HOUYHNHNM

FEATURE|adidas Originals SEEULATER アディダスの「シーユーレイター」にまた会えた!

アディダスの「シーユーレイター」にまた会えた!

adidas Originals SEEULATER

アディダスの「シーユーレイター」にまた会えた!

1995年に誕生した〈アディダス〉の「シーユーレイター」がこのたび〈アディダス オリジナルス〉から復刻されます。それに先駆けて〈アディダス〉のグローバルプロジェクト〈コンソーシアム〉の一員である「ミタスニーカーズ」から別注モデルが登場。そもそも「シーユーレイター」ってどんなスニーカー? その一風変わった名前の由来は? このモデルの復刻や別注に携わったふたりのキーマンに根掘り葉掘り聞いてみました。今回は特別に日英のバイリンガルでお届けします。

Introduced in 1995, Seeulater by adidas is in line to be re-issued by adidas Originals. In anticipation, mita sneakers, a member of adidas’ global “Consortium” project, will introduce their own re-work model. What is Seeulater in the first place? And where does the unusual name come from? We delve into the details with two key persons involved in the reissue and custom re-works of this model.

  • Photo_Kazumasa Takeuchi
  • Text_Issey Enomoto
  • Translation_Daisuke Sato
  • Edit_Hiroshi Yamamoto
  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE

左:国井栄之 / 「ミタスニーカーズ」 クリエイティブディレクター
右:高橋 勤 /〈アディダス オリジナルス〉デザインディレクター
Left: Shigeyuki Kunii.Creative Director, mita sneakers.
Right: Tsutomu Takahashi. Design Director, adidas Originals

奥が1995年当時のオリジナル。手前が今回の復刻版。アディダス オリジナルス「シーユーレイター」¥19,900 +TAX ※2016年10月発売
The 1995 originals in the back, and the current re-issued model in the front. adidas Originals, Seeulater. ¥19,990+Tax. *Released October 2016.

もともとは1995年に誕生した高機能トレイルランシューズ。

—まずお聞きしたいのですが、そもそも「シーユーレイター」というのはどういったスニーカーなんでしょうか?

高橋:「シーユーレイター」は1995年にトレイルランニング用のシューズとして誕生しました。悪路走破性を考慮したユニークな形状のアウトソールや、水や小石が入りにくいブーティ構造のアッパーが特徴になっています。

Introduced in 1995 originally as a high function trail running shoe.

—The first thing I want to ask is, what kind of sneakers are Seeulaters exactly?

Takahashi: Seeulater was introduced in 1995 as shoe catered for trail running. The unique form of the outer sole was made with rough terrain adaptability in mind, and its booty structure, designed to prevent water and small stones coming in, were its characteristics.

 

国井:僕にとっては懐かしいスニーカーのひとつです。アッパー側面についているロゴは今ではパフォーマンスロゴと呼ばれていますが、当時はエキップメントロゴと呼ばれていました。

 

Kunii: For me, they’re a pair of sneakers I remember fondly. The logo you see on the upper, which is now known as the performance logo, used to be called the equipment logo.

 

国井:〈アディダス〉には他にも〈アディダス オリジナルス〉のトレフォイルロゴがありますが、個人的にはこのエキップメントロゴがもっともリアリティがあり、テンションが上がります。当時、このロゴがついているモデルは、それぞれのカテゴリーにおける最上位モデルでしたから。

この「シーユーレイター」も当時のアウトドアカテゴリーにおける最上位モデルであり、街履きとしても人気を博していました。その独創的なデザインは今見てもまったく色褪せないと思います。

—今回このモデルが復刻されることになった経緯を教えてください。

高橋:「シーユーレイター」は海外よりも日本のスニーカーファンに人気のあるモデルで、いつか復刻したいと思っていました。そしてすこし前から90年代のスニーカーがブームになりつつあることや、ファッションにおけるアウトドアのトレンドもあり、今回満を持して復刻することになりました。

実は2012年に一度〈アディダス オリジナルス ブルー コレクション〉という機能性と高いファッション性に特化したカジュアルラインで「シーユーレイター」のアレンジバージョンをリリースしています。

 

Kunii:adidas has other logos, like the adidas Originals trefoil logo, but I personally find the equipment logo illustrates the most reality, I get excited when I see it. At the time, the logo acted as an indicator, any product with it meant it was the highest quality model in that particular product category.

 

Takahashi:So, Seeulater was its top of the line model within the outdoor category at that time, and had tremendous popularity as a everyday shoe as well. Even now, I think you can see that the innovative design doesn't look outdated at all.

—Can you tell me about how the reissue of this model came about.

Takahashi: Seeulater was a popular model amongst Japanese sneaker fans, more so than internationally, and I was waiting for the right opportunity to reissue them at some point. With trends shifting ever more towards ‘90s sneakers, as well as the growing outdoor trend in fashion, it seemed like the right time to take a leap with the reissue.

 

In fact, once back in 2012, we released an alternate version of Seeulater through the adidas Originals Blue Collection, which was a casual line dedicated to the combination of functionality and high quality fashion product.

2012年にリリースされた「シーユーレイター」のアレンジバージョン(参考商品)
Alternate version of the Seeulater released in 2012. (Reference product)

 

高橋:これはこれで好評でしたが、日本のコアなスニーカーファンが納得してくれたかどうか……。今回の復刻版はカラーやディテールまで忠実に再現した完全復刻版なので、当時を知る人にも満足してもらえると思います。

 

Takahashi: It was well received in its own right, but I’m not sure if the true sneaker fan contingent were really satisfied… Where as with the current reissue, it’s a full re-work from the colouring to the finer details, so I’m sure fans who know the originals will be satisfied.


今明かされる、「シーユーレイター」というユニークな名前の由来。

—ちなみに、「シーユーレイター」というモデル名の由来はどこから来ているんですか?

高橋:別れ際のあいさつ「See you later.」から来ています。でもなんで、トレイルランニングシューズで「See you later.」なんだろう? そう不思議に思って、当時このモデルを開発したデザイナーのポール・ガウディオ(現在はアディダス ブランドのクリエイティブディレクション部門のシニアヴァイスプレジデント)に聞いてみたところ、そこにはトレイルランニングにおけるスピード感を表現したいという思いが込められているとのことです。トレイルを走っていて、仲間を追い越すときに「See you later!」っていうでしょ、と。

“Seeulater,” revealing the origins of its unique name.

—By the way, where does the name of the model, Seeulater, come from?

Takahashi: It comes from the parting greeting of ‘See you later.’ But why would a trail running shoe be ‘See you later?’ Wondering why this was, I asked Paul Gaudio (current SVP Creative Director) who was involved in product development at that time, who said the reasoning behind it was to portray the sense of speed involved in trail running. He said, that’s what you would say to your friend when you’re overtaking them on the trail, ‘See you later!’

 

国井:そう言えば同時期に「シーヤ(See ya)」というモデル名のローカットバージョンもありました。それもそういう意味なんですね。

それと、偶然かどうかわかりませんが、〈ナイキ〉の「エア リバデルチ」の「リバデルチ」は「さようなら」「またね」を意味するイタリア語「Arrivederci(アリヴェデルチ)」から来ているとか。

—へぇ、そうなんですね!

 

Kunii: I also remember they had a low cut model called ‘See ya’ around the same time. So that was made in the same vein I guess.

 

Also, I’m not sure if it was a coincidence, but apparently the revarderchi in NIke’s Air Revarderchi was taken from the Italian word for goodbye, Arrivederci.

—Oh really!


『ミタスニーカーズ』とのコラボモデル。そのコンセプトとは?

—オリジナルの復刻版に先駆けて、〈コンソーシアム〉から「ミタスニーカーズ」とのコラボレーションモデルがリリースされることになった経緯を教えてもらえますか。

The collaboration model with mita sneakers. What was the concept?

—Can you tell me what led to the decision of releasing the collaboration model, with mita Sneakers, from Consortium in anticipation of the reissue.

アディダス オリジナルス「シーユーレイター "mita sneakers" "Consortium Tour"」¥20,000 +TAX ※2016年10月1日、『ミタスニーカーズ』にて先行発売。その後10月8日よりコンソーシアムパートナーショップにて発売。
adidas Originals Seeulater “mita sneakers” “Consortium Tour”. ¥20,000+Tax. *Initial release from mita sneakers on 1st October 2016 and sold at Consortium partner stores from 8th October.

 

高橋:国井くんとは90年代のスニーカーっていいよねという話をよくしていたし、「シーユーレイター」についても思い入れがあると聞いていたので、このプロジェクトのスタートにあたって真っ先に声をかけました。

国井:僕のほうも勤くんから話を受けて二つ返事でOKしました。

—今回のコラボレーションモデルのコンセプトを教えてください。

国井:今回のアレンジは、80年代から90年代に登山用品やスキー用品店が軒を連ねていた「上野/アメ横」が着想の元になっていて、インポートのアウトドアギアからインスパイアされています。

日本人って、海外のものを自分たちなりに解釈して勝手にアレンジするのが得意じゃないですか。もともとイタリアの食材であるパスタに明太子を入れて明太子スパゲティという独自の料理を完成させてしまう、みたいな。

僕は日本人のそういう面がとても好きで、今回のアレンジに関しては、都市生活ではオーバースペックなギアを街着にしてしまうような日本人独特のアウトドアギアの解釈からインスパイアされたカラーリングをアッパーに採用しました。

また、上野をはじめとする下町エリアにはリアルなアウトドアフィールドが存在しない一方で、気軽に自然を味わえる日本庭園や公園が点在しています。今回のソールユニットにはそんな日本庭園に見られる枯山水の庭石をモチーフにしています。

 

Takahashi: I’d had conversations with Kunii before about our mutual appreciation for ‘90s sneakers, plus, I knew he had a soft spot for Seeulater, so I approached him right away at the very beginning of the project.

 

Kunii: And when Tsutomu spoke to me about the project, it was an immediate yes on my part.

—Can you expand on the concept behind this collaboration.

Kunii: The concept for the re-work stems from the area of Ueno and Ameyoko in Tokyo, where during the ‘80s and ‘90s, you saw the spread of mountain and ski gear stores, so the inspiration also came from imported outdoor gear.

 

Japanese people are quite accomplished at taking something from overseas and rearranging them through our own interpretation. Like adding mentaiko (marinated cod roe) to pasta, of course from Italy, and making an entirely new dish such as mentaiko spaghetti, for example.

 

I admire this aspect of the Japanese people very much, so with regards to this re-work, I took inspiration for the colouring of the upper from those Japanese people you see around wearing over-the-top functional gear for daily city living, and their distinctly Japanese interpretation of outdoor gear.

 

And although there are no actual outdoor fields to roam in Ueno and the surrounding downtown areas, there are Japanese gardens and parks dotted around for a casual break and stroll. The sole unit for this model is inspired from garden stones found in those Japanese dry landscape gardens.

まったく新しい解釈はオリジナルを知っているからこそ。

—できあがったモデルを見ると、カラーアレンジが加えられることでオリジナルとはまったく違った印象に仕上がっていますね。

高橋:最初に国井くんからデザイン案を見せてもらいながらコンセプトを聞かせてもらったとき、「ミタスニーカーズ」らしい、そして国井くんらしいアレンジだなと思いました。まったく別の解釈ができるのも、オリジナルを知っているからこそ。国井くんにお願いしてよかったと思うし、本国ドイツチームもよろこんでいます。

Completely new interpretations are down to the familiarity of the originals.

—Compared to the originals, when you look at the finished re-work, you can see how the colour arrangement completely changes its impression.

Takahashi: When Kunii first explained his concept while showing me his design ideas, they spoke out to me as a very mita sneakers, very Kunii arrangements. I think he was able to come up with completely fresh interpretations because of his familiarity with the originals. I’m glad I asked Kunii to come on board, and the team in back in Germany were also very pleased.

 

国井:自分としては、オリジナルを知っているからこそ、それを壊す難しさもありました。正直なところを言うと、オリジナルと今回のコラボレーションモデルのどちらのほうが好きかと問われたら、個人的にはオリジナルのほうが好き。オリジナルはそれくらい完成度が高い。

ただ、今回のコラボレーションは今の時代感にあわせて東京ナイズすることを意識しました。僕の個人的な価値観を今の人に押し付ける必要はまったくありませんから。

 

Kunii: For me, it’s precisely this familiarity, which also brought obstacles in how to reinterpret them. Being totally honest, if I’m asked which model I prefer between the new collaboration and the originals, I personally prefer the originals. That’s how well perfected the originals are.

 

But I would say, for this collaboration I was conscious of updating it to match the modern era by Tokyonising it if you like. Because of course there’s absolutely no reason I should force my personal taste on to the general public.

〈アディダス〉のアウトドアは要注目のカテゴリー。

—今回のコラボレーションモデルはどういった人に注目してほしいですか?

高橋:当時のオリジナルを知っている人はもちろん、オリジナルをリアルタイムで知らない若い世代にも履いてほしいですね。今後も〈ハイク〉や〈ホワイトマウンテニアリング〉から「シーユーレイター」のツーリングを用いたアレンジバージョンがリリース予定なので、ぜひ注目してもらえればと思います。

国井:僕がいつも言っているのは、コラボレーションや別注だけが売れてインラインが売れないのでは意味がないということ。今回のコラボレーションを通じて「シーユーレイター」というモデルの魅力を多くの人に知ってほしいし、これを機に〈アディダス〉のアウトドアカテゴリーの他のモデルにもぜひ注目してもらえればと思います。最近の〈アディダス〉はオリジナルスだけでなくパフォーマンスのほうでもアウトドアカテゴリーから魅力的なモデルをたくさんリリースしていますからね。

adidas’ outdoor category is one to keep a close eye on.

—What kind of people would you like this collaboration model to appeal to?

Takahashi: For those who remember the original model of course, but it would also be great to see the younger generation who didn’t experience the originals in real time, to try them. We are planning to release alternate versions with a touring element from labels such as HYKE and White Mountaineering as well, so please keep your eyes peeled for those too.

 

Kunii: I always say there is little point if only the collaboration or custom lines sell well in comparison to the source line. So, through this collaboration, I would like for more people to become aware of the appeal of Seeulater, but also for other models in the outdoor category of adidas to gain further attention as well. There are so many great products released not only from Originals, but from the performance and outdoor categories that are well worth checking out.



アディダスグループお客様窓口
電話:0570-033-033 (土日祝除く、9:30〜18:00)
ミタスニーカーズ
電話:03-3832-8346
www.mita-sneakers.co.jp
※10月1日 先行発売
※以下、10月8日 一般発売
Dice&Dice Fukuoka
電話:092-715-4505
DOVER STREET MARKET GINZA
電話:03-6228-5080
Hankyu Men’s Tokyo
電話:03-6252-5366
Styles DAIKANYAMA
電話:03-6415-7722
UNDEFEATED JAPAN
電話:054-272-6314
UNITED ARROWS & SONS
電話:03-3479-8180
V.A.
電話:03-3470-2266
Social Handles
@adidasOriginals
#adidasOriginals
#consortium
#SEEULATER
  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE
Page Top