ヒップなファッション、カルチャー、ライフスタイルWEBマガジン|HOUYHNHNM(フイナム)

HOUYHNHNM

MAGAZINE for the Hip.

NEWS -

背中で語るとは正にこういうこと。ハイドアンドシークとクロームによる硬派なバッグパック。

  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE

ChromeIndustries_ForHideAndSeek_SF-1
有為転変は東京ストリートシーンの常。新しい流行ができれば雨後の筍のごとくブランドが誕生し、その流行が過ぎ去れば三日見ぬ間の桜ように消えてゆきます。そんなシーンにおいて、20年以上にわたり一線に立ち続ける〈ハイドアンドシーク(HideandSeek)〉は、ある意味希有な存在かもしれません。

きっと長年ブレずにストリートに対して愚直で居続けたからこそ、いまでも強い存在感を示すことができるのでしょう。2017SSのスポットとしてリリースされる〈クローム・インダストリーズ(CHROME INDUSTRIES)〉とのコラボレーションバッグからも、その真意を感じることができます。

ChromeIndustries_ForHideAndSeek_SF-20

HideandSeek × CHROME INDUSTRIES THE ORP ¥12,800

軽量かつ防水性に長けたロールトップ式のデイパック「ORP」をベースボディに採用し、「FOR HIDE AND SEEK H.S.」のロゴを背面に堂々レイアウト。ロゴのみの潔いアレンジなのに妙な説得力を感じさせるのは、〈ハイドアンドシーク〉のブランド力に他なりません。シンプルでありながら、しかし力強いルックスに仕上がっています。文字通り“背中で語る”バッグパックといえそうです。

ChromeIndustries_ForHideAndSeek_SF-22

ChromeIndustries_ForHideAndSeek_SF-6

今作で3回目となる両ブランドのコラボレーション。アメリカ西海岸のカルチャーを背景にした〈ハイドアンドシーク〉と、サンフランシスコのメッセンジャーやアーバンサイクラーから絶大なる支持を得る〈クローム・インダストリーズ〉との親和性は言わずもがな最高です。リアリティを追求した、ストリートの真髄を存分に味わうことができるプロダクツとなっています。

Text_Yosuke Ishii


HIDEANDSEEK FLAGSHOP
住所:東京都渋谷区神宮前6-19-17 ペリエ神宮前2F
電話;03-6427-2905
www.hideandseektokyo.com

  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE
girlhouyhnhnm_entry_short0615

WHAT‘S NEW

ニュース、特集、連載の最新情報