CLOSE
NEWS

あのポロシャツがインスピレーション源!? ラコステの新作スニーカーをクローズアップ。

〈ラコステ(LACOSTE)〉の代表作といえばポロシャツ「L.12.12」。遡るとこのブランドでポロシャツがつくられたのは1933年。グランドスラムを制覇するなど、テニス選手としても時代を築いたルネ・ラコステが競技用ウェアとしてはもちろん、デザイン性にもこだわってつくったのが始まり。

当時のテニスウェアは長袖が主流でした。ラコステが考案した、軽くて通気性の良いピケ素材を使った半袖のポロシャツは多くの人たちを驚かせたといいます。「L.12.12」の名前にもちゃんと意味があって、最初の “L” は〈LACOSTE〉の頭文字、続く “1” は素材、“2” は半袖、最後の “12” はルネ・ラコステが最終的に選んだサンプルの番号を示すのだそう。いまではファッションの定番として愛されているのは周知の通りで、他には無い完成された魅力があります。

2019年春夏コレクションの一つとして、このポロシャツから着想を得たスニーカー「LA PIQUÉE 119 1」が発売されます。特徴は何といってもアッパーにシームレスなピケメッシュ素材を使っているところ。通気性の良さはもちろん、鹿の子の生地が素足を包むような程よいフィット感があるため、とても歩きやすいつくりになっています。しかも、軽量なソールを使っているからシューズ自体の軽さもポイント。

このスニーカーを紹介する約15秒のムービーでは、男女がさり気なく履きこなす姿が印象的。一見シンプルなデザインでありながら、リブ編みになったアンクル部分のストライプに加え、ヒールについたポロシャツと同じワニのマークがアクセントになっていることが分かります。

コート系スニーカーを思わせる新作は、2019年1月末から「ラコステ 渋谷店」「ラコステ グランフロント大阪店」とオンラインストアで先行発売。色はメンズが4色展開で、以下にはないブラックのタイプも。ウィメンズはホワイト、ネイビー、ブラックの3色展開です。

今年注目を集めたダッドスニーカーの次はベーシックなスニーカーが流行りそうな予感。注目してみてはいかがでしょうか。







LA PIQUÉE 119 1 各¥13,500+TAX

Photo_Hiroyuki Takashima
Text_Ryo Muramatsu


ラコステお客様センター
電話:0120-37-0202
LINE:http://laco.st/qjdmljNN
TEAM LACOSTE:http://laco.st/IFPyCzSW
www.lacoste.jp

TOP > NEWS