CLOSE
NEWS

異なるクリエーションが導き出すアートフォトの答え。

建築家/アーティストのTAKUMIと、エディ・スリマンに見出されたファッションデザイナーで写真家の相場慎吾によるアートフォトエキシビション「RONDO -輪舞曲-」が6月21日より開催。場所は六本木、イエローコーナーのショールームも併設する「ICS」です。

今回の展示は、何事もつい“枠”に当てはめてしまうような、一元的な考えに囚われてはいけないという思いから、TAKUMIと相場慎吾の2人が立ち上げたアンサンブル・プロジェクトです。

今年1月に銀座で開催した第1回に続く本展覧会。TAKUMIは日々建築家として、たくさんの制約の中で自由にデザインできないフラストレーションをキャンバスに落とし込み、相場慎吾は表現者として、対象への好奇心を写真、コンセプトワークを介して表現するという、それぞれがクリエーションの中で見出した新たな道筋に焦点を当てた作品に仕上がっています。

塵芥(ちりあくた)のようにあふれては押し寄せる情報の波の中、誰が作っても同じ様なモノが出来上がる現代。それでも新たな可能性を信じる二人の探求に期待に胸が膨らみます。

Text_Jun Nakada


「RONDO -輪舞曲-」
会期:6月21日(金)〜7月20日(土)12:00〜19:00
会場:ICS ※イエローコーナーショールーム併設
住所:東京都港区六本木5-17-1 AXISビル3F
オープニングレセプション:6月21日(金)18:00〜20:00
入場料:無料
主催:(株)アマナ
https://imaonline.jp

TOP > NEWS