NEWSファッション、カルチャー、ライフスタイルの最新情報を、ほぼ毎日更新。

世界でここだけ。NY発の注目ブランド〈パウ(paa)〉のPOP UPに注目を。

世界でここだけ。NY発の注目ブランド〈パウ(paa)〉のPOP UPに注目を。

photographer_alyson redding,model_johnny king iv


2013年、クラシックスポーツウェアーをコンセプトにニューヨークにて産声をあげたブランド〈パウ(paa)〉をご存知でしょうか。洋服とミュージックビジネスにそれぞれバックグラウンドを持つ2人のデザイナーが構築する服は、ベーシックで透明感のある印象と立体的な手触りを両立し、高い評価を得ています。


paa_spring2016lookbook (3).jpg


この度、「TOMORROWLAND SHIBUYA FLAGSHIP SHOP」にて、世界初のPOP UPを開催することが決まりました。以下〈paa〉デザイナー二人へのインタビューを掲載します。


-まずは〈paa〉がどういったブランドなのか、設立の経緯やコンセプトを教えて下さい。


ノスタルジアなスポーツウェアからインスピレーションを受けたコレクションブランドになります。お互いの趣味など沢山の共通事項があり、自然な流れで"一緒にプロジェクトを開始してブランドを立ち上げよう"となりました。毎日着用出来るというのも大事なコンセプトの一つです。
また開始にあたり私達が一番好きなアイテム、帽子のデザインをしました。一番最初のコレクションは3つのみでしたが・・・もちろん開始当初からトータルブランドでと考えていたのですが、フルラインでデザインをする事が時間的にも不可能だったので、取り敢えずハットのみにしました。何かしら始めなくてはというのがあったので、そんなに多くの取り決めもせずに開始しました。


paa_spring2016lookbook (9).jpg


-今シーズンのテーマ、お気に入りのアイテムは?


毎シーズン、テーマを決めずにデザインしています。各アイテムのデザインにフォーカスをおき、自由な発想でコレクションを構築していきます。コンセプトやテーマからデザインをするとコレクションが偏りますし、前後関係を意識し過ぎてしまうので何も考えずに開始します。説明抜きで商品を見た瞬間〈paa〉というブランドを消費者に認識して欲しいのでデザインにより重きをおいています。
また自分達が毎日着用出来るデザインを心がけているので、全ての商品がお気に入りです。上から下まで一緒に着用する事はありませんが、毎日何かしらは身に着けています。


paa_spring2016lookbook (12).jpg


-面白いファブリックを使用していますが、選択する時のポイントを教えて下さい。また生産を全てUSにしていますが、理由はありますか?


ファブリックの質感、織り、肌触りを一番のポイントにしています。使用する生地によりそれぞれの商品の顔が違ってくるので、生地の選択はデザイン同様大事なプロセスの一つと考えています。
US生産に拘るのは、自分達の目で工程やクオリティーを管理したいからです。より近い工場で生産する事によって急な変更や微調整などもしやすいですし、私たちの様な小さなブランドにはそれがとても大事だと思っています。海外生産の方が安価なので消費者にとってはよいのかもしれませんが、それをしたら私たちの良さが消えてしまいますし、USにあるローカルの工場をサポートしたいというのも大きな理由の一つとなっています。


paa_spring2016lookbook (4).jpg


-趣味が音楽と伺いました。デザインをする上で音楽の影響は強いですか?


音楽は私たちの生活の一部と言っても過言ではありません。今まで育ってきた中にも常にありましたし、現在も切っても切り離せない存在です。音楽自体が好きなのでおきにいりのジャンルを選ぶことは出来ませんがなんでも聴きます。ジャズ、レゲー、ブルース、オールドヒップホップなど・・・どちらかというと、昔の音を好むような気はします。もちろん仕事をしながら音楽は流しますし、デザインのヒントを得たりその音楽の情景からいろいろと創造をしデザインに結びつける事も多々あります。影響?、大変強いですね。


paa_spring2016lookbook (7).jpg


-ルックブックの出来が大変好評ですが、作成するにあたって何に一番気を使っていますか?


デザイン同様これといった決まりごとは何もありません、気も使っていませんし・・・フォトグラファーとは相談しながら商品と背景のバランスには気を使いますが、それは作成中なので開始時には何もありません。友人の協力のもと場所や人物の選定をしてルックブックを作成しているので、かなり自由にやっています。


-〈paa〉というブランドはお二人にとって何ですか?また今後の活動について教えて下さい。


私たちの生活の一部です。特にベーシックなT-Shirt、Hatに関しては、自分たちも商品として今後何十年も着用していくと思います。今後のブランドの展開次第ですが、日常着というのを常にベースにおいてデザインをしていくので、一人でも多くの人と思いを共有出来たら嬉しいです。
また今後の活動ですが、現時点で特別な事をする予定はありません。サポートしてくれているショップとのSMU(スペシャルメイクアップ / 別注)は今後も精力的におこなっていきたいですし、<paa>というブランドの認知度を上げていきたいです。自分たちらしさを失わず毎シーズンクオリティーの高いコレクションを発表し続けていく事を一番に考えてデザインはしていきます。ブランドとしてアイテムがまだまだ少ないので、バッグや靴下などデイリーユーズ出来る商品を中心に今後増やしていけたらと思っています。


paa_spring2016lookbook (11).jpg


--今日は有難うございました。最後に、日本のユーザーに向けてメッセージをお願いします。


私たちが感じている日常を、皆さんにも商品を通して体験して頂けたら大変嬉しく思います。また〈paa〉というブランドを通して通常の生活を少しでもよいものにするお手伝いが出来たらデザイナーとして本望です。まだまだ若いブランドですが、成長を見守って頂けたら幸いです。
こちらこそ本日はこの様な機会を与えて頂き誠に有難うございました。


PAA_LOGO_FNL_BIG.jpeg


POP UPの会期は本日3月25日(金)から。次なるフェイバリットをお探しの方にこそ、一度袖を通していただきたいブランドです。是非この機会に。


Text_Taiyo Nagashima

paa POP UP

会期:3月25日(金)から
場所:トゥモローランド 渋谷本店
住所:渋谷区渋谷1-23-16 1F、B1F 
電話:03-5774-1711
http://www.tomorrowland.co.jp/

RELATED ENTRY関連記事

NEW ENTRY最新記事

Unplugged_Vol3_300_-thumb-300x250-46312

BLOGブログ

ブログを始める

RECRUIT求人情報