HOME  >  FASHION  >  FEATURE

FASHION_FEATURE

  • OLD
  • NEW

TIMBUK2 LABORATORY~ティンバック2を知る為の3ステップ~

2014.06.17

このエントリーをはてなブックマークに追加
気になるプロダクト 其の参 カリフォルニアライン
ff_tinbak2_laboratory_vol02_sub_20.jpg
シティ使いだったら「カリフォルニアライン」。
80年代サンフランシスコのカルチャーに思いを馳せ、ヴィンテージのティンバックからインスパイアされてスタートした「カリフォルニアライン」。より"今っぽい"ラインナップですが、従来の高い機能性はまったく損なわれていません。
ff_tinbak2_laboratory_vol02_sub_21.jpg
ヘイトパック
「ヘイトパック」はレイドバックした雰囲気が魅力のキャンパスパック。一番外側のポケットにはサングラス、真ん中のポケットには財布や鍵、メインのコンポーネントにはタオルやラップトップ(15インチまで)を収納して、U字ロックポケットでドリンクを携帯すれば、快適に都会でのチルアウトを満喫することができます。スケボーでの移動にはこれが一番ぴったりかもしれません。
ff_tinbak2_laboratory_vol02_sub_22.jpg
アクティブなライフスタイルを連想させる気持ちのいいカラーリングが印象的なコチラ。素材には高密度の900D Poly Oxfordを使用しているため、カリフォルニアのビーチ沿いでも中身が濡れる心配はありません。
ff_tinbak2_laboratory_vol02_sub_23.jpg
テレグラフパック
この少しイナたいフォルムとカラーが素敵な「テレグラフパック」。先ほど紹介した「ヘイトパック」よりも、よりシンプルな作りのモデルですが、外側のチェーンにはアクセサリーをつけて自由にカスタマイズが可能。自身のバックグランドをアピールするチャンスです。
ff_tinbak2_laboratory_vol02_sub_24.jpg
また、バッグの側面に配されたコンプレッションストラップを使えば、荷物が少ないときにバッグを絞ることも可能。ショルダーストラップはパッド付きで背負い心地も上々です。
ff_tinbak2_laboratory_vol02_sub_25.jpg
「エンバカデロメッセンジャー」
最後に紹介するのは、クラシックなデザインでコンパクトな「エンバカデロメッセンジャー」。1980年代のサンフランシスコの空気を意識したカラーは特に女性にオススメです。ベロクロで閉まるので、中身が濡れたりこぼれ落ちたりする心配もありません。フロント部分にはキーキーパー付きのポケットと、サイドから中身を取り出せる小物用ポケットの2つがついています。
ff_tinbak2_laboratory_vol02_sub_26.jpg
内側には、タブレットや本などを収納するためのスラッシュポケットつき。"スポーツ"が気分の今季こそ、トライアルメッセンジャーとしてこちらのバッグを試してみてはいかがでしょうか。

伊藤忠ファッションシステム株式会社
電話:03-6439-3158
www.timbuk2-jp.com/
www.facebook.com/timbuk2japan

BACK 1  2  3  4  5  6  7

FASHION FEATURE TOP

  • OLD
  • NEW

Post

ショップから発信する、ショップスタッフスナップ。

Ranking

前日の人気記事をランキング形式で紹介します。

BLOGALL

クリエーターとショップ&ブランドスタッフによるブログ

JOB BOARD

アパレル関連の求人情報。

good thing