NEWSファッション、カルチャー、ライフスタイルの最新情報を、ほぼ毎日更新。

いよいよ3日後! 豊田利晃監督の初舞台に窪塚洋介、渋川清彦、太田莉菜が出演。

いよいよ3日後! 豊田利晃監督の初舞台に窪塚洋介、渋川清彦、太田莉菜が出演。


豊田利晃氏といえば、『ポルノスター』『青い春』『モンスターズクラブ』『クローズ EXPLODE』など、ヒリヒリするような世界を描かせたらピカイチ、その硬派な世界観に惚れ込んでいるファンも多い映画監督です。


今回、その豊田氏が初の舞台に挑みます! タイトルは『怪獣の教え』。演劇+音楽+映画で、ライブシネマと銘打たれた本作のキャストは、窪塚洋介、渋川清彦、太田莉菜ということで、実に豪華。以下は本作の稽古風景です。


keeeeee_001.JPG


keeeeee_002.JPG


keeeeee_003.JPG


公開されているあらすじは以下の通りです。


小笠原諸島の青い海。海の上を漂う一隻の船。船の上には二人の男。国家の秘密を暴露して、政府から追われる天作(窪塚洋介)。パラダイスで生きることの葛藤を胸に抱く、島育ちのサーファーの大観(渋川清彦)。天作は東京で事件を起こし、島へ逃げて来た。従兄弟の大観に船を出してくれるように頼んだ。何か事件を起こして無人島にでも隠れるのだろう、と大観は思っていた。しかし、天作の目的は別にあった。祖父から教えられた、『怪獣』を蘇らせることだった。一隻の船に乗り込むと二人は海へ出る。昨夜、二人はひとりの女性と会った。世界の島を転々としながら暮らす、アイランドホッパーのクッキー(太田莉菜)。クッキーは怪獣の教えの秘密を知っていた...。


keeeeee_004.JPG


keeeeee_005.JPG


_DSC1262.JPG


なお、本作の重要なファクターにひとつである音楽を担当するのは、2006年に豊田利晃、中村達也、勝井祐二で結成された「TWIN TAIL」。実写映像の投影と、ミュージシャンたちが繰り出す演奏が競演する新しいスタイルのライブ・シネマを奏でるバンドということで、彼らのために用意されたかのような舞台でもあるわけです。


豊田監督の映画と同様に、鋭角で緊張感のある世界観が繰り広げられるに違いありません。公開は3日後の11月19日(木)から5日間。詳しくは以下をご覧ください。

Text_Ryo Komuta

怪獣の教え
日程:11月19日(木)〜11月23日(月)
会場:横浜赤レンガ倉庫1号館3階大ホール
演出・脚本・映像:豊田利晃
出演:窪塚洋介 渋川清彦 太田莉菜
音楽:TWIN TAIL


音響:ZAK
舞台美術:杉本亮
舞台照明:高田政義
舞台監督:幸光順平/倉科史典
劇中映像撮影:重森豊太郎/豊田利晃
VFX:道木伸隆
編集:村上雅樹
衣装:伊賀大介
ヘアメイク:徳田芳昌
怪獣デザイン:ピュ〜ぴる
宣伝スチール:TAKAMURADAISUKE
宣伝衣装:立花文乃
小笠原アドバイザー:宮川典継
グラフィックデザイン:大橋修
制作:安江沙希子
プロデューサー:稲垣護/杉本亮
主催企画制作:株式会社ヌーヴェルヴァーグ/株式会社ギークピクチュアズ

kaijuno-oshie.com

RELATED ENTRY関連記事

NEW ENTRY最新記事

  • いよいよ3日後! 豊田利晃監督の初舞台に窪塚洋介、渋川清彦、太田莉菜が出演。
CC_AD_SS17_houyhnhnm_300_250

BLOGブログ

ブログを始める

RECRUIT求人情報