NEWSファッション、カルチャー、ライフスタイルの最新情報を、ほぼ毎日更新。

日本の若手デザイナーが考える、新しいデニムの姿とは。

日本の若手デザイナーが考える、新しいデニムの姿とは。


1971年に創業されたアメリカを代表するデニムブランド〈ボブソン(Bobson)〉が、この度〈ウェア ボブソン(WHEIR Bobson)〉として新しく生まれ変わって登場します。


デビューコレクションとなる次の秋冬シーズンでは、シンプルかつモダンなデザインに定評のある〈シセ(sise)〉のデザイナーである松井征心をデザイナーに、〈ドクターデニムホンザワ〉代表の本澤裕治を加工監修として起用。新時代の担い手2人の手によって、オーセンティックなデニムアイテムがより洗練された現代的なプロダクトに仕上がりました。


sise3.jpg


パンツのヒップポケットにはボブソンステッチを施し、シャツやコートのバックヨークには同ブランドのモチーフになっているキャトルホーンを元にしたディティールを使用。〈ボブソン〉が持つ世界観を生かしたデザインで表現しています。


sise4.jpg


揺るぎないアイデンティティと技術も持つデニムブランドだからこそ実現した、デニムの新たな可能性を追求した今回の企画。待望のデビューまで、いましばらくお待ちください。


Text_HOUYHNHNM

ウェア ボブソン

www.wheir.jp/#home

RELATED ENTRY関連記事

NEW ENTRY最新記事

  • 日本の若手デザイナーが考える、新しいデニムの姿とは。

SNAPショップスタッフ・スナップ

RANKINGランキング

BLOGブログ

ブログを始める

RECRUIT求人情報