CLOSE
FEATURE | TIE UP
で、サスティナブルってなんなのさ? 渋谷PARCOで見つけた、それぞれの答え。
So what does CYCLE mean?

で、サスティナブルってなんなのさ?
渋谷PARCOで見つけた、それぞれの答え。

ファッションは、どうやらサスじゃない。CO2の排出、化学物質や大量の水の使用、化繊の洗浄による水質汚染、天井知らずの繊維廃棄……と枚挙にいとまがなく、地球環境への負荷はもはや明々白々。“サスティナブル”、それは、これからさきも衣食住を営むわれわれに、否応なくついてまわるキーワードです。でも、正直なハナシ。ここ日本では、どこかとらえどころなく、なまじ単語ばかりが一人歩きしている感もある。そこで、渋谷PARCOへ。“環境に配慮した次世代型ビル”を標榜する彼らは、おりしも、“CYCLE(循環)”をテーマにしたサスティナブルな商品やサービス、エキシビションを開催中。ファッションにゆかりある2組とともに、お勉強がてら、キャンペーンに参加中の6店舗を巡ってきました。ファッションと地球環境のこと、ここらでいちど、見つめ直してみませんか?

  • Photo_Shintaro Yoshimatsu
  • Text_Masahiro Kosaka/CORNELL(Film Miyato)
  • Edit_Yuri Sudo

MichelとYuriの場合

PROFILE

Blanche Market

オーナーのYuriさんとディレクターのMichellさんがふたりで営む、実店舗を持たない移動式のヴィンテージショップ。品と純粋な心をもちあわせた女性をイメージした同ショップは、ヨーロッパで買い付け、オンラインストアやPOP UPイベントでの販売を行っている。セレクトする服はもちろんのこと、世の中に発信しつづける姿勢にも注目が集まっている。@blanche_market

かわいいとサスティナブルをどちらも諦めない。

ーさて、ここからは「ブロンシュ マーケット」(以下ブロンシュ)のおふたりと一緒に「渋谷パルコ」を巡っていきます。まずはイベント時はもちろん、普段からサスティナブルを推奨しているという「k3」へ。

Yuri:初めて来ました! ここはどういうブランドが入っているんですか?

ー国内外からセレクトしたブランドが集まっていて、いまの期間におすすめなのは〈スウェーディッシュ ストッキング〉。リサイクル素材を80%~100%使用してレッグウェアを作っていて、さらに古くなったストッキングを回収して粉状にし、家具やディスプレイ什器、オイルタンクなどにしているブランドみたいです。

Michell:普段ストッキングはあんまり履かないんですけど、こういうかわいいアイテムがあったらいいですね。気分もあがりそう。

Yuri:フルレングスのものも短い丈のものもあるんですね。回収はどんなストッキングでも大丈夫なんですかね…?

ー基本的にはそうみたいです。毎シーズン対応していて、生産するときも自然由来のエネルギーで作っているそうです。

ー次は、〈ジーヴィージーヴィー(G.V.G.V.)〉のこちら。

Michell:ポンチョみたいでかわいい! ポケットもたくさんついていて、フェスの時に活躍しそう。Yuri、こういうの持ってなかったけ?

Yuri:これに似た服、持ってる(笑)。こういうの好きですね。デザイン性があるから、コットン素材でもカジュアルになりすぎないのがいい。丈感も前後で違ったりするから、前からと後ろからの見え方がちがっていてかわいいですね。

ーこれもリサイクル糸を100%使用しているそう。撥水加工もされているので、まさに野外のイベントにもぴったり!

Yuri:腰元にあるドローコードを絞って、フォルムをすこし変えたりもできるので、いろんなパターンで着られそう。でも、これサスティナブルな素材を使っているって、言われないとわからないですね。

ーたしかに、かわいさと両立されているのがすごいですね。最後は、日本で回収されたペットボトルが9割含有されているというニット素材のフラットシューズ。ブランドは〈ノード(NODO)〉です。

Michell:夏に履いている女の子、多いイメージです。ちょっとしたカラフルな要素をコーディネートに足したいときによさそう。

Yuri:持ってみたらすごく軽いです。ソールがゴムで歩きやすそうだし、靴ずれもしなそう。

ーここで余談ですが、おふたりのファッションの趣味を聞きたいです。

Yuri:好きだと思うものや良いと思うものはいっしょだけど、似合うものがそれぞれ違う。ざっくりとした方向性はいっしょですね。Michellはワンピースとかスカートとかっていうよりかは、パンツとかパーカーとか、どちらかというとラフなメンズのスタイルが似合う気がします。あと身長も170cmあるから、身長が高いことを生かした格好かな。

ー逆にMichellさんから見て、Yuriさんはどうですか?

Michell:Yuriは洗練されたものが似合うかな。きれいめだけどちょっと着崩した感じとか、ドレッシーだけど、インナーにTシャツ着てたりとか、そういうスタイルがYuriっぽいですね。私はコットンとかスエットとかが似合うけど、彼女はサテンとかベロアとか。色でいうと私は淡い色とか…?

Yuri:そう、スプリングカラーとかぱっと明るい色だね。

Michell:Yuriは、オータムウィンターみたいな落ち着いたトーンかな。ダークまでいかないけど。

ーなるほど、おふたりは大まかな方向性は同じだけれど、細かく見ると真逆のスタイルなんですね。買い付けのときはどのようにしているんですか?

Michell:数を多く仕入れなきゃいけないので、これはこうだからいい、これはあれに合いそうだかとかよりも、直感を最優先にしています。お互いいいなと思うものをピックアップして、集合して並べて、いっしょにジャッジをしていくという方法です。趣味はかけはなれていないけど、すこし感性が違う。お互いの趣味が融合されているからいいのかな。バランスがいいというか。

  

ーブロンシュが支持されている理由がわかった気がします! おふたりのセレクトには、マニッシュなひともガーリーなひとも、どこか共鳴できるポイントがあるんですね。

k3(2F)

国内外のエッジの効いた、気鋭ブランドをセレクトする「k3」。イベント期間中は、ミレニアル世代のデザイナーが作るエシカルブランド「SWEDISH STOCKINGS」や、アッパーに3Dニットを用いたフラットシューズブランド〈NODO〉などを中心とした、サスティナブルかつモードなアイテムが並ぶ。ファッション心をくすぐられるだけではなく、新たな学びも得られるテナント。
電話:03-6809-0220
@k3_shibuya_parco
https://shibuya.parco.jp/shop/detail/?cd=025712

INFORMATION

PARCO CRUISE SUSTAINABLE FASHION CAMPAIGN “CYCLE”

①サスティナブル商品10%ペイバック
渋谷パルコ館内で「サスティナブル関連商品」を含む、税込5,000円以上をポケパル払いでお支払いいただくと、10%ペイバック。
※対象商品は各店舗にご確認ください。
※5,000円毎に500円分のお買物券を進呈。
※先着500名様。
※ペイバックの上限は5万円まで。
※お一人様一回限り。
※同一ショップでのみ合算可。
期間:3月25日(木)~4月5日(月)
引換場所:5F PARCO セゾンカウンター

②ウェブマガジン“HOUYHNHNM”屋上フリーマーケット
「ニューヴィンテージ」をテーマに、80年代以降に生まれた服や音楽が一堂に集結!フイナム編集部の私物や、奥冨直人さんのDJも!
期間:4月3日(土)11:00〜20:00

③YEAH RIGHT!! presents 「CYCLE POP UP STORE」
ブランドの過去在庫をアップサイクルし、生まれ変わった新しい商品として販売。モデルで女優の水原希子さんが手掛けるブランド「OK」からも出品。
期間:3月25日(木)~4月4日(日)
場所:3F POP UP SPACE(GYSER PARCO内)& 4F POP UP SPACE(PORT PARCO内)

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事#渋谷PARCO

もっと見る