NEWSファッション、カルチャー、ライフスタイルの最新情報を、ほぼ毎日更新。

フリーマンズ スポーティング クラブの東京・二子玉川店が誕生。

フリーマンズ スポーティング クラブの東京・二子玉川店が誕生。

 
2005年、ニューヨークに初のショップが誕生した〈フリーマンズ スポーティング クラブ(FREEMANS SPORTING CLUB)〉。建築家でありデザイナーでもあるターボ・ソマーが手がけるこのブランドは、ファッション、レストラン&バー、バーバーで構成され、時代に敏感な大人のライフスタイルを多角的に提案しています。


今回、2013年にオープンした東京・青山店に続いて、国内2店舗目となる旗艦店が11月6日(金)に二子玉川に誕生します。コンセプトは "家族の憩いの場"。トラッドやカジュアルを主体にしたモダンな洋服が揃うほか、プラントアーティストとして知られる川本論さんによる「GREEN FINGERS MARKET」を併設し、手ごろな観葉植物や雑貨もラインアップ。3フロアからなる店内には、このブランドの代名詞と言えるバーバーも。ウェイティングルームを完備し、子供連れでも気兼ねなく買い物やグルーミングを楽しむことができます。さらに、二子玉川店のオープンを記念して、〈マッキントッシュ〉〈ウールリッチ ファブリック〉〈ステットソン〉との限定アイテムが先行発売されます。


FSC1103002.jpg

FREEMANS SPORTING CLUB × MACKINTOSH - DUNKELD ¥150,000+TAX


Aラインのシルエットが美しい〈マッキントッシュ〉とのコート。これは同ブランドを代表するモデル「ダンケルド」がベース。写真のコートは、デニム地を使い、長年着続けることで色落ちの経年変化を楽しむことができます。また、あまり他では見られないロゴの入っていないボタンを使うことで、アノニマスな雰囲気に仕上がっています。


FSC1103003.jpg


FSC1103004.jpg

FREEMANS SPORTHING CLUB WITH WOOLRICH FABRIC ¥42,000+TAX


上の写真は、アメリカの老舗アウトドアブランド〈ウールリッチ〉のアイコニックなバッファローチェックの生地を使ったワークコート。ゆったりとした身幅でジャケットの上から重ねて着ることも可能。膝上丈のため、コーディネートに取り入れやすい仕上がりになっています。赤と青のタイプを展開。


FSC1103005.jpg


改FSC1103006.jpg

FREEMANS SPORTHING CLUB × STETSON ¥27,000+TAX


今年で創業から150周年を迎える〈ステットソン〉は、これまでアメリカ合衆国大統領やハリウッドスターから支持を得てきたハットブランド。今回のモデルは、スーツスタイルにも取り入れやすいデザインを意識しています。素材にはラビットファーを用い、ブリムは約7センチの長さに設定。民族調のリボンテープがアクセントになっています。ブラック、グレー、キャメルの3色を展開。


FSC1103007.jpg


さらに、インスタグラムを使ったフォトキャンペーンも開催されます。応募は、最初に@FREEMANSSPORTHINGCLUBTOKYOのアカウントをフォロー。そして、#FSCFUTAKOのハッシュタグを付けて二子玉川近郊の風景写真を投稿するだけという、誰でも気軽に参加できるキャンペーンです。投稿した方のなかから、ベストフォトグラファーに選ばれた方には、30,000円相当の商品がプレゼントされます。


Text_Ryo Muramatsu

FREEMANS SPORTHING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA

住所:東京都世田谷区玉川3-8-2 玉川髙島屋 S・C 南館アネックス 1F〜3F
営業時間:10:00〜21:00
電話:03-6805-7965(SPORTSWEAR / TAILOR)、03-6805-7966(BARBER)
※電話は11月6日(金)より利用可能
freemanssportingclub.jp


PHOTO CAMPAIGN : #FSCFUTAKO

投稿期間:11月6日(金)〜11月30日(月)正午12時まで
投稿枚数:制限なし
当選発表:12月4日(金)

RELATED ENTRY関連記事

NEW ENTRY最新記事

  • フリーマンズ スポーティング クラブの東京・二子玉川店が誕生。
2017_0206_luis_rectangle

BLOGブログ

ブログを始める

RECRUIT求人情報