ヒップなファッション、カルチャー、ライフスタイルWEBマガジン|HOUYHNHNM(フイナム)

HOUYHNHNM

MAGAZINE for the Hip.

NEWS -

失われるかもしれない場所で。音楽フェス「WITNESS TO KOHBARU IN AUTUMN」が開催。

  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE

WTKeye

「水」は、生活を支えるインフラとして、当たり前のようにそこにあります。蛇口から溢れる水は、元をたどればダムへと行き着くわけですが、そんなダムの建設をめぐるひとつのストーリーがここにあります。

長崎県にある小さな集落、川原郷(こうばるごう)。その集落を流れる石木川をせき止めダムを作る計画が立ち上がっているそうで、計画通りに進めば、近い将来この集落は水の底に沈んでしまいます。「WTK – WITNESS TO KOHBARU IN AUTUMN」は、そんな失われるかもしれない場所を舞台に開催される音楽イベントです。

音楽と食を通じて集った参加者それぞれを「立会人(WITNESS)」 として、このダム建設についてみんなで深く考えるきっかけを作ることが、目的のひとつ。参加アーティストは、CaravanSalyu、TOSHI-LOW、東田トモヒロ小林武史など、錚々たるメンバーが揃い、また〈パタゴニア(Patagonia)〉も運営に携わっているのだとか。

wtk1

(左から) Caravan、Salyu

wtk2

(左から) TOSHI-LOW、東田トモヒロ

小林武史

小林武史

当日は地元で採れた食材を生かした料理やマルシェも多数出店予定。最新情報は、オフィシャルサイトにて随時発表されます。また、メーリングリストも用意されているので、ぜひ併せてチェックを。

生活を守るためのインフラをつくるために、誰かの生活が脅かされてしまうということ。自然と音楽と食に恵まれたこのフェスは、きっと多くの人の考えるきっかけになることでしょう。ぜひ足を運んでみてください。

Text_Taiyo Nagashima


WTK – WITNESS TO KOHBARU IN AUTUMN 失われるかもしれない美しい場所で
日程:10月30日(日) *雨天決行(台風などの荒天の場合は中止)
時間:開場 11:00 / 開演 12:00 / 終演 18:00 (予定)
会場:長崎県東彼杵郡川棚町川原郷特設会場
主催:WTK制作委員会
谷川義行(旅する音楽)、江良慶介(kurkku alternative)、小林武史、辻井隆行(パタゴニア日本支社)、東田トモヒロ、松本好央(WTKこうばる準備委員会)、(50音順)
www.kohbaru.org

■ 先行発売チケット:¥5,000 +TAX
9/24(土)発売開始 *e-チケット(発券はいたしません)となります。
*Web (ライブポケット)での販売となります。
■ 前売チケット:¥5,000 +TAX
10/1(土)発売開始 *チケットぴあ、ローソンチケットでの販売となります。 *お一人様4枚までご購入いただけます。
■ 中高生前売りチケット:¥2,000 +TAX
*一旦前売チケット(5,000円)をご購入頂く必要がございます。 *当日学生証の呈示で3,000円をキャッシュバック致します。 *中学生は保護者同伴が必須となります。
■ 当日券:¥5,500 +TAX
*当日会場受付にて販売致します。 *発売開始時間は、開催1週間前までにホームページにてお知らせします。 *お一人様4枚までご購入いただけます。
*小学生以下はご家族同伴に限り、無料です。

  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE
houyhnhnm

WHAT‘S NEW

ニュース、特集、連載の最新情報