CLOSE
FEATURE | TIE UP
で、サスティナブルってなんなのさ? 渋谷PARCOで見つけた、それぞれの答え。
So what does CYCLE mean?

で、サスティナブルってなんなのさ?
渋谷PARCOで見つけた、それぞれの答え。

ファッションは、どうやらサスじゃない。CO2の排出、化学物質や大量の水の使用、化繊の洗浄による水質汚染、天井知らずの繊維廃棄……と枚挙にいとまがなく、地球環境への負荷はもはや明々白々。“サスティナブル”、それは、これからさきも衣食住を営むわれわれに、否応なくついてまわるキーワードです。でも、正直なハナシ。ここ日本では、どこかとらえどころなく、なまじ単語ばかりが一人歩きしている感もある。そこで、渋谷PARCOへ。“環境に配慮した次世代型ビル”を標榜する彼らは、おりしも、“CYCLE(循環)”をテーマにしたサスティナブルな商品やサービス、エキシビションを開催中。ファッションにゆかりある2組とともに、お勉強がてら、キャンペーンに参加中の6店舗を巡ってきました。ファッションと地球環境のこと、ここらでいちど、見つめ直してみませんか?

  • Photo_Shintaro Yoshimatsu
  • Text_Masahiro Kosaka/CORNELL(Film Miyato)
  • Edit_Yuri Sudo

ー3店舗まわってみましたが、改めてブロンシュのサスティナブルな取り組みについて聞かせてください。

Yuri:実はいまちょうど、端切れでトートバッグとまくらカバーを作っているところです。パリでの買い付けのときに、生地の端切れや古いカーテン、絨毯を目にすることが多くて。どれも柄や素材がかわいいので、いつかなにかに使いたいなと思って買っていたんです。

Michell:これまでサスティナブルについて考えることはお互いあったんですが、実際に何かしていきたいねと話しているのは、ここ一年くらいですね。

異なる素材、異なる柄の生地を、パッチワークのように組み合わせている。4月頭に発売予定。

ー部屋にあってもパッと映えそうで、素敵ですね。使い勝手もよさそう。

Yuri:あとはサスティナブルからは少しずれてしまうのですが、ブロンシュで「ベジマンデー」というのをやっています。(#blanche_veggy_monday

Michell:月曜日だけはノーミートにしようという、一種のムーブメントをおこそうという取り組みですね。あたりまえのように食事にお肉とかが出てくる習慣を変えていきたい。毎週Yuriがつくったノーミートのごはんを写真とレシピとともに載せています。環境を意識したことをブロンシュでも発信しているんです。

ーいつからやられているんですか?

Yuri:ここ1ヶ月くらいですね。やっぱり「お肉なしで作りたいけどどうやって作ったらいいかわからない」というひとも多いみたいで、これだったら作れるかもっていうきっかけづくりにはなっているみたいですね。

ーいろんな切り口がありますね。

Yuri:そうですね、わたしたちの主な活動である古着販売も、循環するという意味ではリサイクルな考え方にのっとっていて。古着でもこんなに楽しくおしゃれができることを提案したいし、オリジナルの商品についても、もともとあるものを使って必要な分だけ作るようにしています。

ーおふたりが日常的にやっていることはありますか?

Michell:できる限りお肉などの動物製品をとらない、本皮のものを持たない、ですね。あとはエコバッグとかもも、もっと当たり前になっていく世の中になればいいなとは思います。いままで普通とされていたものを変えていく時期だから、それをブロンシュもわたしたちもちゃんと実践していきたい。

“オシャレをしながら環境問題について考える”というのが私たちのテーマなので、ブロンシュのファンの皆さんにもその意識が自然と根付くような活動をしていきたい。

ーきっかけになったのはやはりコロナでしょうか。

Michell:そうですね、いいきっかけになりました。知らないでやってるよりも知ってやっているほうが意味があるから、まず知ろうとすることが大事だと思います。知ったうえで、あとはどう選択するか。

ーYuriさんはどうでしょう?

Yuri:わたしも身につけるものはもちろん、食事に関してもその意識はありますね。100%ではないけれど、できるだけ動物性のものはとらないようにしています。また自炊をするときに野菜の切れ端を、出汁につかってみたり。買ったものはすべて使い切るとか。自分なりにできることをやっています。

Yuriさんのご自宅にて。野菜の切れ端から出汁をとっている様子。

ーそういう意識が根底にあるからこそ、ブロンシュでやっていることにもすごく筋が通っているように感じました。ありがとうございました! ちなみに、さっき言ってた毛布のお写真を…

Yuri:いやいやいやいや(笑)。本当に雑巾みたいな感じなんで。

Michell:まったく映えない! あれが世にでるのは、ちょっとうれしい気もするけど、絵面は絶対だめだよね(笑)。

ーでは、読者のみなさんには想像にとどめておいてもらうということで(笑)。ありがとうございました!

INFORMATION

PARCO CRUISE SUSTAINABLE FASHION CAMPAIGN “CYCLE”

①サスティナブル商品10%ペイバック
渋谷パルコ館内で「サスティナブル関連商品」を含む、税込5,000円以上をポケパル払いでお支払いいただくと、10%ペイバック。
※対象商品は各店舗にご確認ください。
※5,000円毎に500円分のお買物券を進呈。
※先着500名様。
※ペイバックの上限は5万円まで。
※お一人様一回限り。
※同一ショップでのみ合算可。
期間:3月25日(木)~4月5日(月)
引換場所:5F PARCO セゾンカウンター

②ウェブマガジン“HOUYHNHNM”屋上フリーマーケット
「ニューヴィンテージ」をテーマに、80年代以降に生まれた服や音楽が一堂に集結!フイナム編集部の私物や、奥冨直人さんのDJも!
期間:4月3日(土)11:00〜20:00

③YEAH RIGHT!! presents 「CYCLE POP UP STORE」
ブランドの過去在庫をアップサイクルし、生まれ変わった新しい商品として販売。モデルで女優の水原希子さんが手掛けるブランド「OK」からも出品。
期間:3月25日(木)~4月4日(日)
場所:3F POP UP SPACE(GYSER PARCO内)& 4F POP UP SPACE(PORT PARCO内)

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事#渋谷PARCO

もっと見る