ヒップなファッション、カルチャー、ライフスタイルWEBマガジン|HOUYHNHNM(フイナム)

HOUYHNHNM

MAGAZINE for the Hip.

NEWS -

快適な旅を演出するヘッド ポーターの “黒” の提案。

  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE

_MG_8967

左からキャリーバッグを除いて、TRAVEL SHOULDER BAG ¥15,500+TAX / GARMENT CASE ¥37,000+TAX / TOTE BAG ¥25,000+TAX / 3WAY BRIEF CASE ¥35,000+TAX / BRIEF CASE ¥24,000+TAX / DOCUMENT SHOULDER BAG ¥18,000+TAX

ゴールデンウィークを控え、旅行の計画を立てている方も多いのではないでしょうか。旅そのものを充実させるためには、“旅のお供” を吟味する必要がありそうです。

ヘッド ポーター(HEAD PORTER)〉のなかでも不動の人気を誇る “黒” に特化したバッグのシリーズ「BLACK BEAUTY」に「BUSINESS LINE」が誕生しました。

最大の魅力は、バッグの背面のスリーブをスーツケースのハンドルに固定できるところ。塞がる片手を自由にすることができます。〈ヘッド ポーター〉初となるガーメントケースを含め、用途や目的に合わせて選べる全6型がお目見えしました。

p2

上 Wheelie Flight Deck ¥38,000+TAX 下 Wheelie Double Deck ¥45,000+TAX

さらに、〈HEAD PORTER PLUS(ヘッド ポーター プラス)〉のトラベルライン「excursion」と〈バートン(BURTON)〉によるコラボレーションアイテムも発売されました。上の写真のキャリーバッグには、ヨットの帆の開発でも知られる「DIMENSION-POLYANT」社の素材「X-PAC」を使用。ナイロンとポリエステルなどを混合させた独自の生地は、出先で起こる突然の雨にも対応できる撥水性を持ち、軽量で高い強度を誇ります。

今季、提案された “旅のお供” のキーワードはどうやら “黒” 。やはり〈ヘッド ポーター〉の質実剛健なものづくりに過度な装飾はいりませんね。

Text_HOUYHNHNM


HEAD PORTER TOKYO
住所:東京都渋谷区神宮前3-21-12
電話:03-5771-2621

  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE
2017_0801_uniqlo_entry_840_150

WHAT‘S NEW

ニュース、特集、連載の最新情報