ヒップなファッション、カルチャー、ライフスタイルWEBマガジン|HOUYHNHNM(フイナム)

HOUYHNHNM

MAGAZINE for the Hip.

NEWS -

質実剛健と書いて、ウルヴァリンと読む。1000マイルブーツは伊達ではありません!

  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE

IMG_0036_

¥53,000+税

近年スニーカーシーンが著しく活況ですが、“早い”ひとはすでに革靴に狙いを定めているようです。そんななか、自信を持っておすすめできるブランドといえばやはり老舗ということになります。

1914年に誕生し、「1000マイル(約1,600キロ)歩いても壊れない」と言われる程の堅牢なつくりと、 「ソール、アッパーは鋼のように堅く、履き心地はシルクのように柔らかい」 と賛辞される1000マイルブーツでおなじみの〈ウルヴァリン(WOLVERINE)〉もその一つなのではないでしょうか。

IMG_0051_

2017年の新作として、「1000マイルオックスフォード」のコードヴァンNo.8カラーが登場します。ちなみにこちらは日本別注モデル。基本的な仕様はそのままに、これまでオックスフォードスタイルでは採用されなかった明るめのブラウンが新鮮です。

アッパーにはホーウィン社のクロムエクセル®レザーを使用し、 フットベッドにも上質なレザーを使用しています。MADE IN 􏰃􏰄USAならではの質実剛健な作りと存在感がウリです。

IMG_0041

さらに〈ウルヴァリン〉のDNAを受け継いだディフュージョンラインとして展開中の「WOLVERINE ワークカテゴリー」よりモカシンシューズの「JA􏰄SPER」も登場します。

IMG_0065

¥16,000+TAX

こちらは、カナダで企画されたらしいのですが、そのオーセンティックなルックスからはアメリカの空気感が存分に感じられます。

IMG_0061

手に取りやすいプライスも魅力の一つですね。

どちらのシューズも、経年変化が楽しみな仕上がりとなっております。特に1000マイルオックスフォードは最低でも5年、いや10年は履ける一品と断言させていただきます。

Text_Ryo Komuta


株式会社 丸紅フットウェア
住所:東京都中央区日本橋堀留町2-4-3 ユニゾ堀留町2丁目 4F
電話:03-3665-0085

  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE
enyty_short0203

WHAT‘S NEW

ニュース、特集、連載の最新情報