FEATURE様々なカルチャーに関わるヒト、モノ、コトを独自の視点で徹底取材し、特集形式で紹介します。

雨降る都市で生まれた、ハイブリッドなレインコート。 Norwegian Rain from Rainy City.

Norwegian Rain from Rainy City.

雨降る都市で生まれた、ハイブリッドなレインコート。

ヨーロッパで最も雨の降る街として知られるノルウェーのベルゲンで、2009年にひとつのレインコート・ブランドが誕生した。その名も〈ノルウェージャン・レイン(Norwegian Rain)〉。雨水の浸入を防ぐ"機能"と、テーラリングを軸とした"デザイン"が、バランスよく共存したハイブリッドなレインコートを展開し、世界的な認知度を高めている。デザイナーを務めるT-マイケルは、ビスポークテーラーとしての技術と経験の持ち主。彼のモノ作りに対する哲学が、どのようにクリエーションに反映されているのか? T-マイケルが抱く、デザインの真髄に迫る。

Photo_Masahiro Arimoto
Text_Yuichiro Tsuji

ENTER

RELATED ENTRY関連記事

NEW ENTRY最新記事

  • 雨降る都市で生まれた、ハイブリッドなレインコート。
TROT_LC_640_533

BLOGブログ

ブログを始める

RECRUIT求人情報