NEWSファッション、カルチャー、ライフスタイルの最新情報を、ほぼ毎日更新。

コーヒーのようにドリップする味噌汁(!)。ミソ・フューチャー・ラボに注目を。

コーヒーのようにドリップする味噌汁(!)。ミソ・フューチャー・ラボに注目を。

"サードウェーブ"という言葉が流行して久しいですが、なんと、味噌汁にもその余波が到達しているようなのです。ペーパードリップ式のコーヒーのように見えるこちらの正体は、フィルターにかつおぶしなどのダシをセットし、そこに熱々の昆布だしを注いで、カップに仕込んだ味噌を溶かして飲むという、サーソウェーブミソスープ。一見インパクト重視のパフォーマンスのようにも思えますが、節系のダシは熱湯で沸騰させないことで、より香りが立ち、雑味を抑えることができるのだとか。


11986975_826233197473964_5810319757522871454_n.jpg


前述のドリップ式味噌汁だけにとどまらず、様々な手段を用いて新たなミソ・スープの形を探るのは、2015年の暮れにミソクリエーティブチームの「大晦日」と「COOK COOP」が協働し発足したプロジェクト「MISO FUTURE LABORATORY」。「ミソを軸に未来の文化について考える研究所」と題した同プロジェクトの第一段が、満を持して開催されます。


MISOLABO.jpg


今回ゲストとして参加するのはコーヒー屋兼アーティストの「エルパック(L PACK)」。コーヒーを単なる飲み物としてではなく、空間のハブとして捉える彼らのアイデアと、古くから愛されてきた日本のソウル・フードである味噌汁がコラボレーションをすると、いったいどのような科学反応が起きるのか。懐かしくも新しい、新たな食の可能性に触れることができそうです。


同イベントでは、前述のハンドドリップで一杯ずつ淹れるミソスープスタンド「LOVE ME AND MISO SOUP.」をはじめ、さまざまな種類のクリエーティブによって「味噌」をフィーチャー。未来に残すべき日本の伝統食に、今一度注目してみてはいかがでしょう。


開催は1月24日(日)。数十年の一度の寒波が到来するともっぱらの噂ですが、寒ささえもおいしい味噌汁を引き立てる脇役ということで。ぜひご参加ください。


Text_Taiyo Nagashima

MISO FUTURE LABORATORY EP.1「WHAT'S IN THE CUP? コーヒーとミソスープから考えるこれからのこと。」

日時:2016年1月24日(日)(19:00-21:00 ※14:00-18:00はミソスープスタンド)
会場:CAFE COMPANY INC.
住所:渋谷区神宮前5-27-8Los Gatos 2F
料金:2,500円 (1drinkと1miso soup付。スタンドは味噌汁代のみで利用可能。)
定員:20名と少し(事前申込みは下記アドレスにメールを。)
oh30ka@gmail.com
https://www.facebook.com/misofuturelabo?__mref=message_bubble

L PACK

http://www.lpack.jp
http://www.facebook.com/L-PACK-598192160259620/?fref=ts


RELATED ENTRY関連記事

NEW ENTRY最新記事

  • コーヒーのようにドリップする味噌汁(!)。ミソ・フューチャー・ラボに注目を。
CC_AD_houyhnhnm_300_250_20170712

BLOGブログ

ブログを始める

RECRUIT求人情報