HOUYHNHNM

FEATURE|39 portraits at YARIGASAKI MOST WANTED

ymw_1200

39 portraits at YARIGASAKI MOST WANTED

代官山の槍ヶ崎交差点近くにある代官山UNITで行われてきた「YARIGASAKI MOST WANTED in H.L.N.A SKYGARDEN Supported by STÜSSY」が先日、初の屋外開催を決行! その模様をアーティストのライブにオフショット、来場者のスナップまで、当日の空気を選りすぐり39枚の写真で徹底レポートしていきます

  • Photo_Yuki Aizawa,Jun Yokohama
  • Text_HOUYHNHNM

  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE

普段はスケートパークとして利用されている会場となったダイバーシティ屋上にある「H.L.N.A SKYGARDEN」。


この日のトップバッターで登場したのはご存知、スチャダラパー。ANI、Bose、 SHINCOにロボ宙を加えたメンバーによる百戦錬磨のコンビネーションで、ゆらゆらと観客を惹き付けるメロウなラップを披露し、いきなり会場はヒートアップ。


独特な声質、変幻自在なフロウでメジャーとアンダーグランドを行き来する鎮座DOPENESSは、DJ STYLISH a.k.a 鎮座DOPENESS名義で参戦。この日も、次々と摩訶不思議な鎮座ワールドに連れ込んでいきます。


北海道出身の若干21歳のヤングストーナー、GOODMOODGOKUは程よいダウナー感と艶っぽさを兼ね備えたステージングで、会場を揺らします。


1980年後半から多くのアーティストをプロデュースしてきた“キング・オブ・ウェッサイ”ことDJ PMX。フレッシュな観客を前にしながらも、変わらぬスタイルと巧みなテクニックを見せつけて、観客を沸かします。


モデルやスタイリストといった業界の方も多く駆けつけ、チルでメロウでスタイリッシュな雰囲気に包まれた会場。

一部開放されたスケートパークで、実際に滑る来場者たち。


5lack、WATTER、MCKOMICKLINICKによる集合体・5KATE 8OARD 8RIDGE。この日はPUNPEEやGAPPERもジョインし、夕暮れに染まる会場で名曲「weekend」を熱唱。その瞬間、現場の盛り上がりは最高潮! 最高のロケーションとともに記憶に残る夏の一瞬を、来場者の心に刻んでみせました。


山梨県出身のメンバーによって結成されたラップグループ、stillichimiyaのメンバーであるYOUNG-G。夕陽も沈み、お台場の夜景に包まれた会場では、彼の心地いいDJプレイが響き渡りました。



シンセサイザーと共に、甘い歌声を披露してくれたのはLUVRAW。心地よくて、少しセンチメンタルなメロディがお台場の輝くネオンと見事にマッチ。夏の夜にふさわしいベストアクトを披露してくれました。


夏と言えばこの人! オリジナルEP「ぼくの夏休み」をリリースしたばかりの ZEN-LA ROCK! 飛び入り参加でステージに登場し、鎮座DOPENESSとともにご機嫌な夏のチューンを披露。すっかり陽も暮れて夜景に包まれた会場に、夏らしいメロウな空気をもたらし、見事に締めくくります。


屋外での開催に加え、15時からのデイイベントという、これまでとは趣向の異なる内容となった「YARIGASAKI MOST WANTED」。

最高の音楽、キンキンに冷えたビール、人々のお気楽な笑い声、心地よい海風に乗ってやってくるほのかな潮の香り、そしてレインボーブリッジが見渡せる美しい夜景。暑い夏の日に、文句なしのシチュエーションがそろいに揃ったことで、さまざまな光景は茜色に染まっていく空ととも記憶されていきます。

言葉にすると少し稚拙かもしれないが、まさに “グッドバイブス” なパーティ。その日の空気を凝縮するために、写真はあえて39枚、会場で体感した温度やにおいを感じさせるものを選びました。少しでも「楽しそう」と思ったアナタ。次はぜひ会場でお会いしましょう。まだ、次回開催は未定ではありますが…(笑)。というわけで、来年の開催を待ちわびながら、オフィシャルSNSをこまめにチェックもしておきましょう。

  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE

Page Top