FEATURE様々なカルチャーに関わるヒト、モノ、コトを独自の視点で徹底取材し、特集形式で紹介します。

Interview with Benoist Husson  ムッシュー・ラスネールにとっての音楽、そしてジャズ愛。

Interview with Benoist Husson ムッシュー・ラスネールにとっての音楽、そしてジャズ愛。

2015年6月24日、サン・ジェルマン・デ・プレにある「Les Studios Saint Germain」というパリで最も古いレコーディング・スタジオ(ここではマイルス・ディヴィス、デクスター・ゴードンら名だたるジャズメンがレコーディングをしている)にて行われた〈ムッシュー・ラスネール(MONSIEUR LACENAIRE)〉の2016年春夏コレクションは、デヴィッド・エンコ(tp)を中心としたジャズ・アンサンブルの生演奏と、最新ルックをまとったモデルとが共存するものであった。プレゼンテーションの招待状はLPレコードのジャケットという凝り様である。来日中だった〈ムッシュー・ラスネール〉のブランド・マネージャー、ブノワ・ユッソンに、このコレクションにいたるまでの経緯やテーマの根底に流れるブランド・スピリット、自身の音楽愛について語ってもらった。

Photo_Koji Honda
Interview & Text_Kenichi Aono[BEAMS]

ENTER

RELATED ENTRY関連記事

NEW ENTRY最新記事

  • Interview with Benoist Husson ムッシュー・ラスネールにとっての音楽、そしてジャズ愛。
CC_AD_houyhnhnm_300_250_20170712

BLOGブログ

ブログを始める

RECRUIT求人情報