ヒップなファッション、カルチャー、ライフスタイルWEBマガジン|HOUYHNHNM(フイナム)

HOUYHNHNM

MAGAZINE for the Hip.

NEWS -

ストリートとアートの架け橋。XLARGE × HAJIME SORAYAMAのレセプションパーティーに潜入!

  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE

xlargesorayama

ストリートで確固たる地位を築く〈エクストララージ「XLARGE®」〉と、 国内外問わず熱狂的なファンを持つアーティスト空山基のコラボレーション。詳しくは前回フイナムで取り上げたニュースをご確認頂くとして、ここでは去る11月18日に「XLARGE HARAJUKU」にて行われた「XLARGE×HAJIME SORAYAMA RECEPTION PARTY」の様子をレポートします。

もともとアートに造詣の深い建築家2人が設立した〈エクストララージ〉は、これまでも多くのアーティストとコラボレーションを実現してきました。常々ストリートとアートの融合を提示してきた〈エクストララージ〉にとって、アートは切っても切り離せない大事なフィロソフィーの1つと言えます。今回の空山氏の起用は、日本ならではの人選でなおかつ世界に発信できるアーティストをと考えたゆえ。〈エクストララージ〉の「OGゴリラ」に空山氏のスペーシーなイラスト。意外な組み合わせに感じるかもしれませんが、しかし出来上がった作品を見れば納得。互いの長所を存分に引き出した刺激的なコラボレーションとなりました。

xlargesorayama3
今回のレセプションでは、空山基氏が〈エクストララージ〉のために書き下ろした原画の展示に加え、普段は公に出ないラフスケッチの展示、さらには空山氏が来場してサイン会が催されるなど、〈エクストララージ〉と空山基両雄のファンにはたまらない内容に。会場にはストリートキッズからアートフリークまで老若男女問わず幅広い層の方々が駆けつけました。

sorayamaog
〈エクストララージ〉のアイコンである「OGゴリラ」も空山氏の手にかかればご覧の通り。ゴリラのシルエットはそのままにロボットにアレンジした「SORAYAMA OG」は、一目でそれと分かる空山氏らしいアレンジが施される、コラボレーションの醍醐味が詰まった仕上がりになりました。中指を立てているのはご愛嬌ということで。

sorayama2
空山氏の代表作である「セクシーロボット」に〈エクストララージ〉のキャミソールを着させたもの。着用しているピンクのキャミソールがロボットの肌に反射するなど、細かな書き込みにも注目。ロボットの硬い質感と服の柔らかい質感のコントラストが美しい作品。

sorayamaxlarage
こちらは貴重な「SORAYAMA OG」のラフスケッチ。中指の向きを模索しながら納得のいく角度を導き出します。完成までの試行錯誤した経過が見られるいい機会。

sorayama
xlargesora1

sora2

sora3
今回のコラボレーションでは、コーチジャケットやスエット、Tシャツなどのアパレルのほか、iフォンケースやマグカップなどの小物類も充実。空山氏の作品を身に纏い、生活の中に落とし込む。アートを身近な存在として感じられるのが、このコラボレーション企画の狙い。詳しい商品情報はコチラからどうぞ。

sorasora
「昨今盛り上がりを見せる90年代のリバイバルに加えて、現在NYではスペーシーやレトロフューチャーといったキーワードが注目されてきています。そういった流れを見ても、今回の空山さんとのコラボレーションは丁度良いタイミングだったと思います」とは〈エクストララージ〉プレスの山田氏

xlargesorayama5
レセプション会場で用意された特別ラベルの瓶ビール。ファンには嬉しいサービス。

sora9
sora7
会場に人が詰め掛けるなか空山氏がついにご来場。羽織っているのはもちろん今回コラボレーションしたコーチジャケット。バックにはご自身によるキュートなイラストが添えられています。

sora
この日のメインイベント、コラボレーションアイテムご購入者に向けて、レセプション当日限定で行われた空山氏のサイン会。空山氏が着席するや否や長蛇の列が並びます。ファンとの会話を楽しみながら、一人ひとり丁寧に接する空山氏。特別に用意されたポスターにその場でサインをいただきました。

sorasorasora
サインの上には「May the FORCE be with you & Trump!」と記したメッセージも。旬なネタを入れ込む、空山氏らしいブラックジョークに思わずニヤリ。良い思い出となりました。

大盛況のうちに幕を閉じた今回のレセプションパーティー。アートを身近なものとして捉える〈エクストララージ〉の取り組みは今後も活発に継続していくそう。こういった活動はアートに興味を持つ良いキッカケにもなるし嬉しいですよね。来年には草間彌生とのコラボレーションも控え、ますますその動向から目が離せません。フイナムでは今後も引き続きチェックしていきます。

Text_Yosuke Ishii


XLARGE® HARAJUKU
住所:東京都渋谷区神宮前4-25-29
時間:11:00〜20:00
電話:03-3475-5696
www.xlarge.jp

  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE
houyhnhnm

WHAT‘S NEW

ニュース、特集、連載の最新情報