NEWSファッション、カルチャー、ライフスタイルの最新情報を、ほぼ毎日更新。

レトロでモダン。ドイツの版画作品集フェアが、代官山蔦屋書店にて開催中です。

レトロでモダン。ドイツの版画作品集フェアが、代官山蔦屋書店にて開催中です。

オープン以来、矢継ぎ早に様々なジャンルの文化的催しを行っている「代官山 蔦屋書店」。いま現在も、とても気になるフェアが開催されています。


「1958年製印刷機で出版したドイツの版画作品集 レトロでモダンな版画作品集 ( 独 Lubok 刊 )フェア」。少し長いタイトルですが、つまるところ、ドイツの出版社である「ルボーク フェアラーグ(Lubok Verlag)」社が発行する版画作品集のフェア、ということです。


日本ではほとんど流通のなかった「ルボーク フェアラーグ」発行の版画の作品集ですが、ベルリン、ロンドン、バーゼル、ニューヨークなど世界各地のアートブックフェアやブックショップでは大いに注目を集める存在です。


1冊1冊がとても丁寧に作られ、"リノカット(リノリウムと呼ばれるコルクや木の粉から作られる合成樹脂材を彫って版にする版画の技法のひとつ)"と呼ばれる版画の技法で刷られた、ビジュアルのみで構成されたシンプルで存在感のある本たち。とにかく作品集のビジュアルをご覧ください。


lubok1.jpg

Lubok 1 98 pages, 24x32 cm, edition of 500, in 2007


lubok2.jpg

Lubok 2 98 pages, 24x32 cm, edition of 500, in 2007


lubok3.jpg

Lubok 3 112 pages, 24x32 cm, edition of 1000, in 2007


lubok4.jpg

Lubok 4 98 pages, 24x32 cm, edition of 1500, in 2007


lubok4_2.jpg


lubok5.jpg

Lubok 5 114 pages, 24x32 cm, edition of 700, in 2008


lubok5_1.jpg


「ルボーク フェアラーグ」では、原板を1958年製のレトロで貴重な印刷機、「プレジデント・シンドラー・ レタープレス」を使ってプリントしています。用いるインクは、ピグメント(顔料)の粒子が細かくオイルが少ない、粘度の高さが特徴的です。これにより、ピグメントが濁ったり、ぼやけたりせず、本来の鮮やかな発色が実現されるというわけです。


lubok6.jpg

Lubok 6 104 pages, 24x32 cm, edition of 700, in 2008


lubok6_2.jpg


lubok7.jpg

Lubok 7 108 pages, 24x32 cm, edition of 700, in 2008


lubok7_1.jpg


lubok8.jpg

Lubok 8 90 pages, 24x32 cm, edition of 700, in 2009


lubok8_1.jpg


lubok9.jpg

Lubok 9 140 pages, 24x32 cm, edition of 700, in 2010


lubok9_1.jpg


lubok10.jpg

Lubok 10 64 pages, 24x32 cm, edition of 500, in 2011


lubok10_1.jpg


lubok11.jpg

Lubok 11 96 pages, 24x32 cm, edition of 500, in 2013


lubok11_1.jpg


以上が、定期刊行物である「ルボークシリーズ」全タイトルです。


_lu02.jpg


_lu03.jpg

Haus Helga / Katharina Immekus 206 pages, 24x17 cm, edition of 500, in 2007


そしてこちらが、黒1色の「House Helga」( ヘルガ の家 / カトリーナ・イメクス作 )。


sag einfach ja oder nein !.jpg

Sag einfach ja oder nein ! / Katja Schwalenberg 30 pages, 29x29 cm, edition of 500, in 2009


sag einfach ja oder nein !_1.jpg


さらに、大人も子供も思わず笑顔になってしまう色とりどりの絵本「Sag einfach Ja oder Nein !(注:はい、いいえ、はっきりなさい ! という意)」(カッチャ・シュヴァレンベルグ作 ) 。


いかがでしょうか? どこか懐かしくも新しい、大胆で躍動感のあるビジュアル。そしてこれはぜひ実物にて確認してほしいのですが、たっぷりと盛られたインクの密度と透明感、オイルが染み込んだ紙の香りと手触りなどなど。


冒頭でも述べましたが、日本で「ルボーク フェアラーグ」の作品集が閲覧できること自体がとても貴重な機会なのです。ぜひ足を運んでみてください。


ちなみに「ルボーク フェアラーグ」の名称は、18世紀以降ロシアで流行した大衆版画「ルボーク」に由来しているそうですよ。

Text_Ryo Komuta

レトロでモダンな版画作品集(独 Lubok 刊)フェア

期間:〜11月15 日 ( 土 )
会場:代官山 蔦屋書店2号館 1F アートフロア
住所:東京都渋谷区猿楽町 17-5
電話:03-3770-2525
営業:午前7時〜翌午前2時 ( 2F は午前 9 時から )
主催 : 代官山 蔦屋書店
協力 : atelier iii

RELATED ENTRY関連記事

NEW ENTRY最新記事

  • レトロでモダン。ドイツの版画作品集フェアが、代官山蔦屋書店にて開催中です。
girl_houyhnhnm_rectangle0407

BLOGブログ

ブログを始める

RECRUIT求人情報