NEWSファッション、カルチャー、ライフスタイルの最新情報を、ほぼ毎日更新。

モードの帝王再び。激動の10年間を描く映画『サンローラン』が全国公開中!

モードの帝王再び。激動の10年間を描く映画『サンローラン』が全国公開中!


デザイナー本人の成功に潜む闇を描いた映画『サンローラン』が、12月4日(木)より公開されております。 昨年のカンヌ国際映画祭のコンペ部門出品をはじめ、数多くの賞を受賞し、本国フランスでは大ヒットを記録。「モードの帝王」と謳われ世界的大ブレイクをした直後の1967年から、激動の10年間を描く衝撃作となっています。


IMG_1253.jpg


昨年公開されたジャリル・レスペール監督による『イヴサンローラン』とは異なる側面で描かれた今作。監督を務めるのはベルトラン・ボネロ氏。1970年代半ば、絶頂期だったはずのサンローランに何があったのか。これまで語られずにきた衝撃の秘密がついに明かされます。公開されているあらすじは以下の通り。


IMG_2303.jpg


「僕たちは20世紀後半の2大アーティストだ」とアンディ・ウォーホルに称えられたイヴ・サンローランだが、新しいデザインを生み出すプレッシャーに苦しんでいた。ブランドのミューズ・ルルやお気に入りのモデル・ベティ、危険な愛人ジャックと刹那的な快楽を追い求めているうちに、遂にイヴは1枚のデザイン画も描けなくなってしまう──


IMG_2758.jpg


一方、12月5日(土)には表参道に〈サンローラン〉の世界最大級旗艦店がオープンしました。現在同ブランドのクリエイティブディレクターを務めるエディ・スリマンにより手掛けられたという店内には期待が膨らみます。


Untitled 01 9.jpg


また、表参道ヒルズ内の人気セレクトリサイクルショップ「パスザバトン(PASS THE BATON)」では、『イヴ・サンローラン ヴィンテージ展』を開催中です。


今週末は映画や旗艦店オープンなどまさに〈サンローラン〉一色。世界を代表するメゾンブランドの過去と現在をぜひ自分の肌で感じてみてはいかがでしょうか。きっと今年最後の月にふさわしい、優雅なひと時を過ごせるはずです。

Text_HOUYHNHNM

『サンローラン』

監督:ベルトラン・ボネロ『メゾン ある娼館の記憶』
出演:ギャスパー・ウリエル『ハンニバル・ライジング』、ジェレミー・レニエ『しあわせの雨傘』、ルイ・ガレル『ドリーマーズ』、レア・セドゥ『アデル、ブルーは熱い色』、ヘルムート・バーガー『ルートヴィヒ』
原題:Saint Laurent/2014年/フランス/151分/カラー/ビスタ/5.1chデジタル
字幕翻訳:松浦美奈/後援:在日フランス大使館、アンスティチュフランセ日本
© 2014 MANDARIN CINEMA - EUROPACORP - ORANGE STUDIO - ARTE FRANCE CINEMA - SCOPE PICTURES / CAROLE BETHUEL

12月4日(金) TOHOシネマズシャンテほか 全国順次ロードショー

RELATED ENTRY関連記事

NEW ENTRY最新記事

  • モードの帝王再び。激動の10年間を描く映画『サンローラン』が全国公開中!
rectangle0308

BLOGブログ

ブログを始める

RECRUIT求人情報