NEWSファッション、カルチャー、ライフスタイルの最新情報を、ほぼ毎日更新。

グラビスといえば、やっぱコレだよね。

グラビスといえば、やっぱコレだよね。

(左)CENTURY "gravis OG COLLECTION" ¥16,000+税
(右)TARMAC OG "gravis OG COLLECTION" ¥12,000+税


1998年にスノーボードのアフターライディングシューズとしてスタートした〈グラビス(gravis)〉。現在ではスノーボードのみならず、スケートボード、サーフィンなどといったさまざまなアクションスポーツをサポートし、スニーカーシーンにおいても欠かせないブランドとして名を馳せています。


そんな〈グラビス〉より、ミタスニーカーズ・国井栄之の監修する「gravis OG COLLECTION」がスタート。同コレクションから「センチュリー」と「ターマック」がリリースされます。


P1740884.jpg

CENTURY "gravis OG COLLECTION" ¥16,000+税


待望の復活を遂げた「センチュリー」は、設立当初の名品として語り継がれる名品中の名品。そんな同モデルのかつてのテイスト、シルエットを極限まで再現したという本作では、設立当初のアイコニックカラーであるグレー/オレンジを採用。


上質なヌバックアッパーに、優れた耐久性、クッション性を誇るデュアルソールユニット、スムーズな脱着を可能にする「EASY ON EASY OFF SYSTEM」など、新旧のテクノロジーを巧みに織り交ぜた仕上がりとなっています。


P1740902.jpg

TARMAC OG "gravis OG COLLECTION" ¥12,000+税


一方で今なお受け継がれている「ターマック」では、アクションレザーのアッパーにかつての配色美を踏襲したカラーリングを採用。履き心地には定評のある中敷きやホールド性を高めるホールドバンドを搭載するなど、機能面におけるアップデートも随所に施されています。


時代を作ったスニーカーと言っても過言では無い両モデル。その復活が近年の足元事情にどのようなインパクトを残すのか。マーケットの動向も含め、要注目しておきたいところです。

Text_Hiroshi Yamamoto

mita sneakers
電話:03-3832-8346
www.mita-sneakers.co.jp


gravis
gravisfootwear.jp/original/

NEW ENTRY最新記事

TROT_LC_640_533

BLOGブログ

ブログを始める

RECRUIT求人情報