気にせずライトにフェスを楽しみたいなら「WRAPTOP 3 LIGHT」の出番じゃないか。水を防ぎながら蒸れにくく、ぬかるんだ足元でもグリップ力を発揮する「WRAPTOP 3 LIGHT」はフェスの会場でも活躍してくれる。素足で履いても靴擦れしにくく、汚れたら水で簡単に洗える。次の日もきっと快適にフェスを過ごすことができるはず。

スノーピーク〉のハット ¥6,800+TAX、パーカー ¥16,000+TAX、足袋ソックス ¥2,200+TAX(スノーピーク)、〈デサント オルテライン〉のポケットTシャツ ¥29,000+TAX(デサント ブラン代官山店 03-6416-5989)、〈コロンビア・ブラックレーベル〉のショーツ ¥11,000+TAX(コロンビアスポーツウェアジャパン 0120-193-803)、〈サイル マーシャル〉のバックパック ¥38,000+TAX(マッハ55リミテッド 03-5413-5530)

WRAPTOP 3 LIGHT

danner_fes_image_6

WRAPTOP 3 LIGHT ¥7,000+TAX

スニーカーライクなルックスにネオプレーン素材を使用することで高い防水性と包み込まれるような履き心地を実現したアウトドアシューズ。フィット感に優れながらもシューレースを緩めずとも脱ぎ履きが可能なため、テントに出入りしたりサンダルに履き替えたりと脱ぎ履きの多いキャンプやフェスの現場でもストレスなく過ごすことができる。蒸れを軽減させるライニングパターンを施しており、軽量ラバーを使用した接地面の広いアウトソールがアッパーを覆うように設計されているため、湿地帯などのぬかるんだ状況でもしっかりとグリップしてくれる。

TOWN ⇄ RIVERSIDE with SARABANDA LITE

danner_fes_image_7
danner_fes_image_8
danner_fes_image_9
danner_fes_image_10_2
danner_fes_image_11

SARABANDA LITE COYOTE ¥6,500+TAX

ここ数年はファッショナブルなソックスがたくさん登場してきたせいか、サンダルとソックスを合わせるコーディネイトが目にするようになってきた。たとえば釣りに向かうとき、こんな履き方はどうだろう。クラシックなフィッシングスタイルに〈ダナー〉の「SARABANDA LITE」とソックスを合わせるだけで、色合いや柄でコーディネイトのアクセントになるだけでなく、どこか都会的で大人な雰囲気にもなる。しっかりとホールドしてくれるストラップ構成はゴツゴツした岩場でも不安なく歩くことができ、いざとなればソックスを脱いで、ざぶざぶ水の中に入ったって良い。クッション性に優れたEVAフォームのフットベットとダンキャットソールの組み合わせはアウトソールの堅いブーツと違って歩く時に余計な振動が水に伝わらないため魚を驚かさずに移動でき、きっといつもよりも釣果もいいはず(!?)なのです。

コロンビア・ブラックレーベル × マウンテン リサーチ〉のフィッシングベスト ¥22,000+TAX、〈コロンビア・ブラックレーベル〉のキャップ ¥4,300+TAX(コロンビアスポーツウェアジャパン)、〈ザ・ノース・フェイス〉のポロシャツシャツ ¥7,200+TAX(ザ・ノース・フェイス原宿店)、グラミチのショーツ ¥6,800+TAX(インス 0120-900-736)

SARABANDA LITE

danner_fes_image_12

SARABANDA LITE ¥6,500+TAX

バックルとベルクロを組み合わせることで微細にフィッティングを調整できるマルチパーパスサンダル。名作シューズのポストマンと同じくダンキャットソールを採用し、足馴染みの良いように人間工学に基づいて設計されたEVA素材のフットベットと組み合わさることによって、長時間歩行しても疲れない履き心地に仕上がっている。返りがよく、クッション性とトラクション性に優れているため、タウンユースからアウトドアまで活用することができる。また、パッド入りのナイロンストラップは靴擦れにしにくく、履きはじめの頃から足に馴染む。

ダナー
電話:03-3476-5661
jp.danner.com

  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE

Page Top