NEWSファッション、カルチャー、ライフスタイルの最新情報を、ほぼ毎日更新。

沖縄民藝の歴史の1ページを彩る大事件!? 青山のBLOOM&BRANCHに急げ!

沖縄民藝の歴史の1ページを彩る大事件!? 青山のBLOOM&BRANCHに急げ!


ファッションはもちろん、くらしにまつわる様々なプロダクトを、気品溢れるセレクトセンスでまとめあげた「ブルーム&ブランチ(BLOOM&BRANCH)」。取り扱うアイテムのなかには、民藝のうつわなどが常時ラインナップされているのですが、今回エポックメイキングなイベントを開催するに至ったようです。


沖縄は読谷村で素敵な師弟関係を築かれ、ペルシャンブルーを表現できる唯一無二の存在、北窯・與那原正守氏と、そのお弟子さんで珈琲豆柄シリーズが代表作の工房十鶴・柄溝康助氏の二人展です。これの何がすごいかというと、これまで東京での個展オファーを頑に受けてこなかったと言う與那原氏。今回実現に至った理由としては、最も認めているという愛弟子との共演というところ。


この企画展に合わせた、特別なうつわもあります。


Img50116.jpg


與那原氏は、コロンとした厚く丸みのあるフォルムに、ペルシャンブルーを大胆に流しかけた別注ペルシャ湯呑みセットを。ソーサーはセパレートして、菓子皿・銘々皿としても使えそうです。


Img50123.jpg


柄溝氏は彼のアイコンである珈琲豆を総柄にしたカップ&ソーサーを制作。お気に入りの豆を丁寧にドリップし、優雅な珈琲タイムのお供にどうぞ。


ちなみに、本展のタイトルの中にある「ツクイアシバ」は與那原氏が考案したもので、沖縄の方言「つくりをたのしむ」という意です。伝統的なやちむんのスタイルを守りつつも、高い創作意欲で常に「新しい沖縄」を表現するお二人の企画展にふさわしいタイトルとなりました。


6月3日(金)の18時より両氏を迎え、沖縄にまつわるケータリングとともにレセプションパーティーが、さらに4日(土)にはお2人が店頭に立つとのこと。また、今回は別注品を含めると、1000点ほどが並ぶそうで、これは争奪戦になりそうです。

Text_Ryo Komuta

北窯 與那原正守・工房十鶴 柄溝康助 二人展 ツクイアシバ

会期:5月28日(土)~6月5日(日)
3日(金)18:00~21:00 レセプションパーティー(入場FREE)
4日(土)12:00~19:00 與那原氏・柄溝氏 在廊
営業:11:00~20:00
場所:BLOOM&BRANCH AOYAMA
住所:東京都港区南青山5-10-5 第1九曜ビル101
営業:平日8:00~20:00・土日祝9:00~20:00(COBI COFFEE AOYAMA)、12:00~20:00(THE BAR by Brift H)


北窯 與那原正守
やちむんの里、沖縄県読谷村。4人の親方からなる共同窯、北窯(きたがま)において「與那原ブルー」と云われる鮮やかなペルシャンブルーを表現する與那原正守氏。沖縄の海のような見る人の心を奪ってしまう美しい色彩を表現したり、アジアやアフリカの民藝に影響を受けその雰囲気を落とし込んだりと、唯一無二の独創性の高いうつわを作り続けています。


工房十鶴 柄溝康助
與那原氏に師事し2008年に独立。同じく北窯の宮城正亨氏に師事した聖子氏と共に、工房十鶴を開いた柄溝浩介氏。師匠の独創的なスタイルは受け継ぎつつも、おおらかで奔放、ときにまわりを驚かせるようなユーモラスな作風は彼にしか成し得ない表現です。特に珈琲豆柄シリーズは氏の代表作となり、全国から熱視線を送られる存在となりました。

RELATED ENTRY関連記事

NEW ENTRY最新記事

  • 沖縄民藝の歴史の1ページを彩る大事件!? 青山のBLOOM&BRANCHに急げ!
CC_AD_houyhnhnm_300_250_20170712

BLOGブログ

ブログを始める

RECRUIT求人情報