FEATURE様々なカルチャーに関わるヒト、モノ、コトを独自の視点で徹底取材し、特集形式で紹介します。

"履いて試す" 男がパラブーツをフルスイングしたワケ。

"履いて試す" 男がパラブーツをフルスイングしたワケ。

京都、大阪でゆるぎない地盤を築き、東京への進出も視野に入れる関西の雄「ロフトマン」。全店を統括するチーフバイヤー、中西正拡さんが〈パラブーツ(Paraboot)〉に目をつけたのはいまから10年ちかく前のことだった。アメカジに精通し、愛してやまないバイヤーをしてフランスの老舗には抗えない魅力があったという。それは端的にいってしまえばアメリカのプロダクトにつうじる機能美、そしてフランスがはぐくんだエフォートレスな空気感、となる。名作「ミカエル」、「シャンボード」につづく三本目の柱とすべく仕入れたのが、「フォトン」だ。

Photo_Masahiro Arimoto(Interview)、Masaki Sato(Still Life)
Text_Kei Takegawa
Edit_Ryo Muramatsu

ENTER

RELATED ENTRY関連記事

NEW ENTRY最新記事

  • "履いて試す" 男がパラブーツをフルスイングしたワケ。
CC_AD_houyhnhnm_300_250_20170712

BLOGブログ

ブログを始める

RECRUIT求人情報