ヒップなファッション、カルチャー、ライフスタイルWEBマガジン|HOUYHNHNM(フイナム)

HOUYHNHNM

MAGAZINE for the Hip.

NEWS -

福岡の雄、FUJITOが設立15年を記念した写真展を開催中。写真家・水谷太郎のアブストラクトな世界をどうぞご堪能あれ。

  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE

fujito1
福岡を拠点にし、確かなものづくりを続けるブランド〈フジト(FUJITO)〉。この度、ブランド設立15年を迎え、福岡・薬院の〈フジト〉のメインストア「Directors」にてフォトグラファー水谷太郎による写真展が開催されています。

本展は、デザイナー藤戸の出身地である佐世保のストリートで、長崎県佐世保出身の海外と日本の混血児たちを被写体に撮影した、モノクロのポートレイト作品により構成されています。

_DSC8920

©︎ 2017 Taro Mizutani 

被写体の大半が現役のスケーターであり、十代の頃からスケートを嗜むデザイナー藤戸のルーツにも踏み込んだ、パーソナルな側面を持った写真群となっています。

161010_0315

©︎ 2017 Taro Mizutani 

“RAINBOWS”というタイトルは“混血児”を意するスラングから。さらに本作を撮影した、写真家の水谷太郎が“RAINBOWS”をテーマに、撮影場所や色柄を交錯させた作品を含む計20点が展示、販売されています。こちらのブログに詳細が掲載されております。

〈フジト〉がこれまでに歩んできた足跡が、一流のクリエイターによって、見事に具現化されています。GWに福岡に行く用事のあるかたはぜひ行ってみてください。

Text_Ryo Komuta


FUJITO 15th Anniversary Photo Exhibition “RAINBOWS” by TARO MIZUTANI
会期:4月28日(金)〜5月7日(日)
会場:Directors
住所:福岡県福岡市中央区警固 3-4-3 東ビル 1F
電話:092-733-3997
営業:12:00〜19:00 会期中無休

水谷太郎
1975年東京都生まれ。東京工芸大学写真学科を卒業後、写真家活動を開始。 現在では男性・女性ファッション誌やファッションブランドの広告撮影をはじめ、アーティストのポートレイトを中心に活躍
それと並行し、自身の作家活動も行う。2013年、4人のファッションフォトグラファーによる合同写真展「流行写真」を主宰・参加。同年11月、Gallery916にて初の個展「New Journal」を行う。 2015年~2016年、AD永戸鉄也との共作展「STILLSCAPE」を東京・神楽坂la kaguを皮切りに福岡、京都にて開催。2016年、Art Photo Tokyo edition zeroにてプロラボTCK主催で行った写真家31人によるコンタクトプリント展「Contact Prints」に参加。写真集に『Here Comes The Blues』(2012)『STILLSCAPE』(2015)

  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE
girlhouyhnhnm_entry_short0615

WHAT‘S NEW

ニュース、特集、連載の最新情報