CLOSE
FEATURE
高橋ラムダのデリバリースタイリング フォー フイナム 。 Vol.02 New Era®編
DELIVERY STYLING For HOUYHNHNM

高橋ラムダのデリバリースタイリング フォー フイナム 。 Vol.02 New Era®編

誰でも知ってる定番ってものには、往々にしてその歴史の長さに比例する色んなルールや先入観がつきもの。例えば〈ニューエラ(New Era®〉のキャップはその典型で、サイズ選びや被り方はもちろんのこと、そのチームやホームタウンへの深い理解無しにおいそれと被っちゃいけない、みたいなムードが一部であったりするのも事実です。でも、〈ニューエラ〉の魅力はそうした深掘りができることだけじゃないはず。自分のキャラやスタイルに合わせて、自由に楽しんだっていいんです。今回ラムダさんから届いたのは、そんな〈ニューエラ〉を使ったフレッシュな3スタイル。キャップやベースボールにまつわるラムダさんの意外なエピソードにも話が及んだフイナム出張版の第2回、最後までお見逃しなく!

  • Styling_Lambda Takahashi
  • Photo_Fumihiko Ikemoto
  • Movie_Yu Okamoto
  • Text & Interview_Rui Konno
  • Model_Tomo
  • Edit_Yosuke Ishii
  • Special Thanks_hobo

PROFILE

高橋ラムダ
スタイリスト

1977年生まれ、東京都出身。「ビームス」で販売員を務めたのち、編集業やヴィンテージウェアのバイイングを経験し、スタイリスト白山春久氏に師事。32歳の独立以降の活躍ぶりは、ファッション好きなら周知の通り。現在は自身のブランド、〈R.M ギャング(R.M GANG)〉にてデザインも行っている。
YouTube:高橋ラムダ
Instagram:@tkhslmd

Focus on_New Era®

(左下)LP 59FIFTY®ニューヨーク・ヤンキース ¥5,500+TAX、(右下)59FIFTY® ロサンゼルス・ドジャース ¥5,500+TAX、(上)9TWENTY™ ニューヨーク・ヤンキース ¥3,800+TAX

Styling01

キャップのロゴの地域性から、あえて逸らしたモノ選び。

〈ニューエラ〉キャップ ¥3,800+TAX、〈パム〉ジャケット ¥48,000+TAX(コンコード ショールーム / 03-6434-7136)、〈アンユーズド〉シャツ ¥35,000+TAX(アルファ PR / 03-5413-3546)、〈フィル ザ ビル〉パンツ ¥29,000+TAX(フィル ザ ビル マーカンタイル / 03-6450-3331)

切り替えが目を引くジャケットを中心に、様々な色を組み合わせたマルチカラーのコーディネイト。配色自体はポップながら、気だるげなルーズサイジングにナードな不良感が漂っている。ややくすんだトーンのものを選ぶと、これだけ色数が多くてもこなれて見えるのが面白い。

ー カーブドバイザーのキャップはヤンキースのロゴですけど、ニューヨーク感はほぼ無いですね。

ラムダ:うん。〈パム〉がイギリスのブランドだったから、足元も〈リーボック〉を合わせることでそういうカルチャーを感じさせるようにしてみました。とは言ってもだいぶミックスだよね。シャツとかはメキシカンだったり、キャップのニューヨークはありつつ、ロンドンっぽいスニーカーとブルゾンで、パンツはイギリス軍が元ネタだろうしね。

ー かなりワイドなパンツですよね。

ラムダ:スノーパンツがベースになってるはず。それをヒザに開口部を付けて夏仕様にした、〈フィル ザ ビル〉のやつ。ざっくりとした質感で、これはちょっとリネンが入ってるのかな?

ー なるほど。意図的にキャップのロゴには意味を持たせなかったと。

ラムダ:どうしても〈ニューエラ〉って縛りがカタく思われがちと言うか、カルチャーに囚われちゃうところがあると思うんだけど、特にこのカーブドバイザーはラフに、自由に合わせた方がおもしろいのかなって。敢えてロンドンに振ったスタイリングにしてみました。アメリカっぽく感じさせないペールトーンの組み合わせ。

ー ベースボールキャップですけど、ちょっとヨーロッパのサッカー好きのキッズみたいですよね。

ラムダ:フーリガンみたいなね。配色もそうかも知れない。カーキ、ネイビーにバーガンディとか。ちょっとブリティッシュっぽいでしょ。あとはキャップとスニーカーのボリュームの少なさもロンドンっぽいのかな。このぐらいが上品に見える気がする。

ー 髪の毛とキャップのサジ加減についても教えてもらえますか?

ラムダ:髪ってぼくの中でもすごく重要で、髪の毛にあんまり意識がいってる男の子が好きじゃないんですよ。ひたすら鏡見て髪をいじってるようなのが。でも、これはただ乗せただけって感じがいいなと思ってる。国とかカルチャーによって、こうやってただ乗せるだけの人もいれば前髪を全部しまう人もいるじゃない? ここでだいぶキャラクターの演出ができるのかなって気がしてる。

ー こういうラフな前髪の出し方だと、ちょっとナードに見えますね。

ラムダ:ナードなんだけど、不良だよね。服は好きだけど、細かいとこまで意識が行き届いてない感じがポイントなのかな。家出る瞬間に髪を押さえるために鏡も見ずに乗せて出てきました、みたいな。これで鏡を見ながら前髪セットされたりするとちょっとげんなりしちゃう。ロンドンのストリートキッズっぽいイナタさを表現する上ではそこも一役買ってるのかな。

INFORMATION

高橋ラムダ DELIVERY STYLING

Youtube:高橋ラムダ
Instagram:@tkhslmd

New Era®

neweracap.jp

STUDIO EQUIPMENT

〈ホーボー〉パッチワーククッションL  ¥ 23,000+TAX、パッチワーククッションM ¥ 9,000+TAX、トートバッグL ¥18,500+TAX、トートバッグM ¥13,5000+TAX、ショルダーバッグ ¥10,000+TAX(ベンダー / 03-6452-3072)

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事#デリバリースタイリング

もっと見る