CLOSE
NEWS

噂の町、徳島県上勝町にゼロ・ウェイストの複合施設が誕生します。

どれだけ環境問題を叫ばれたところで、体感しないことにはピンときづらいですが、今年の暖冬ぶりには驚いた人も多いでしょう。ダウンがまったく売れなかったなんて話はたくさん聞いたし、オープンできずに倒産したスキー場があったり。南極でも観測史上初の20度を超える日がありました。

さまざまな論調はあるものの、もっとも身近な脱・温暖化アクションはごみを減らすこと。

急斜面には棚田や段々畑がいまなお残る徳島県上勝町。

大部分が標高700メートル以上の山々という、自然に囲まれた町。

徳島県勝浦郡上勝町はゼロ・ウェイスト、いわゆる“ごみゼロ”の町。2003年、自治体としては初の「ゼロ・ウェイスト宣言」をし、現在はごみのリサイクル率が80%を超えています。

リサイクル率?と思うでしょう。上勝町はごみをゼロにするとか、ごみをどう処理するかではなく、ごみ自体を出さない社会を目指しているんです。生ごみなどはコンポストを利用し各家庭で堆肥化、瓶や缶などの資源は住民各自が「ごみステーション」に持ち寄って45種類以上に分別しています。

世界各国の自治体も視察にくるそんな上勝町に、今年、ごみの複合施設が誕生します。その名も「WHY(ワイ)」。

上から見ると?の形。これも施設名が「WHY」となった理由のひとつ。

ホテル内は自然と地続きで開放感のあるつくりに。

カヤックやフライフィッシング、サバゲーなどのアクティビティも用意されている。

ここには、リサイクルごみ集積場や不用品をリサイクルする無料交換所、セミナールームなどがありますが、町外から来た人が直にゼロ・ウェイスト体験をできるのがホテル。

宿泊し、上勝町の自然や取り組みに触れることで、環境について学び・考えられるというのがコンセプトです。アクティビティも充実のラインナップ。

上勝町はおいしいイタリアンもあるし、人気のマイクロブリュワリーもあります。「WHY」に訪れた際には、併せて足を運んでみてください。ホテルの予約は2月29日(土)から、オープンは4月25日(土)です。

INFORMATION

上勝町ゼロ・ウェイストセンターWHY

オープン日:4月25日(土)
住所:徳島県勝浦郡上勝町大字福原字下日浦94番地4
why-kamikatsu.jp

TOP > NEWS