NEWSファッション、カルチャー、ライフスタイルの最新情報を、ほぼ毎日更新。

XLARGE25周年とFTC30周年のアニバーサリーコラボレーション。

XLARGE25周年とFTC30周年のアニバーサリーコラボレーション。


1986年サンフランシスコで誕生した〈FTC〉と1991年ロサンゼルスで誕生した〈XLARGE®〉。スケートブランドの大御所として今なお人気を誇る両者の25周年と30周年を記念して、特別なアニバーサリーコラボレーションがリリースされます。


2016_spring_xftc_top_1.jpg

COACHES JACKET ¥20,000+TAX
PULLOVER HOOD SWEAT BULLDOGS ART ¥14,000+TAX
L/S TEE BULLDOGS ART ¥7,000+TAX
S/S TEE BULLDOGS ART ¥5,500+TAX
BANDANA ¥17,000+TAX


アートワークのルーツは、西海岸スケートボードカルチャーを語る上で欠かせない存在である「Dog Town Skateboards」。彼らの代表的なスケートボードアートである「DOG」と「TOWN」の文字クロスを、ギリシャ数字で 10 を意味する「X」に置き換えて、お互いのアニバーサリーを表現した「XXX = 30」「XXV = 25」の新たなクロスをデザインしました。


2016_spring_wes_1.jpg


グラフィックを手掛けたのは、「Dog Town Skateboards」創設者のひとりであり、メンバー達のデッキのデザインをしたオリジナルアーティスト「Wes Humpston」。スケートボードデッキ 2 種は、彼自身が当時使用していたボードのシェイプを忠実に再現した仕様となっているのだとか。


2016spring_xftc_deck_1.jpg

DECK BLUE FADE ¥12,000+TAX DECK RED FADE ¥12,000+TAX


今回のコラボレーションは、〈XLARGE®〉のPRディレクターの江川 "YOPPI" 芳文が、〈FTC〉のKentへ企画を提案したことからはじまります。


xxxx0101.jpg


以下に、〈FTC〉の「Kent」とアートワークを手がけた「Wes Humptons」の言葉をご紹介します。


ーデザインについて


Kent:1978 年にスケートボードをはじめた時から、Dog Town のファンだった。自分たちにとって、Z-boys の Jim Muir はとてもハードコアで、Venice のスケートボードムーブメントをいつも学んでいたし、尊敬していた。だから Dog Town 初期のスケートボードアートを手掛けていた「Wes Humpston」と一緒に仕事をするのが、小さい頃からの夢だった。彼の書籍「BULLDOG' S ART」を持っていて、昔から作品を目にしていたから、〈FTC〉30 周年と〈XLARGE®〉 25 周年のアニバーサリーイヤーに、彼へデザインをお願いすることはとても自然な流れだったよ。


xxxx03.jpg


Wes Humpston:1970 年代に「Dog Town Skateboards」創設時に手掛けていたスケートボードアートを Kent と一緒に見ていたんだ。この時代の"Hand Done Stile( 手描きスタイル )" と、Dog Town Skateboards のアイデンティティーこそが、このコラボレーションのデザインコンセプトに相応しいと考えたんだ。


2016_spring_wes.jpg


ー「Dog Town Skateboards」と当時のスケートボードシーンについて


Wes Humpston:Dog Town に参加したのは、11 か 12 歳の頃、パシフィック・オーシャン・パークなどのビーチに通うようになってからかな。当時のサーフカルチャーやロックアートにとても影響されたよ。当時は、自分で小さなサーフボードを作って、それにアートを描いて、そして乗って、、、" So Cal" だったね。スケートボードを始めた頃は、クレイウィールのボードに乗っていて、バンク( 斜面 )のある車道でカットバックをすると地面にウィールの跡が付くんだ。そうやっていつも遊んでいた。ウレタンウィールが世に出てくると、スケートボードは貧しいキッズたちの「車」になり、それに乗ってサンタモニカの丘をドライブするようになっていった。昼間は学校の校庭のバンクでスケートして、帰りも家まで街中を乗り回していたよ。それから、プールがスケートをするメインの場所になっていったんだ。このようなプロジェクトに参加できるのは毎回楽しい。人生で最高に楽しかったあの当時に戻ったような気持ちにさせてくれるんだ。新しくデザインしたスケートボードアートが世に出ることを楽しみにしているよ。


Text_Taiyo Nagashima

XLARGE® HARAJUKU

電話:03-3475-5696
www.xlarge.jp


Wes Humpston

「Dog Town Skateboards」創設者のひとり。「Tony Alva」、「Jay Adams」など、メンバー達のデッキのデザインをしたオリジナルアーティストとして知られている。現在は自身のブランド、「BULLDOG SKATES」を中心にクオリティーの高いオールドスクールデッキに最新のデザインを施している。

NEW ENTRY最新記事

  • XLARGE25周年とFTC30周年のアニバーサリーコラボレーション。

SNAPショップスタッフ・スナップ

BLOGブログ

ブログを始める

RECRUIT求人情報