HOUYHNHNM

FEATURE|PUMA TSUGI SHINSEI プーマの新たな意欲作を、小木 “Poggy” 基史はどう見たか?

プーマの新たな意欲作を、小木 “Poggy” 基史はどう見たか?

PUMA TSUGI SHINSEI

プーマの新たな意欲作を、小木 “Poggy” 基史はどう見たか?

プーマからこの春リリースされた「TSUGI SHINSEI」は、その名の通り、ブランドの次なる代表作となる可能性を秘めた意欲作。モード、ストリート、スポーツなどあらゆる要素が交錯する近年のファッションシーンにおいて、プーマの新たな試みはどのように受け止められるのか? 「ユナイテッドアローズ&サンズ」のディレクター小木 “Poggy” 基史さんに、このスニーカーの印象や履きこなす際のポイントを聞いてみました。

  • Photo_Hiroyuki Takashima
  • Text_Issey Enomoto
  • Edit_Ryo Muramatsu
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「TSUGI SHINSEI」はプーマにとって新たな挑戦。

—小木さんが最初に「TSUGI SHINSEI」を見たときの印象を教えていただけますか。

小木:これまでのプーマのスニーカーとはまた違った、斬新なデザインだなという印象を受けました。

自分を含め、セレクトショップの人たちがスニーカーを選ぶ際、スリッポンを好む傾向があります。コーディネートを考えるにあたって、シューレースが主張しすぎると、足元がごちゃごちゃしてしまいがちですから。なので、スニーカーにおいてシューレースというのは、コーディネートにおけるひとつのポイントになってくるのかなと思います。

その点、この「TSUGI SHINSEI」はシューレースを側面に配置しているので、見た目がスリッポンっぽい。でも一般的なスリッポンと違って、適度なボリューム感がある。これまでにないユニークなデザインですよね。

次の世代に向けた新しいスニーカーを、という思いが込められた “TSUGI” という名前も面白い。日本を好きな海外の人にも刺さりそうなネーミングです。

—ファッション的な観点から見て、この「TSUGI SHINSEI」のデザインはどう映りますか?

小木:自分たちはスニーカーショップではなくセレクトショップなので、あくまでもコーディネートの一部としてスニーカーを捉えています。この「TSUGI SHINSEI」もそうですが、最近のプーマのスニーカーは、ハイテクのテイストがありながら、ローテク感が適度に残っている。だからコーディネートに取り入れやすいんですよね。

—小木さんはどちらかとういと、「スウェード」や「クライド」といったクラシックなスニーカーを好んで履いている印象がありますが、こういったハイテク系を履くこともありますか?

小木:たしかに基本的にはクラシック系が好きですが、ハイテク系もたまに履きますよ。古着やジーンズの足元にあえてあわせることが多いです。

—この「TSUGI SHINSEI」、小木さんならどんなスタイリングにあわせたいですか?

小木:シンプルなのでどんな着こなしにもハマりそうですが、個人的には裾がリブになっているパンツや、丈が短めのパンツの足元にあわせると映えそうかなと思います。

—履き心地はいかがですか?

小木:足入れも良く、すごく履きやすいですね。ほどよいフィット感がありながら、締め付けがそれほど強くないので、長時間履いていても疲れにくそうです。

TSUGI SHINSEI(限定モデル) ¥12,500+TAX

—ローンチにあわせてリリースされるスペシャルモデルについて教えてください。

小木:「TSUGI SHINSEI」のリリースにあたって、ニューヨークの「KITH」でローンチイベントがあり、続いてパリの「コレット」、そして日本では「ユナイテッドアローズ&サンズ」で先行発売されます。と同時に、ローンチを記念したスペシャルモデルが各店舗で限定発売されます。世界150足限定です。うちのお店での展開については「KITH」のロニー・フィーグから直々にオファーがあり、二つ返事で快諾しました。

シックな配色の通常ラインも魅力的ですが、このスペシャルモデルもすごくいいカラーリングですね。配色が変わることでこんなにも印象が変わるのかと驚かされます。

—「TSUGI SHINSEI」も含め、最近のプーマについてどう思われますか?

小木:ニューヨークやLA発のストリートとモードとスポーツが結びついた流れをいち早くキャッチし、その流れを象徴する「KITH」のようなブランドと積極的にコラボレーションを展開していますよね。そういったプーマの意欲的なアクションを、「ユナイテッドアローズ&サンズ」としても個人的にもとても楽しみにしています。

この「TSUGI SHINSEI」もプーマにとって新たな挑戦だと思います。昔のプーマを知るぼくたちの世代にとって、こういうデザインのモデルは新鮮に感じるとともに、いまの若い世代にも受け入れられそうですね。

小木 “Poggy” 基史
1976年生まれ。’97年、ユナイテッドアローズ入社。セールスやプレス担当を経て、2006年にセレクトショップ「リカー、ウーマン&ティアーズ」をオープン。’10年より「ユナイテッドアローズ&サンズ」のディレクターを務める。www.unitedarrowsandsons.jp

シューレースをアッパー側面に配置したユニークなデザインが印象的なプーマの新作。反発性と衝撃吸収性を兼ね備えたIGNITEフォームの新しいソールを採用しているうえ、履き口にはネオプレーンとゴムバンドを配することで、快適な履き心地とスムーズな着脱を実現。ヒールを踏んでサンダル感覚で履くこともできる。TSUGI SHINSEI ¥12,500+TAX

東京・原宿の「ユナイテッドアローズ&サンズ」で発売中の「TSUGI SHINSEI」。特別に作られたという、スニーカーの名前があしらわれた大きなミラーとブルーの透明の什器を用いたディスプレーが印象的。4月17日現在、まだ限定モデルの在庫も少量残っているそう。気になる方は、早めの問い合わせがおすすめだ。

プーマ お客様サービス

電話:0120-125-150
www.puma.com
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Page Top