HOUYHNHNM

FEATURE|伊藤万理華とブルーナボイン、共鳴し合う2つの個性。

伊藤万理華とブルーナボイン、共鳴し合う2つの個性。

Marika Ito With BRÙ NA BÒINNE 2018AW.

伊藤万理華とブルーナボイン、共鳴し合う2つの個性。

オリジナリティー溢れるデザインが支持され、昨年ブランド設立20周年を迎えた〈ブルーナボイン〉。「自由と開拓」をテーマに掲げた2018AWシーズンも、その圧倒的な個性は健在です。この服を、元乃木坂46の伊藤万理華が着てみたらどうなるのか。ファッションやアートといった活動を通し、同じく類い稀な個性を発信し続けている彼女が、一癖も二癖もある〈ブルーナボイン〉の服をいかに着こなし、表現するのか。今回は、ブランドの象徴たるデニムを軸にスタイリングし、フォトシューティングを敢行。共鳴しあう2つの個性が、写真から浮かび上がります。

  • Model_Marika Ito
  • Photo_Shunsuke Shiga
  • Styling_Shunsuke Mori
  • Hair & Make Up_Shiina Takahashi
  • Edit_Yosuke Ishii
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

STYLE 1

ターザン パーカーシャツ ¥26,000+TAX、フランクヘンリー ¥10,000+TAX、マーチ デニム ¥28,000+TAX、スネーク バングル ブラス S ¥15,000+TAX(ブルーナボイン)、〈クラウン〉 ¥9,200+TAX(GMTinc.

「遠目で見たとき、不思議な千鳥格子柄のシャツだなと思ってよく見たら、人間が走っている柄(ターザン)でした(笑) 個人的に、こういった遊びの入ったデザインに昔から惹かれるんです。他とは違う物やデザインを見ると、“私が買わなきゃっ”ていう変な使命感にかられるんですよね(笑)」

STYLE 2

ゲア Gジャン ¥55,000+TAX、フェリシン ポケT ¥7,500+TAX、ミライカイタク デニム ¥40,000+TAX、ベン・ヴァーラのシルバーの涙 ¥70,000+TAX、レスラー面 バッヂ1 ¥3,000+TAX、ラブ & ピース ピンバッヂ ¥1,800+TAX、毒リンゴ ピンバッヂ ¥1,800+TAX(ブルーナボイン)、〈ファビオルスコーニ〉 ¥26,000 + TAX(GMTinc.

「“自由 × 開拓”って刺繍されたデニムがとにかく斬新ですよね。〈ブルーナボイン〉さんのブランドテーマなのかなって、自分の中で想像しながら着てみました。それと最近、オレンジ色の服を買ったばかりだったので、このジャケットも気になりました。色に関してはこれと決めずに、いろいろ挑戦してみようというスタンスなんです」

STYLE 3

レプラ コート ¥60,000+TAX、フェリシン タンク ¥7,000+TAX、フェリシン ビュッシュパンツ AG ¥24,000+TAX、フェアリー スミス ベルト ナロー ¥9,000+TAX(ブルーナボイン)、〈ファビオルスコーニ〉 ¥23,000+TAX(GMTinc.

「今回着たなかで一番女性らしい格好ですよね。コートの肩を後ろに抜いて着たり、ベルトでウエストをマークしたり。真似しやすい着こなしなので、自分でもさっそく取り入れてみようと思います。コート自体はメンズらしいハードな素材だけど、合わせるアイテムや着方によって印象が変わるのが面白いですよね」

STYLE 4

ビアンカ(BUT Line) ¥90,000+TAX、ガリトラップ スタンドシャツ ¥26,000+TAX、フェリシン タンク ¥7,000+TAX、フェリシン デニム OW ¥18,000+TAX、ウェーブバングル S ¥38,000+TAX、リバー バングル S ¥38,000+TAX、ビッグガリトラップブレス ¥74,000+TAX、ガリトラップブレス ¥30,000+TAX、ガリトラップ ウォレットチェーン ¥85,000+TAX(ブルーナボイン)、〈ディエゴベリーニ〉 ¥26,000+TAX(GMTinc.

「このジャケットすごい好きです! レザーのチャイナジャケットって、あまり見たことないですよね。いかにもメンズっぽいアイテムだけど、あえて女性が着ても可愛いかなって。私は普段から古着屋さんでメンズもレディースも関係なく見て買ったりするので、このジャケットは同じような感覚で自然に着れました」

STYLE 5

チャオ シャツ ¥29,000+TAX、子煩悩レスラー ボーダーT ¥11,000+TAX、コンバート デニム ¥28,000+TAX、リバー バングル ブラス S ¥15,000+TAX、ウェーブ バングル ブラス S ¥15,000+TAX、ループ バングル ブラス ¥12,000+TAX、ガリトラップ ウォレットチェーン ¥85,000+TAX、ショート ガリトラップ ウォレットチェーン ¥72,000+TAX、ガリトラップ ウォレットチェーン ブラス ¥38,000+TAX(ブルーナボイン)、〈ファビオルスコーニ〉 ¥26,000+TAX(GMTinc.

「クルマやトマトといった面白いモチーフの刺繍がたくさん入ってて、男の人が着たら可愛いなって思いました。合わせたアクセサリーも個人的に好みです。ちょうど最近、ハードなアクセサリーをたくさん付けるのにハマってて。女の人が、あえてこういったゴツいアクセサリーを付けるっていうのが好きなんです」

Interview With Marika Ito

ファッションやアートは、私にとって“染み付いているもの”なんです。

伊藤さんは昔からブルーナボインを知っていたとか。

伊藤実は私がまだ乃木坂46に入る前、確か14歳のときに〈ブルーナボイン〉さんの代官山店のオープニングレセプションに母に連れられて行ったことがあるんです。当時はメンズの服だったし、何も意識せずに見ていたんですけど印象には残ってて。そう思うと、いま22歳になって、こうしてまた再会して仕事で撮影することになったって感慨深いですよね。自分も成長したんだなって(笑)」

いま改めてブルーナボインの服に触れてみた感想をお聞かせください。

伊藤他にはない柄や刺繍のモチーフなど、デザインの遊びがすごく個性的ですよね。ブランドの定番アイテムだというデニムパンツは、ベーシックなものからパンチのあるデザインまで、そのバリエーションの豊富さに驚きました。しかも履いてみたらどれもシルエットが綺麗で着心地も良かったです。それとアクセサリーは私の好きなテイストで、特にごついシルバーのバングルは見た瞬間「欲しいっ!」って思いました。

今回の撮影ではメンズの服をメインに着てもらいましたが、いかがでしたか?

伊藤普段は古着が好きでよく着ているんですけど、その時はメンズやウィメンズはとくに意識しないで好きなデザインのものを選んでいるので、メンズの服も普通に着たりするんです。だからあまり抵抗はなかったんですけど、今回のように既製品のメンズを着るのは初めてだったので新鮮でした。それに着てみたら案外馴染んで、全然イケるなって。メンズの服をあえて女の子が着ちゃっても可愛いですよね。

メンズの服を、しかも個性的な〈ブルーナボイン〉の服を違和感なく着こなしていましたよね。伊藤さんは乃木坂46のころから、ファッションやアートといった趣味など、個性が際立っていたように思います。そういった個性のルーツはどこからきているのでしょう?

伊藤ファッションやアートが好きなのは、最初はやっぱり(母がファッションデザイナーという)家庭環境によるところが大きかったと思います。でもその後、乃木坂46の活動をしていく中で、周りにいるクリエイティブな仕事をされている方と直接話す機会が増えてだんだんと変わっていきました。好きなものに対して、より奥深いところに興味を持つようになって、自分なりに詳しく調べるようになりましたね。たとえば服なら、カタチだけじゃなく、素材や細かいところも見るようになったり。そしてそれがまた選ぶ楽しみになって。

今日の格好や撮影での立ち振る舞いをひとつ見ても、服やファッションが好きな気持ちが伝わってきました。

伊藤昔から服に関しては本当に好きなんです。そういった家庭環境で育ってきたというのもありますし。小学生のころから自分で選んで重ね着とかしていましたもん(笑)だから私にとって服やファッションはもはや“染み付いているもの”というか、それくらい普通のことなんです。

そういえば今年発売した写真集は自分でスタイリングされたんですよね。その他にもシブカル祭にクリエーターのひとりとして参加したり、個展の開催や雑誌でイラストの連載をしたりと、個性を生かした活動が活発ですよね。

伊藤個人的にはそこばっかりを意識しているつもりはないんですけど、そうした仕事をいただく機会が多いですね。ただ自分にとって個展やイラストといった活動は、目指すものというよりも、服やファッションと同じく自分の中のベースとして普通にあるものという感覚なんです。

なるほど。実に伊藤さんらしいですね。では最後になりますが、今後の活動や目標などがあればお聞かせください。

伊藤今後はお芝居や映像も好きなので頑張っていきたいですね。場数を踏んでしっかりと技術を磨いていきたいと思ってます。もちろん自分の個性を生かした活動も大事ですが、それが中心になるとは限らないかな。あくまで趣味の一環がそのままお仕事につながっているだけなので。そこは特別意識しなくても、私の個性がなくなることはきっとないと思いますし、それに自分にとって避けては通れないものですから。

伊藤万理華

1996年2月20日生まれ。2011年に乃木坂46の1期生として加入。ファッションやアートをはじめ多彩な趣味を持ち、グループ内でもその個性が注目される。映像作品やイラストの連載、個展の開催といった活動で存在感を発揮し、昨年末にグループを卒業。2018年からソロ活動を開始する。2月には、自らスタイリングを担当した写真集『伊藤万理華写真集 エトランゼ』が発売されて話題に。愛称は、まりっか。

ブルーナボイン東京

住所:東京都渋谷区代官山町12-9
電話:03-5728-3766
時間:平日 12:00~20:00、土日・祝日 11:00~20:00
定休日:木曜

ブルーナボイン大阪

住所:大阪府大阪市中央区道頓堀2-4-7
電話:06-6213-1188
時間:平日 12:00~20:00、土日・祝日 11:00~20:00
定休日:無し(不定休)

ブルーナボイン オフィシャルHP:www.brunaboinne-japan.comwww.bnb.co.jp
ブルーナボイン東京 Instagram:@brunaboinnetokyo
ブルーナボイン大阪 Instagram:@brunaboinneosaka
ブルーナボイン レディース Instagram:@ladybrunaboinne

TAG
#ブルーナボイン、BRU NA BOINNE、伊藤万理華、まりっか、乃木坂46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Page Top