ヒップなファッション、カルチャー、ライフスタイルWEBマガジン|HOUYHNHNM(フイナム)

HOUYHNHNM

MAGAZINE for the Hip.

NEWS -

買うなら今! 初夏にスティーブン アランがすすめる革靴。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

sa_top_DSF2168

先日、『フイナム』では〈スティーブン アラン(Steven Alan)〉が今シーズン、豊富に展開するサンダルを紹介しました。サンダルと同様に、〈スティーブン アラン〉のシューズの中でバリエーションに富んだラインナップを誇るのが革靴です。普遍的なものからちょっと個性的なものまで、クラフトマンシップを感じさせる国内外のシューズブランドが揃っています。

sa1_DSF2177

SOLOVIERE 各¥46,000+TAX

この記事では、その中から代表的なものを紹介。パリの〈ソロヴィエール〉は〈スティーブン アラン〉の別注モデル。一枚革で作られるアッパーの中性的なデザインに特徴があり、どこかエレガントな佇まい。イタリアでも有数の工場で生産されているため、そのクオリティと履き心地は折り紙つきです。

sa2_DSF2170

R.U. ¥58,000+TAX(プレーントゥ)、¥60,000+TAX(Uチップ)

神戸にアトリエを構えるハンドメイドのシューズブランド〈アールユー〉は、無骨さや華美なデザインを程よく排除したシンプルで美しいモデルです。今回は、定番のプレーントゥ「Morris」とUチップ「Kouger」を展開。上質なフレンチカーフで作られたシューズは、歩いたときに返りがよく、足を包み込むような履き心地が楽しめます。

sa3_DSF2174

Sanders 各¥43,000+TAX

英国の老舗メーカー〈サンダース〉は、シューレースのないスリッポンタイプ。一見するとスニーカーのようなデザインに特徴がありますが、スエードを使っているため、さり気なく上品な雰囲気を放っています。カジュアルはもちろん、ドレッシーな格好にも合わせられるユーティリティな靴です。

sa4_DSF2175

NEW ENGLAND ¥49,500+TAX

2アイレットのクラシカルなキャップモカシンは、米国マサチューセッツ州を拠点とする〈ニューイングランド〉のもの。アッパーにはホーウィン社のクロムエクセルレザーを、ソールにはビブラム社製のものを使い、履きこむごとに愛着が湧く一足です。色が黒のため、一般的なボートシューズにはない、品のある仕上がりになっています。

sa5_DSF2173

LABORER for Steven Alan ¥18,000+TAX(ポストマンシューズ)、¥20,000+TAX(ローファー)

アメリカの労働者のシューズから着想を得たクリエーションを行う〈レイバラー〉。グッドイヤーウエルト製法を使いながら、手を出しやすいプライス設定になっているところも嬉しい。今回はオーセンティックなデザインのポストマンシューズとコインローファーの2種類をラインナップ。

好みに合ったデザインや価格など、なかなか難しい革靴選び。今シーズン、幅広いモデルが揃う〈スティーブン アラン〉で、愛着が持てる一足をぜひ見つけてみてはいかがでしょうか。

Text_Ryo Muramatsu


スティーブン アラン トーキョー
住所:東京都渋谷区神南1-19-11 パークウェースクエア2 B1F
営業時間:11:00 〜 21:00
電話:03-5428-4747

スティーブン アラン オオサカ
住所:大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 ショップ&レストラン南館 3F
電話:06-6359-3883

スティーブン アラン オンラインストア
www.stevenalan.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
girlhouyhnhnm_enyty_short0908-2

WHAT‘S NEW

ニュース、特集、連載の最新情報