ヒップなファッション、カルチャー、ライフスタイルWEBマガジン|HOUYHNHNM(フイナム)

HOUYHNHNM

MAGAZINE for the Hip.

NEWS -

ただのサーフブランドではありません。WISMが見出したTOKEN SURFBOARDSとは?

  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE

tokennnn_001

世界中から魂のこもったブランドを拾い上げてくる、人情系セレクトショップ「ウィズム(WISM)」。今回ご紹介するブランドも、「ウィズム」のお眼鏡にかなっただけあり、筋の通ったピュアな思いがぎっしり詰まった骨太系です。

サーフボードのシェイパーをしているクリスティアン・ボルトが2011年にサーフボードを作るためにスタートしたブランド〈トークン サーフボーズ(TOKEN SURFBOARDS)〉。以前、フイナムでも紹介したので、ご存知の方もいるかもしれませんが、今回「ウィズム」では別注のTシャツをリリースします。

Tシャツのグラフィックを説明するのは野暮かなと思いつつ、あえて解説してみます。

tokennnn_002

まず、「LAGOS DEIGHT」とはデザイナーが作っているサーフボードのネーミングで、ロゴ自体はヴィンテージのキャンディーの広告のパロディだそう。

tokennnn_003

tokennnn_004

そして、下にプリントされたアラビア文字はブランド名である〈TOKEN SURFBOARDS〉と書かれています。以前アラビアに行ってサーフィンをした際に、着ていたTシャツがもの凄く褒められたため採用したとのこと。可愛くないですか、このエピソード!?

tokennnn_005

最後に小さい文字で記載されているプリントは、サーフボードを作成するために必要なテクニカルな情報が書いてあり、ブランドを代表するプリントだそうです。

ちなみに、デザイナーのクリスチャンは、事あるごとに「この業界は型にはまりすぎている」「フォーク、プレッピー、トロピカルといった決まったテーマが繰り返され、自分はそのルールに従いたくない」などと言っているようで、トレンドやマーケティングとは無縁のものづくりを続けている、孤高のクリエイターです。

そういった根底の部分で「ウィズム」と共鳴したのでしょう。Tシャツとは、ただの服ではありますが、思想でもあるわけです。共感した方のみ、どうぞお買い上げください。

Text_Ryo Komuta


WISM 渋谷店
電話:03-6418-5034

WISM 堀江店
電話:06-4390-4050 

  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE
girl_houyhnhnm_enyty_short0817

WHAT‘S NEW

ニュース、特集、連載の最新情報