HOUYHNHNM

FEATURE|コロンビア ブラックレーベルを形成する2つのアクティビティ。

コロンビア ブラックレーベルを形成する2つのアクティビティ。

Pride with Fishing & Hunting.

コロンビア ブラックレーベルを形成する2つのアクティビティ。

今シーズンの〈コロンビア ブラックレーベル〉は、アウトドアカルチャーが成熟期を迎えた80年代のアイテムにフォーカスしたコレクションを展開。なかでも注目すべきは、ブランドアイデンティティを体現するフィッシングウェアとハンティングウェアをベースにしたアイテムたちです。過去の歴史を振り返りつつ、タウンユース向けににアップデイトを遂げたこれらアイテムたちを、いまの気分を盛り込んだスタイル提案とともにお届けします。

  • Photo_Taro Hirayama
  • Styling_Masaaki Ida
  • Hair & Make_Taro Yoshida
  • Model_Liviu
  • Text_Tetsu Takasuka
  • Edit_Yosuke Ishii
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From Fishing.

会長自らが生み出したブランドの原点。

コロンビアスポーツウェアの会長であるガート・ボイルは、1960年、フライフィッシングを趣味とする夫と友人たちのためにマルチポケットフィッシングベストを開発しました。その事実からもわかるように、〈コロンビア〉にとって、フィッシングウェアはブランドの原点であり、ブランドを象徴するアイテム。それゆえ、幾度ものアップデートを繰り返しながら、現代に至るまで長く作り続けられています。使い勝手を計算し尽くした多数のポケットをはじめとした実用本位のデザインは、ファッションにも大きな影響を与えており、現在では街着としてコーディネートに取り入れられるまでになっています。まさに機能美の結晶ともいえるフィッシングベストを身にまとえば、〈コロンビア〉の揺るぎないアイデンティティを理解できることでしょう。

ガート・ボイルの想いが伝わる広告。

左の広告では、各パーツが持つ機能性を詳しく解説。右の広告には“マザー”が登場。「我々は『ヘンリーズフォークベスト』が完璧だと思っていました。マザーを除いて」と、ガートが製品を厳しく評価していることを物語るコピーが書かれています。

〈コロンビア〉ではフィッシングベストをアップデートするたびに、いかに機能が向上したかを広告でアピールしてきました。会長であるガート・ボイルが自ら開発したブランドのルーツともいえるアイテムだけに、こだわりには並ならぬものがあります。広告にはもちろん、ガート・ボイルが“マザー”として登場し、製品に説得力を与えています。

To Urban Clothes with HENRY’S POINT™ VEST(with PONCHO)

〈コロンビア ブラックレーベル〉ベスト¥39,000+TAX、カットソー ¥9,000+TAX、パンツ ¥16,000+TAX、〈コロンビア〉スニーカー ¥10,000+TAX (コロンビアスポーツウェア)

ポンチョとベストをセットでコーディネート。ポンチョは 着丈を短めに設定しているため、ベストとのバランスも絶妙です。インナーにはタートルネックニット、ボトムスにはスラックスタイプのトラウザーズを合わせて、都会的かつシンプルにまとめました。

To Urban Clothes with HENRY’S POINT™ VEST(without PONCHO)

〈コロンビア ブラックレーベル〉ベスト ¥39,000+TAX、ジャケット ¥26,000+TAX、シャツ ¥15,000+TAX、パンツ ¥15,000+TAX、〈コロンビア〉ニットキャップ ¥3,900+TAX、スニーカー ¥13,700+TAX (コロンビアスポーツウェア)

本格的なつくりのフィッシングベストだからこそ、タウンユー スでの存在感が一層際立つというもの。こちらはオンビジネスでも通用するきれいめなセットアップスタイルに合わせることで、機能美を強調したスタイリングに。

都会のラゲッジウェアとして最適なフィッシングベスト。

HENRY’S POINT™ VEST ¥39,000+TAX

フィッシングベストに造詣の深い小林節正氏が率いる〈マウンテンリサーチ〉とのコラボレーション第3弾。防水透湿性を備えたポンチョがベストとセットになっており、背中のポケットに収納しておいて急な天候の変化に対応できるようになっています。

(左)内外合わせて計20個以上のポケットを備えているため、収納力は圧倒的。また、左胸に設けたフライを掛けるためのウールパッチは着脱可能。
(中)内側にも大型のジップポケットを装備。隅々まで実用性を考えた作りになっています。
(右)背面にあしらったジップポケットにはセットになったポンチョが収納できます。もちろん、大きな手荷物を収めるのにも便利。

From Hunting.

ハンターも認める本格派の機能性。

アメリカではハンティングはメジャーなアウトドアスポーツで、アウトドアショップにもごく普通にハンティングコーナーが設けられています。〈コロンビア〉は昔からハンティングウェアに力を入れており、本格的なアイテムを展開。その評価は高く、多くのショップでラインナップされているほど。日本では馴染みの薄いハンティングウェアですが、やはり〈コロンビア〉ならではの機能的なディテールがちりばめられています。その代表格が80年代に発売された「クアッドパーカ」。銃弾を入れておくための薬莢ホルダーをポケットの内側に備えていたり、ライナーを着脱できるインターチェンジシステムを備えるなど、独自性を存分に発揮しています。そんな一着が、今季、名前も新たにモダンにアレンジされて復活。その機能性を街着として堪能できるようになりました。

抜群の性能を存分にアピール。

脇から袖にかけて一枚の生地を使うことで、猟銃を構える際に腕を動かしやすくしたり、独自のインターチェンジシステムを採用している点をアピール。右の広告でもやはり“マザー”が登場し、信頼性を保証している。

「ハントハーバージャケット」のベースとなった「オムニクアッドパーカ」は、ハンティングウェアとしての実用性を広告で大々的にアピールした。ハンティングがアウトドアスポーツとして定着しているアメリカならではだ。その優れた機能性と広告による訴求効果が相まって、ハンターたちからも高い評価を得た。

To Urban Clothes with HUNT HARBOR™ JACKET

〈コロンビア ブラックレーベル〉ジャケット ¥48,000+TAX、インナーのブルゾン ¥29,000+TAX、ニット ¥11,000+TAX、シャツ ¥15,000+TAX、パンツ ¥15,000+TAX 、〈コロンビア〉ブーツ ¥11,000+TAX、ハット ¥5,300+TAX(コロンビアスポーツウェア)

ストリートシーンにも映えるバッファローカモは、80年代当時に使われていたものを再現。インナーやボトムをシンプルに抑えることで、インパクトのある柄が一層引き立ちました。 防水透湿性に優れた3レイヤーの生地は街着としてもその実力を発揮してくれます。

To Urban Clothes with DONALD HILL™ JACKET

〈コロンビア ブラックレーベル〉ブルゾン ¥29,000+TAX、ベスト ¥24,000+TAX、カットソー ¥15,000+TAX、パンツ ¥15,000+TAX、〈コロンビア〉ブーツ¥7,800+TAX (コロンビアスポーツウェア)

「ドナルドヒルジャケット」の無地の面を使うことで大人っぽく着こなしつつ、チラリとのぞくカモ柄をさりげないアクセントに。同系色のバッファローチェックのベストとカットソーを合わせて、統一感のあるトップスを構築しました。

ハンティングウェアの名作を現代的にアップデイト。

HUNT HARBOR™ JACKET ¥48,000+TAX

80年代にリリースされたハンティングジャケットの名品、「クアッドパーカ」をタウンユースに落とし込んで復活させたのが「ハントハーバージャケット」。薬莢ホルダーを内側に備えたポケットや着脱可能なフードなど、オリジナルのディテールをしっかりと踏襲しています。

シーンに応じて様々な着方が楽しめるリバーシブルウェア。

DONALD HILL™ JACKET ¥29,000+TAX

「ハントハーバージャケット」のインナーとしてはもちろん、単体のアウターとしても使える「ドナルドヒルジャケット」。MA-1のようなブルゾンスタイルをベースに、胸元には薬莢ホルダーを備えるなど機能的なつくりが魅力です。それぞれ無地とカモ柄でリバーシブルで着用でいるのも嬉しい。

(左)「ハントハーバージャケット」のフードは着脱可能。シーンに応じて有り無しを使い分けて着ることができます。
(中)ポケットの内側の薬莢ホルダー。見えない部分へのこだわりが男心をくすぐります。
(右)「ドナルドヒルジャケット」はカモ柄と無地のリバーシブル。一枚でも様になるうえ、着こなしの幅も広がります。

コロンビアスポーツウェア

電話:0120-193-803
www.columbiasports.co.jp/blacklabel/

COLUMBIA BLACK LABEL STORE

住所:東京都渋谷区神宮前5丁目25番2号 
電話:03-3406-3533
時間:11:00〜20:00

COLUMBIA BLACK LABEL取り扱いコロンビアショップ一覧
columbiasports.co.jp/topics/feature/016812/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Page Top