CLOSE
NEWS

感覚的に写し取られたイメージの数々。写真家トヤマタクロウが地元・宮崎で個展を開催。

フイナムで撮影をお願いしている写真家、トヤマタクロウさん。会って話してみると、一見物静かに見えますが、彼の写真には糸を引くような魅力があります。何気ないものを写した写真でもどこか臨場感があって、なぜか心に残り続けるというか。被写体との距離感、画角、撮るタイミング、ピントの具合…、言葉では説明がつかない、いい意味でのラフさがいまの時代に合っているように感じます。

そんなトヤマさんの個展「things gone and things still here」が11月23日から彼の地元である宮崎で行われています。今回は宮崎をはじめ、自身の生活圏で撮影したという新作20点を展示。


会場は宮崎市のデザイン事務所兼ギャラリー「Sometimes…」。展示の他、作品や写真集の販売もあるそう。

所縁のある場所でトヤマさんがどんな作品を並べているのか気になるところです。お近くの人はこの機会に訪れてみて下さい。

INFORMATION

Takuroh Toyama Photo Exhibition
“things gone and things still here”

会期:〜12月8日(日)
時間:11:00〜17:00(火・水定休)
会場:Sometimes…
住所:宮崎県宮崎市宮田町11-29 1F
takurohtoyama.tumblr.com

TOP > NEWS