FEATURE様々なカルチャーに関わるヒト、モノ、コトを独自の視点で徹底取材し、特集形式で紹介します。

Philosophy of DE BONNE FACTURE 注目のフレンチブランドの、服作りにおける哲学とは。

Philosophy of DE BONNE FACTURE 注目のフレンチブランドの、服作りにおける哲学とは。

元〈エルメス〉のシルクアクセサリー部門のプロダクトマネージャーが送るメンズウェアブランド〈デ・ボン・ファクチュール(DE BONNE FACTURE)〉。2013年、パリで誕生したこのブランドは、デザインに斬新さを求めるのではなく、ベーシックかつクラシックなコレクションを展開。それなのに古臭さは感じず、むしろ現代的な佇まいで、ここ日本でも着実に取扱いショップを増やしている。ひと目みただけで思わず手に取りたくなる、そんな吸引力のあるアイテムにはどのような哲学が盛り込まれているのか? 青山の「BLOOM&BRANCH」で開催されていたインスタレーションの合間に、モノ作りにおけるルールについて、デザイナーのデボラ・ニューバーグに話を訊いた。

Photo_Masahiro Arimoto
Text_Yuichiro Tsuji
Edit_Ryo Komuta

ENTER

RELATED ENTRY関連記事

NEW ENTRY最新記事

  • Philosophy of DE BONNE FACTURE 注目のフレンチブランドの、服作りにおける哲学とは。
ad_rectangle_600-500.jpg

BLOGブログ

ブログを始める

RECRUIT求人情報