HOUYHNHNM

FEATURE|NEXUSVII. 15th ANNIVERSARY
ネクサスセブンの15周年。珠玉のコラボアイテムの裏側に迫る、熱きトークセッション。CASE2_Rocky Mountain Featherbed

nexus7_rocky_mountain_Brand_1200_675_

NEXUSVII. 15th ANNIVERSARY COLLABORATION

ネクサスセブンの15周年。珠玉のコラボアイテムの裏側に迫る、熱きトークセッション。CASE2_Rocky Mountain Featherbed

2016年でブランド創立15周年を迎えた〈ネクサスセブン〉が、今季様々なアニバーサリーアイテムを作っているのはフイナムでの既報の通り。本企画では、アイテムひとつひとつに関して、〈ネクサスセブン(NEXUSVII.)〉のデザイナー今野智弘氏と、それぞれのクリエイターたちに制作背景を明かしてもらった。今回はレザーヨークがアイコン的存在のダウンベストで有名な〈ロッキーマウンテン フェザーベッド(Rocky Mountain Featherbed)〉とのものづくりに迫る。

  • Photo_Erina Fujiwara
  • Edit_Ryo Komuta

  • Tweet
  • Hatebu
  • Google+
  • LINE

ー今日はみなさまお集まりいただきまして、ありがとうございます。この企画は、〈ネクサスセブン〉がブランド設立から15年を迎えたということで、様々なブランドさんと取り組みをされており、そのものづくりの背景などについて伺っていく、シリーズ企画です。

寺本:もう15年もやってるんだね。今野くんと初めて会ったのは(ベルベルジン)の山田と飲んでるときに、今野くんを呼ぼうってなってそのときだよな。でも、もともと〈ネクサスセブン〉を知ったきっかけはうちの嫁さんなんだよね。

〈サーティーファイブサマーズ〉代表 寺本欣児

今野:そうですね。

寺本:うちの嫁さんが〈ネクサスセブン〉の展示会にお邪魔して、息子のものをオーダーさせてもらって、それが家に届いてたのを見たんだよ。それで面白いもの作ってるなって。それが2年くらい前だよね。だけど、こうしてちゃんと話すのは初めてだね。

今野:そうですね。いつもはだいたいガソリンが入っちゃってることが多いですよね(笑)。

寺本:そうなんだよ(笑)。でも、気をぬくとすぐそういう話になっちゃうから、どんどん進めてくださいね。

左手前:〈サーティーファイブサマーズ〉PR 信岡 淳、右奥〈ネクサスセブン〉デザイナー 今野智弘、右手前:〈イタダキ〉デザイナー 青木 渉

ーはい(笑)。それでは今回のプロダクトが出来上がるまでの経緯を今野さん、説明していただけますか?

今野:はい。まず、僕達の関係性ですが、欣児さんとは、さっきお話に出た通りで、ベルベルジンの山田さんを介して知り合うことができて、それとは別に奥様とのつながりもあったりして、点と点が繋がった感じなんです。信岡さんとはまた別の接点で繋がった感じですね。こちらもやはり古着屋さんのルートという感じですかね。あとは友達が飲んでいるところに、信岡さんがいらしてとか。欣児さんよりも少し前に知り合ってますね。

信岡:そうですね。何回か会ってますが、それもやっぱり飲んでるときですね(笑)。

ー今回のコラボレーションに至る、直接的なきっかけはあったんですか?

今野:きっかけということになると、フイナムでも記事にしていただいた、The Third Edition招待デザイナーシリーズ、あれが発端にはなっています。秋冬ということもあって、ダウンベストを作りたいなという気持ちがありまして、今回〈ロッキーマウンテン フェザーベッド〉にお声がけをさせていただきました。

寺本:いいよね、これ。

今野:ありがとうございます。ダウンベストでレザーというのは、これまでにもたくさんあったと思うので、せっかくやらせていただけるのであれば、自分にしかできないものをと思って、企画しました。

寺本:これいくらするの?

今野:26万円です。

寺本:うん、でもやっぱりいいツラしてるよ。

今野:そこでツラの面で重要な役割を果たすレザーの部分で、〈イタダキ(iTADAKi)〉の青木さんにお声がけをさせてもらったんです。

寺本:革屋さんではないよね?

青木:はい。〈イタダキ〉という名前の、鞄ブランドをやっています。

今野:僕が持っている背景だと、このペリンガー社のレザーを使うことはできないんです。

寺本:この革はいいね、とても。

ー今回のように、革だけを提供するという形はこれまでにもあったんですか?

青木:革だけというのはあまりないですね。基本的にはプロダクトと一緒にということが多いです。もともと今野さんには〈イタダキ〉のものを買って使っていただいていたので。あとは少しお仕事でのお取り組みもありました。

今野:そうなんです。〈イタダキ〉さんで展開している小さい財布があるんですが、それがすごく使い勝手がよくて。それをウチで別注させてもらったのが最初ですね。ただ〈ネクサスセブン〉では〈吉田カバン〉さんとのお取り組みもあったので、〈吉田カバン〉さんの御担当者へ「国内の同業の方とお取り組みをさせていただきたいんですが」という旨を連絡をさせてもらったところ、快諾していただいて。それで、今回の前のシーズンからお取り組みをさせて頂きました。

青木:あとは今野さんの地元にたまたま住んでいたっていうこともありましたね。

今野:“千葉”って聞くと、なぜか囲ってしまいたくなるんです(笑)。

ーそういえば、〈ロッキーマウンテン フェザーベッド〉というブランドには、いつ頃から触れていたか覚えていますか?

今野:最初は「ガレージセール」という古着屋さんで、先輩が集めていたんです。当時はまだ安かったんです、1万円ぐらいでしたね、確か。

寺本:ほんとにそうだよね。安かった。

今野:レザーのヨークが、ラックにかかってると存在感がすごかったんです。みんな血眼になって探してましたね。でも欣児さんがいまやられているのは、復刻のような復刻でないような、という印象を受けますね。

寺本:僕らの場合は、ブランドを買っちゃったからね。弁理士、弁護士を使って、アメリカ中を探させたのよ、誰が権利を持ってるんだって。そしたらある不動産屋さんが持っていて。カブ・シェーファーという創設者が、知り合いに売っちゃったんじゃないかな。〈シェーファーアウトフィッターズ(SCHAEFER OUTFITTER)〉っていうブランドがあるけど、同じ苗字だよね。

今野:知ってます、〈シェーファーアウトフィッターズ〉。生成りのカバーオールを所有しています。

寺本:そうそう。だから〈シェーファーアウトフィッターズ〉は持ってたんだけど、〈ロッキーマウンテンフェザーベッド〉は売っちゃったんだろうね。探すのものすごく大変だったよ。正直権利を買ったお金よりも、弁理士・弁護士を使ったお金の方が高かったもん(笑)。彼らも動いた時間で換算するからさ。

今野:アメリカですしね。

寺本:そうそう。2002年くらいから水面下でそういう動きをしていて。だから、いまやっていることは、復刻というよりも新しくリニューアルって感じなのかな。

今野:同じ系譜で、ということですね。

寺本:そうだね。〈ビッグヤンク〉とかはライセンスでやってるので、ちょっと違う形ではあるんだけど。

ー「サーティーファイブサマーズ」がブランドホルダーになったのはいつ頃なんですか?

寺本:2005年だから、もう11年。日本でも大変だったね。「ロッキーマウンテン」っていう有名な山脈の名前を使っちゃだめだよ、とかね。でもどうにかこうにか運良く商標が取れて。夢中になった最初のきっかけはやっぱり今野くんと同じで、古着屋で見たときの憧れだよね。世代はちょっと違うけど。7800円くらいで売ってた時代があったしね。で、これが僕が一番最初に買ったやつ。

今野:襟がムートンだから、ウエスタンボタンになってるんですね。これはいつ頃買われたんですか?

寺本:これは、20歳ぐらいのとき。いま52歳だから、30年以上前だね。大事に着てるよ。

今野:そういえば〈ループウィラー〉の鈴木さんも、当時買われて今でも大事に着られてるみたいです。

寺本:鈴木さんは、御茶ノ水の「~~スポーツ」みたいなところで買われたんじゃないかな。僕のはすでに古着だったもん。

今野:確か新品で買われたとおっしゃってました。鈴木さんはいま57歳とのことなので、欣児さんの5つも上なんですね。

ー寺本さんはそれ以降、とにかく集めることになったんですか?

寺本:そうですね。青山のキラー通りにあった「パラビオン」っていう古着屋、今野くんわかるかな?いまでいう古着屋の重鎮みたいな存在だけど、山瀬さんという方がやっていて。彼はもともと60年代後半からアメリカに移住していて古着屋の初期を盛り上げた人なんだ。その頃、僕はパリにある「ハリス(Harriss)」っていうお店の東京店にいたんだよね。うちのパートナーのピエール(フルニエ)が始めた「エミスフェール(HEMISPHERES)」とも関係がある「ハリス」ね。おそらく80年代初頭だったと思うんだけど、その頃「エミスフェール」で〈ロッキーマウンテン フェザーベッド〉を取り扱ってたの。だから、やっぱりピエールってのは相当な目利きだよね。それはまたパラレルな話になっちゃうんだけどね。

ーとても興味深いです。

寺本:とにかく最初に買ったのがこれで、次は白人が似合いそうなサックスブルーのレディースのクリスティを買って、それは嫁さんが着てました。そうこうしているうちに「フェデックス」に勤めてるひとと知り合って。で、その彼が釣りをやってたんだよね。この本知ってる?

今野:いえ、知らなかったです。

寺本:『バックパッキング入門』『フライフィッシング入門』っていう本なんだけど、この著者の芦沢さんという方にお兄さんがいらして。そのお兄さんがけっこう〈ロッキーマウンテン フェザーベッド〉を持ってるぞって「フェデックス」の彼が言うわけ。それで話をしに行って、少し分けてもらったの。

今野:分けてもらったというのはきちっと頭下げてということですよね?(笑)

寺本:もちろん(笑)。すごくリスペクトしてる方だったし。これはすごい本だよ。この頃から〈マーモット(Marmot)〉とかが出ているわけ。

今野:これはいつ頃の本なんですかね。初版昭和51年と書いてあるので、40年前ですか。

寺本:こういう本を探した方がいいよ。なかなか出てこないけどね。“バックパッキング”とか“ヒッチハイキング”とか勉強になるよ。そんなこんなでどっぷり〈ロッキーマウンテン フェザーベッド〉にハマっていったんです。

ーなるほど。

寺本:実名復刻というか、ブランドをホールドするまでに時間はかかったけどね。結局、レザーヨークのアイコンにやっつけられたって感じだよね。そうそう、これは1974年のポスターね。パリでピエールは「グローブ(GLOBE)」っていうお店を始めて、そのあとに「エミスフェール」になるんだけど。その「グローブ」がいわゆるセレクトショップの前身ってことになるんだと思う。

今野:〈リーバイス〉とか、当時の〈ザ・ノース・フェイス〉とか、色々ありますね。

寺本:そうそう。そういうセレクトしたものの提案ですごく盛り上がってたの。

今野:ちなみに欣児さんはどちらのご出身なんですか?

寺本:僕は神戸なんだけど、いわゆる「ミスターボンド」系だよね。

今野:「ミスターボンド」系というのは?

寺本:そういうトラッドショップがあるのよ。で、そこで育ったんだけど、そういうのに飽きると古着にいくんだよね。大阪まで行っていろんなもの買ったり。

コラボしたダウンベストの詳細は次のページにて。
Page Top