NEWSファッション、カルチャー、ライフスタイルの最新情報を、ほぼ毎日更新。

ラカグの1周年記念アイテムを、あのマイケル・タピアが手がけています!

ラカグの1周年記念アイテムを、あのマイケル・タピアが手がけています!

各¥20,000+TAX


神楽坂というファッションを発信するには意外な場所で、日ごとに存在感を増してきている「ラカグ(la kagū)」。ファッションだけではなく、生活雑貨、カフェ、家具、ブックスペース、レクチャースペースを備えたキュレーション型のショップです。


このたび、ショップオープン1周年を迎えるにあたり、上質な大人のカジュアルスタイルをLAより発信し続けるデザイナー、マイケル・タピア(MICHAEL TAPIA )にコラボレーションを依頼。「ラカグ」のオリジナルメンズブランド〈ハンドレッドソン(HUNDREDSON)〉と、〈タピア ロサンゼルス(Tapia LOS ANGELES)〉の共同コレクションが完成しました。


tapia_la_002.jpg

各Jacket ¥58,000+TAX、Chino ¥28,000+TAX


〈ハンドレッドソン〉のシーズンコンセプトである"デイパックコレクション"をイメージした、ガーメントバッグに詰め込めるアイテムです。


一番上の写真は、カットソー感覚で着たいポロシャツ。そして上の写真は、旅や出張などの出先で活用できるセットアップになります。カジュアルな質感のコットン素材ですが、ちょっとしたビジネスシーンにも使える汎用性の高いアイテムです。


tapia_la_003.jpg

Garment Bag ¥12,000+TAX


専用のガーメントバッグに詰め込めば、ポータブルな「ガーメントバッグコレクション」が完成します。


tapia_la_004.jpg


コラボレーションの証は裏地に控えめに。〈タピア ロサンゼルス〉と同様、全て「MADE IN USA」となっています。


というわけで、派手さはなくとも、かゆいところに手が届くような上質なコレクションと相成りました。フイナム的にはとくに長袖のポロシャツが素晴らしい出来だな、と思いました。トロッとした綿素材に、リラックス感のあるフィット。なんでもなさそうな佇まいながら、10年後もきっと着ているだろうな、と思わせる安定感。この味はなかなか出せません。


百戦錬磨のデザイナー、マイケル・タピアの妙技をたっぷりと味わえるガーメントです。ぜひ店頭で手に取ってみてください。

Text_Ryo Komuta
Photo_Kengo Shimizu

la kagū

住所:東京都新宿区矢来町67番地
電話:03-5227-6977(SHOP) 、03-5779-2130(CAFÉ)
営業:11:00-20:00(SHOP)、 8:00-21:00(20:30L.O) (CAFÉ)不定休
www.lakagu.com
Official Instagram:LAKAGU_FASHION
Official facebook:www.facebook.com/lakagu.kagurazaka
Official twitter:https://twitter.com/la_kagu

RELATED ENTRY関連記事

NEW ENTRY最新記事

  • ラカグの1周年記念アイテムを、あのマイケル・タピアが手がけています!
CC_AD_houyhnhnm_300_250_20170712

BLOGブログ

ブログを始める

RECRUIT求人情報