CLOSE
NEWS

ヤシキがニットに落とし込む、石川県の原風景。

各¥24,500+TAX

石川県は能登半島に位置する輪島市。漆器を連想する人が多いと思いますが、白米千枚田(しろよねせんまいだ)という有名な棚田があるんです。なんとも美しい棚田で、季節の移ろいで大きく表情を変えるさまは日本の原風景と称されるほど。

ヤシキ(YASHIKI)〉のデザイナーは石川県の出身。毎シーズン、故郷の情景をプロダクトに落とし込んでいますが、今回発売となるのは、雪化粧した白米千枚田をイメージしたニットです。

ワッフル編みで降り積もった雪を、身頃中央の凹凸のある編み地で小さな田んぼが重なるさまを表現。着用時に少しだけ肩が落ち柔らかな印象になるよう、〈ヤシキ〉の定番である着物のパターンをオマージュして仕上げています。袖口にはブランドアイコンの矢絣(やがすり)柄が入ります。ニットの素材はコットンですが、糸に絹のような艶とハリをもたせるシルケット加工を施してるため、上品な仕上がりに。

コンセプトをしっかりもち、製品単体としても多くのこだわりがある一着です。少し早いですが、秋のお供に、いかがでしょうか?

Text_Keisuke Kimura


YASHIKI
yashiki-jp.com

TOP > NEWS